/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > アルビレックス新潟


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-

J1 第34節 (2012.12.01

優勝争いが前節に決着していたとはいえ、
今節の残留争いへの注目度はちょっと異常な感もありました。
優勝経験のあるガンバ大阪がその中心にいたというのが大きかったのでしょうね。

さて、シーズン前は思いもよらない結末を迎えた最終節を振り返っていきましょう。

目次
ガンバが落ちちゃいました
大逆転アルビレックス
ビジョンなきヴィッセルの降格
残念だったサガン
滑り込んだレッズ




■ガンバが落ちちゃいました
Jリーグウォッチャーのほとんどが最後には降格圏から抜け出すだろうと
思っていたであろうガンバ大阪がJ2に陥落した。

もしかしたら多くの選手も多くの傍観者と同じ気持ちだったのではないか。
そう思わせるような最終戦の顛末であった。

まずは早めの先制点、というのが頭にあったと思うが、
あっさりと左サイドを破られて失点。
ほんとに危機感持ってるのか、と問いただしたくなるような失点だった。


余談になるが、
実は私はその場面をリアルタイムでは見ていない。
というのもその前に見ていたJ-SPORTSの大学ラグビーの
帝京大vs筑波大、天理大vs同志社大が両ゲームとも興味深い展開だったからだ。
もちろんガンバの試合は視聴予約していたのだが、
両ゲームの結末が気になったし、
せっかくの無料放送日なので
別に試合開始から見なくてもいいか、と思って中継開始から少し見たあと、
ラグビーにチャンネルを戻したのだ。

結果としては筑波が王者帝京に完勝、
天理がロスタイムで同志社を逆転、
と両ゲームとも見て満足。
私の選択は正しかった。


と思ってチャンネルを変えたら既に0-1
おいおい、勝つ気あんのか、とガンバサポーターでもないのに
やや怒る。
遠藤と今野をJ2でプレーさせる気か、
と同時に本気で怒る。
そう、私は遠藤、今野ファンなのである。
日本代表のディフェンスリーダーを3年のうち2年も2部でプレーさせる気か。
本気でやってくれ。

リプレイを見るとガンバ左サイドから入れられたクロスが無人のゴールへこぼれ、
加地がライン上でクリアを試みるが詰めていた前田にあたりゴールの中へ。
ガンバサポーターなら「マジかよ!」と叫んで頭を抱えるところ。
私は、おいおいほんとにヤバくなってきたよ、と完全傍観者
おそらく日本中のJリーグウォッチャーがテレビ桟敷で傍観者を決めていたはずである。

しかし、NHKの煽りVTRもすごかったな。
完全ガンバメインで、落ちた方が局としては美味しいことがあからさまに感じられた。
気持ちはわかるがあからさますぎる。


さて、ゲームに戻ると
その後はガンバも反撃を試みるがなかなかシュートに至らず前半を終える。
後半に入ってから倉田のミラクルゴールでガンバが同点に追いつく。
倉田は前半にもキレキレのドリブルを見せていたが、
ドリブラーのイメージを持っていなかったので驚いた。
おそらくこの日のガンバでただ一人の絶好調であった。

その後、ガンバがやや押し気味の時間を経て、
やがて試合はオープンな展開となり、
お互いのゴール前を行ったり来たりになる。
ガンバはレアンドロのポスト直撃ヘッド
家長の何でヘディングしないんだ&何でそこに撃つんだボレーなどの
決定機はあったが得点できず。 

ガンバは佐々木を入れてスピードに活路を求めるが活かしきれず、
後半40分、倉田のゴールのお返しのように
角度のない所から小林裕紀に決められ万事休す。
その後はパワープレーに一縷の望みを託すが不発。
今シーズンを象徴するようなゲーム展開で終戦を迎えた。

あ~あ、やっちゃった。
ガンバほどの戦力を抱えていても
かみ合わなければ、気持ちが弱ければ
安定していいサッカーなどできず、
こんなひどい試合を多く見せてしまうものなのだな、
と、2010年のFC東京の時にも感じたことを改めて感じさせられた。
サッカーってほんとに繊細で難しいスポーツだな。
だから面白いのだろうけど。


