/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > ほぼ日刊イトイ新聞


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-

続々とレビューリタイア、視聴リタイアが決定中。
気づいたら今期も不作か?
さすがに、前期ほどではないですが。



【PRICELESS】 第2話

短評に格下げ。
ストーリー的な面白みはなかった。

序盤の山中鹿之助幸盛のスローモーションフライング連発が鬱陶し過ぎ
チャンネル変えようかと思った。

見せ場は二階堂のレジ確認作業だったが、
作業がそれほど速く見えず、1分で終わるように見えなかった。
1分などと宣言しなきゃよかったのに。
ところで、他のレジは確認しなくてもよかったのか?

香里奈の歩き方が気になった。
足を開いて歩いていてカッコ悪かった。
股関節に怪我でもしたのか?

二階堂もクビになる流れはやり過ぎでは?
無理矢理木村拓哉香里奈を同じ画面に入れるためにしか思えない。
こうなったら模合部長(もう部長ではないらしいが)に頼るしかないではないか?
あ、存在感の薄い事務所の後輩がいたか。
でもあれは役に立ちそうにないな。

キム兄が月曜にも登場。
ということは、あちらもチョイ役か?
良多の夢オチなのだろうか?

夢オチでした.....
というよりも、阿部サダヲでした.....

【東京全力少女】
レビューリタイア決定。


【レジデント】 
レビューリタイア決定。



【結婚しない】 第4話
ほら出た。
チョイ役クィーン、中村ゆり。
今回はチョチョイのチョイくらい出てたけど。
この際、フジテレビ全ドラマ制覇していただきたい。

菅野美穂の走り姿がかわいかった。
わざとでしょうが、遅い感全開だった。
この人、いくつまでかわいいんだろう。
八千草薫みたいにかわいいおばあちゃんになってほしいなぁ。

先週の予想通り、
千春(菅野美穂)から純平(玉木宏)への線は伸びましたが、
そんだけ~、と言いたくなるほどチョビっと。

妹の結婚式騒動で終わってしまいましたね。
それにかこつけて純平との距離を縮めていましたが。

そして春子(天海祐希)はこんなに置いてきぼりでいいんかい。
もう若いもんを見守る御隠居モードになっちゃってる。
気持ちいいぐらいの天海祐希の無駄遣い。



【猿飛三世】
レビューリタイア決定。



【悪夢ちゃん】  第4話
全体的には今までに比べて面白みがなかった。
このドラマのテイストに慣れてきたのかもしれない。

理由はどうあれ、
最後の演説まではストーリー部分で取り上げるポイントは見当たらなかった。

宮沢賢治「雪わたり」を材料にして一気に畳み掛けた演説は
迫力はあったが、長過ぎて言いたいことがすぐにピンと来なかった。

空気を読んで行動するのも、空気を読まずに行動するのも
空気を読んで行動した結果が悪い方に出るかもしれないことをわかった上で
あえて空気を読んだ場合と同じ行動をするのも個人の自由だってことが言いたかったのか?

思い入れが足りないためか、
それほどわかろうと思いながら見なかったため、
一回流しただけでは私には伝わらなかった。
もう少し短く簡潔に言わないと伝わらないよ。子どもにも。


この最後の演説は今後も続くパターンなのかな。
やっぱり「女王の教室」気分になってしまうな。

 ○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○

いよいよもってハマって来ましたね北川景子。
セリフもなんだか以前よりハキハキして聞こえます。
このドラマ、彼女のキャリアの転換点になるかもしれませんね。

そして、造形美的観点からも今回の北川景子は良かった。
パーマを落としてストレートにした髪型も無表情キャラに合ってました。

贅沢を言えば、
鼻声を何とかしてほしい。
鼻炎持ちなのかもしれませんが、
声が鼻にかかると、とたんに幼い雰囲気が出てしまいます。
せっかくいい雰囲気を作れているので、
鼻声を出ないようにしてほしいなぁ。 



【MONSTERS】 第3話
レビューリタイアはほぼ確定
とりあえず見た分の感想を。

犯人とトリックに迷う余地がないミステリーはどう楽しめばいいのか。
それはもう既にミステリーとして成立していない。

私が大好きなほぼ日の人気コーナー、
ほぼ日テレビガイドシリーズ秋の連ドラチェック2012
山下智久は自分のコンサートで、犯人が誰か一度も当てられなかった、
と自ら語ったと述べられている。
プロデューサーも同様らしい。

なので今回もこれだけ怪しく描いたら篠田恭四郎(中村橋之助)は犯人じゃないんだろうなぁ、
と思っていたら序盤に矢崎健吾(白井晃)がちょっとばかし出てきただけで、
他には怪しい人が出てこないまま終わってしまった。

山下智久の名誉のために言えば、
きっとこのコンサートの時点では第3話の脚本は読んでいなかったのだろう。
でなければ、あんな言葉、恥ずかしくて言えたものではない。


前回を見終えた時点で
フーダニットは捨ててハウダニットに絞って
平塚平八がクセのある解決をすればおもしろくなる余地があるのでは、
と思っていた。
が、今回はフーダニットだけ捨てたはずが、
両方共捨てたドラマになってしまった。

怪しいアリバイ、部屋のタペストリー、焼きそば屋の看板、
ヒントがあからさますぎる。
ミステリードラマなのだから、もっとさりげなく提示してもらえないものか。

そしてクセのあるキャラの設定なのにクセのない解決
ラストで語られる推理の場面で、それはわからなかった、と驚いたり、
悔しがったりするのがミステリードラマの醍醐味なのに、
全く意外性のない推理を語られると興冷めする。

ひょっとして、これはお子様向けのドラマなのか?
だとしても、こんな子どもだましのミステリー、誰も楽しめないと思うが。

レビューどころか視聴リタイアしそうな勢いです。


その他の細かいツッコミをいくつか。

人を刺した時ってあんなに血が飛ばないのでは?
切りつけた時か抜いた時ならわかるが、
刺した時にあんなに横に向かって勢いよく飛ばないのでは。
人を刺したことがないからはっきりしたことはわからないが、
何かが刺さった時って出血を防ぐために抜くなって、
よく医療ドラマで見るのだが.....