この試合だけに関して言えば、
単にジュビロが強かった、そしてガンバが弱かっただけである。

ジュビロの守備は非常に固かったし、
攻撃に転じた時も非常に危険なものだった。
選手がよく動いていた。
ふがいない戦いが続いたシーズン後半戦の思いを
ホーム最終戦にぶつけたのだろう。

対してガンバは有効な攻撃ができず、
個人のひらめきに頼っているようにしか見えなかった。
そして勝ち越された後も工夫のないパワープレーで、
ロングボールを放り込むだけ。
セカンドボールを拾うのはジュビロの選手ばかり。
ただ負けるのを待っているかようだった。
私が期待していた底力はガンバには残っていなかったようだ。

結果から言えば、いや結果を見なくとも
松波の監督起用は時期尚早だった。
山口素弘のようにコーチ修行を積まなくとも
いきなり結果を出す人もいるが松波は明らかにそのタイプではない。
また、松波は生え抜きでガンバ一筋の貴重な人材である。
初監督は今回のようなシーズン途中からの急場しのぎではなく、
経験ある監督のもとでもっと学んでから
タイミングを見計らって起用すべきだった。

松波を責める気はさらさらない。
功績ある西野を追い払うように退任させ、
代わりに実績もライセンスも持たない呂比須をわざわざブラジルから呼び、
仕方がないから無能な強面セホーンをお飾り監督に据え、
たった5試合で解任して手近な駒に重責を担わせる
無責任極まりないアホなフロントを責めているのである。

どうして、日本のお金のあるクラブはアホなフロントが多いのか。
フロントがもう少しマシな仕事をすれば、
今頃レッズ、マリノス、グランパス、ガンバは日本のビッグクラブとして
君臨していてもおかしくはないのに。


話を戻そう。
FC東京で同じような展開でJ2降格を経験した今野がいてもこの結末である。
今野は自分の経験をうまく他の選手に伝えることができなかったのだろうか。
それとも他の選手が感じる力がなかったのか。
選手としてもリーダーとしても一流だと思われる今野がその力を発揮しきれずにJ2降格。
残念でならない。


遠藤は早々に残留の意向を示したが、
今野はどうするのだろうか。
ワールドカップ前の大事なシーズンをまた2部で過ごす気になるのだろうか。
J2で戦ったからといって力が落ちるわけではないことは今野自身が証明している。
しかし貴重なキャリアのピークのうちの一年を
トップリーグの選手を相手にせずに過ごすのは非常にもったいなく、
時間の無駄遣いにしか思えない。

ガンバ移籍の際の経緯はわからないが
古巣・FC東京が救いの手を差し伸べるのが理想だと思う。
もし関係が良くないのであれば、
完全移籍の移籍金を払えるクラブも限られているし、
レンタル移籍にしても今野の年俸を負担できるクラブもそれほどないだろう。
となると私としては不本意であるが、
レッズ、Fマリノス、グランパスあたりに獲得してもらうしかなさそうだ。
もし私にお金があれば今野の地元のチームであるベガルタに引っ張るのだが、
ベガルタにそんなお金はないだろうな。

海外移籍?
ないだろうなぁ。
あったら嬉しいけど。


■大逆転アルビレックス
途中経過が入るたび、
おいおい大逆転残留かよ、
思えばエスパルスもベガルタもみごとに貢献したなぁ、
などと11月の戦いを振り返っておりました。

逆に言えば、
ベガルタが優勝、エスパルスが3位以内なんて結果になっていたら
アルビレックスの残留はなかったに違いないのである。
感謝してもらいたいな(笑)。

ガンバが降格したのは残念だが、
アルビレックスというチームには好感を持っているので、
残留したからといって不満に思っているわけではない。

低予算の地方チームはこうしてしぶとく生き残っていくうちに
ときどき、去年から今年にかけてのベガルタや今年のサガン鳥栖のように
ミラクルなシーズンを送ることができる。
次はアルビレックスの番かもしれない。

活躍したと思えば毎年のようにレッズに主力選手が買われていくのは
厳しいとは思うが、それはスカウト陣がいい仕事をしているということでもある。
発掘、再生の得意なクラブというのもおもしろい。

また、常に下位に低迷しながらも観客動員数の多さが安定している。
そして、女子チームの保持やシンガポールリーグ参加など
低予算地方チームにしては活動が幅広い。
Jクラブの一つの理想形と言えるかもしれない。
その独自の存在感をこれからもJ1を舞台に発揮していってほしい。


■ビジョンなきヴィッセルの降格
二度の監督交代も虚しく降格。

イメージほどはお金がないという話もあるが、
田代、野沢、橋本、高木、伊野波を同一時期に獲得できるチームなどそうはない。
これらの選手に加え、大久保、吉田、相馬、北本、田中といった経験ある選手、
さらにグングン力を伸ばしている都倉、小川もいる。

これだけの選手がいて、
しかも比較的早い段階で西野監督の起用に踏み切ったにもかかわらず降格。
ラスト10戦の成績は1勝3分6敗の勝ち点6
これでは残留できるはずもなく、またするべきではない。

ただ、視点を変えてみると、
これだけ失速しても最終節まで自力残留の可能性があったのだから
シーズン中盤まではそれほど悪くなかったとも言える。
失速具合は激しかったものの
降格覚悟で西野監督を我慢することはできなかったのだろうか。

J2に落ちてもネルシーニョ、ペトロヴィッチを解任しなかったレイソル、サンフレッチェ
後にJ1昇格してから優勝している。
チームに確固とした基盤を作るためには、時に痛みと我慢を伴うものなのだ。
まあ、毎年のように、困ったら監督替えればいいんでしょ、とでも言うように
監督解任を繰り返すチームのフロントに、そんなこと言っても無駄か。

しかし、西野監督を起用するということは、
最低2,3年は預けるつもりがあったはずである。
でなければ西野さんクラスの監督を起用しようとは思わないし、
西野さんも引き受けないだろう。
それにもかかわらず、他にも事情があったかもしれないが、
一時の失速で解任。

いったいフロントは西野さんに何を期待していたのか。
西野さんを起用するということは、
新しいヴィッセルのサッカーを確立したい、
と考えたからではなかったのか。
それを、残り3試合を残して解任するということは
内容は問わないから残留できるチームを作ってくれ、
と考えているようにしか感じられない。

もちろん、降格などしない方がいいに決まっている。
しかし、長期的な視野に立ち、ヴィッセルサポーターを
さらには他のサッカーファンを惹きつけるサッカーができるチームを作るためには、
それ相応の我慢が必要なのである。
痛みを避けて結果だけ求めるのは虫が良すぎる。


結局、フロントがチームに与えた"監督解任という劇薬"の効果は
たった一つの白星のみで、
降格を逃れることはできなかった。
ヴィッセルフロント陣は今度は"J2降格という劇薬"を自ら飲むことになったのだ。
さすがにJFLに落ちるほどチーム力を落とすことはないだろうから、
この機会をJ1に復帰してから上位を争えるチームを作る基礎を作る時期としてほしい。
お金のあるチームがお金があるなりの成績を残してくれないと
Jリーグが成熟していかない。
ヴィッセルにはその一翼を担うだけのクラブ体力はあるはずだ。
あとはフロントが痛みを我慢する覚悟を持つだけだ。


■残念だったサガン 
最終戦に敗れ5位に転落したサガン。
これで天皇杯の結果にかかわらず
ACL出場権が得られないことが決定したわけだが、
まあ、良かったのではないかと思う。
ACLに挑戦するには戦力的にもクラブ体力的にも
時期尚早の感が強い。

シーズン前はコンサドーレに次ぐ降格候補だったのだ。
それを考えると5位という結果は奇跡と言ってよい。
サガンサポーターは今シーズン、幸せな時間を過ごしたのではなかろうか。

豊田は引き抜かれるかもしれないが、
5位の賞金4千万円もあることだし、
また埋もれた才能を発掘して
尹晶煥監督に鍛えてもらって、
来年も好感の持てるサッカーを披露してほしい。