中村橋之助のドーランが顔しか塗っていなくて
境目がはっきりしていて気になった。
なぜ首も塗らなかったのだろう?



【そこをなんとか】 
傑作の予感。
実は、今一番楽しんでいます。

改世楽子のキャラも明るくてポジティブだし、
ストーリーも希望通りの判決が出て終わりではなく、
依頼人が実刑判決を受けたり、
しっかり反省しているように見えていた依頼人が
嘘をついていて全く反省していなかったり、と
一筋縄では行きません。


単独記事にしたいところですが、
週末はJリーグがあるのでちょっと書く時間が取れません。
録画は残してあるので、時間が取れた時に書きたいなぁ、と思っています。


                         以上、記事完結。
スポンサーサイト
 
 「ドラマ雑感」の関連記事





-Entry Top-
「鼓動-警察小説競作」(新潮文庫)

大沢在昌、今野敏、白川道、永瀬隼介、乃南アサ 著

最近、この本のようなオムニバス形式の本が好きで、
新たなお気に入り作家を探して楽しんでいます。

警察小説の名手の競演となっています。
私は大沢在昌と乃南アサは読んだことがありましたが、他の作家は初めてでした。
長さにとても差があり、後に行くに従って長くなります。

____________________________________


「雷鳴」 大沢在昌

彼の代表作「新宿鮫」の鮫島が登場します。
もともと朗読用に書いたもので、とても短くなっていますが、
短い中でしっかりと展開があり、ラストも鮮やかで切れのある作品となっています。
最近、「アルバイト探偵」シリーズを読んで大沢在昌に失望感を覚えていたところだったので、
やはり鮫を使えばいいものを書けるのだ、と見直しました。
「新宿鮫」は第1作と最新作を「ほぼ日」で読んだだけなので、他の作品も読んでみようと思います。


刑事調査官」 今野敏
ドラマ化もされている安積班シリーズで有名な今野敏の作品です。
彼の作品は未読なので、この本と一緒に買った安積班シリーズ第1作を読んでみようと思います。

この話は中堅の刑事と新任の女性心理調査官を軸にベテラン刑事調査官が
彼らをサポートしながら事件解決へと向かいます。
この中堅の刑事は長いものに巻かれるタイプで
捜査会議などでも思い切った発言をせずに無難に過ごしていました。
しかし、今回の事件を通して刑事調査官に背中を押されながら一歩踏み出します。
一人の刑事の成長の物語です。
この話に続編があるか知りませんが、登場人物たちのその後が知りたいなぁ、と思います。


「誰がために」 白川道
少年犯罪の被害者の家族の物語です。
こういった話はやるせなくなりますね。
暴行、殺人、いったいどういう神経があれば、そんな残虐なことができるのか。
私には全く理解ができません。

どうしたらなくせるんでしょうね。
罪を犯す少年たちはこういう小説は読まないでしょうし。
厳罰化したからといって抑止力になるのでしょうか。
人を殴る時に「これでこいつが死んでも懲役10年だからいいや」、
とか「20年刑務所なんて嫌だから止めよう」なんて考える人がいるとは思えない。

私たちにできることは、周りにいる子ども達をやさしい子に育てること、
そして子ども達が希望を失わないような社会にすることだと思います。
そのためにも大人たちが生き生きと生活する姿を見せることが大事だと思います。


「ロシアン・トラップ」 永瀬隼介
悪徳警官もの、というらしいです。
こういう警官が一人でもいたことがあるんですかね。
警官といえど同じ人間ですから、ずるい人弱い人、たくさんいるとは思いますけど。
淫行のニュースはしょっちゅう見ますしね。
警官の犯罪って年間どれくらいあるんでしょうね。
現実の警官には強くあってほしいものです。

主人公はしがない警官の妻なのですが、
この人があまりにも場の流れに流されやすいのでなんとも感情移入できません。
準主人公の日系ロシア人もスーパーマンだし。
私の好みではありませんでした。


「とどろきセブン」 乃南アサ
高木聖大シリーズの一編です。
これは2作目に収録されているみたいです。
このシリーズも古本屋で見かけていましたが、
音道貴子シリーズを先に読みたかったので未読です。

ご近所の老人プロ集団と関わるきっかけとなった話です。
新米警官の成長物語で、音道貴子に比べると話が軽いですね。
もちろん事件には死人が出るのでそこは軽くないですけど。
老人との関わり方が宗田理の「ぼくら」シリーズを思い出させました。

主人公に関してはただのやんちゃな兄ちゃんではなく、
ちょっと犯罪に対する感覚の鋭いようですね。
テレビドラマにしたらその瞬間がCGで描かれそうでした。
今後「とどろきセブン」のメンバーが活躍するのでしょうから、続編が読みたいですね。
作を重ねるごとにもっと特徴のある脇役が出てきて
活躍しておもしろくなりそうな予感がプンプンします。

____________________________________________


以上。追記なし。

 
 「ブックレビュー」の関連記事




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。