■滑り込んだレッズ
グランパスを下したレッズが3位に滑り込み、ACL出場権を獲得した。
前節に3位から転落し、他チームの結果にもよったわけだから
チーム関係者はホッとしていることだろう。

妥当な結果だと思う。
槙野、柏木がいたせいか
思ったよりも早くペトロヴィッチサッカーが浸透していった。
元々能力の高い選手たちを揃えているのだ、
有能な指揮官に率いられればこれくらいの成績を残してもらわなければ困る。

一年では優勝するほどの成熟度まで至らなかったが、
2年目にACLに出場するのはちょうどいいと思う。
今シーズンの反省を生かして補強、キャンプを行ってもらって
成熟度を増したペトロヴィッチサッカーでACL優勝を目指してほしいと思う。

そのためには
得点力があって戦術に適応できるセンターフォワード
の補強が必須なのは誰の目にも明らか。
編成担当にはいい仕事をしてもらいたい。

興梠獲得に乗り出してるみたいだけど、
それは2シャドウの層を厚くするためだよね?
1トップ枠ではないよね?
日本人なら豊田森島が良さげだけど、
ACLで勝つためならスーパーな外国人も必要かも。
他のJクラブから引っ張ってばかりいないで
たまには外国からスペシャルな選手見つけてきてよレッズスカウト陣。


それにしても槙野のシュートすごかったなぁ
ただ、代表に定着したいなら安定した守備力が必要なんだよなぁ。
このままじゃ代表では使いどころがないもんな。
ムードメイクのみ担当では悲しすぎるしな。




今回は書いていて楽しかったです。
ガンバ戦以外はゲーム展開を追わずに書いたのが良かったのかな。
こういうスタイルの方が向いているかも。
元々ど素人ですしね。

リーグ戦は終わりましたが、
天皇杯も追いかけますよ。
クラブワールドカップは気が向いたら書くかなぁ。

ところで、マッチデーJリーグに出演していた解説の水沼貴史さん
今シーズン途中でいきなり老けませんでした?
頬肉が急にたるんだように感じました。
病気かと思いましたもん。
今も元気に仕事しているようなので体調が悪いわけではないみたいですが、
心配です。
丁寧な解説が好きなので元気でいてほしいです。
もちろん、現場復帰も見てみたいですねぇ。



以上。追記なし。


【同節の関連記事】
ベガルタ仙台vsFC東京 
清水エスパルスvs大宮アルディージャ 




スポンサーサイト
 
 「Jリーグ」の関連記事





-Entry Top-

Jリーグ 第33節 (2012.11.24) at ユアテックスタジアム仙台

ベガルタ仙台 0-1 アルビレックス新潟 


BS-1で夜に中継があったのでてっきりナイトゲームかと思い込んでいたら
デーゲームで、しかもBS-TBSで生中継していたとは..........
チェックが甘かったorz

知っていたら、勝負が決まったサンフレッチェのゲームなどいつまでも見なかったのに。
ただ、サンフレッチェの優勝が決まった瞬間、
そして、その瞬間の寿人の顔を見られたのは良かった。
おめでとう。
素直にそう思えた。

ベガルタはこの悔しさを糧にして
来季、また優勝目指して頑張ってほしい。

さて、試合を振り返ろう。

___________________________________

序盤、富田、梁勇基と2本決定的なシュートがあり、
やや優勢な流れと思われた前半17分、
アルビレックスは右サイドでパス交換し、
ミシェウがディフェンスラインの裏にきれいなスルーパスを通す。
三門が抜け出す。
ベガルタディフェンスはオフサイドをアピールし、出遅れる。
三門が余裕を持ってクロスを送る。
大外から金珍洙がゴール前に侵入。 
どフリーで押し込む。

完全にボールウォッチャーになり、
オフサイドアピールをしてキム・ジンスをマークしなかった太田を責めたくなるが、
ここはアルビレックスの攻撃が良かったかな。
ただ、こんなきれいなゴールを決められると
ベガルタディフェンスの粘りが足りなくっているように感じる。
優勝がかかったこの大事な時に。


先制後しばらく、アルビレックスに流れが傾く。
その後、ベガルタが押し戻すが、その前に黒河貴矢が立ちはだかる。
アルビレックスからすれば正GKの東口が怪我したにもかかわらず
黒河が高いパフォーマンスを見せてくれるのだから心強い。
チームの編成担当は評価されるべき。


先制後の僅かな時間を除いてゲームは支配していたし、
赤嶺を中心にシュートを撃てていた。
悪くない前半だったと思う。


後半開始早々、アルビレックスは素早いリスタートから
ベガルタの隙を突いて決定的なクロスを入れる。
しかし、待ち受けた鈴木大輔がアウトサイドでシュートするが
勢いが弱く、赤嶺がクリア。

後半も基本的にはベガルタがボールを保持する時間が続いたが、
アルビレックスもブルーノ・ロペスを中心に効果的なカウンターを仕掛ける。

の惜しいシュートもあったが、
藤田征也、ブルーノ・ロペスの決定的なシュートもあった。
1-0のアルビレックスの勝利は試合内容から考えて不当なものではない。
アルビレックスは首の皮一枚の残留の可能性を最終節まで残した。
残留してほしい思いもあるが、
ガンバとの同時残留の可能性がないので、
申し訳ないが大人しく降格して下さい。

ベガルタは攻撃する時間は長かったが、
パス精度、クロス精度を欠き、
攻撃時間の割りにはシュートにつながらなかった。
1点先に取られ、優勝の可能性を大きく残すためには
2点が必要ということが焦りを呼んだのだろうか。

とにかく、最終節を前に優勝争いが終わってしまった。
最終節まで熱い戦いが続くと思い込んでいただけに、
その手前で終戦され、何だか気が抜けた気分だ。
優勝を逃した思いは、少し時間をかけて振り返ろうと思う。

_________________________________


記事をまとめるのが遅くなってしまいました。
優勝を逃した試合をなかなか見なおす気にもなれませんでしたし、
試合の感想を書いていても、
優勝争いに敗れた思いがつらつらと浮かんできて
なかなかまとまらなかったのです。
なので、後半は思いっきり端折りました。
勘弁して下さい。

優勝の逃した思いは別記事にしようと思っています。
それほど熱い思いではないですが、
一サポーターとしての静かな思いを述べたいと思います。

__________________________________

以上。追記なし。


【同節の関連記事】
清水エスパルスvs川崎フロンターレ
週刊Jリーグ雑感 第33節

 
 「ベガルタ仙台」の関連記事





-Entry Top-

Jリーグ 第31節 (2012.11.07) at アウトソーシングスタジアム日本平

清水エスパルス 0-1 アルビレックス新潟


この敗戦は責められないかな。
試合内容は良かったらしいが、
得点できなかったということは足りなかったものがあるということ。
120分戦って負けてからの中3日。
いいパフォーマンスを見せてくれただけでも良しとしておこう。


【持ってない小林大悟】
大悟もあそこでポストにあたったのが中に入らないのだから、
持ってないのだろうな、今は。

その前の鍋田に出したパスだってもっと弱ければ
鍋田は直接シュートを打てたはず。

ああいうわずかなタッチの加減が
ゲームに出ていないと狂うのだろうな。


○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○

アルビレックスにすれば残留へ希望のつながる1勝。 

アルディージャから離された時には絶望的だったが、
ヴィッセルが落ちてきてくれた。
西野監督を解任した効果が吉と出るとは私には思えない。
個人的にはヴィッセルよりもアルビレックスの方に
好感を持っているので、是非とも逆転残留してもらいたい。



以上。追記なし。



 
 「清水エスパルス」の関連記事





-Entry Top-

ファンサカ Week30 編成メンバー


■前回の反省
残留争いの正念場を迎えたアルビレックス新潟を勝負チームにして挑みましたが、見事に裏目。
サガン鳥栖の大量点までは行きませんでしたが、0-2ではポイント稼げません。
大惨敗の56Ppでした。
大前が点とってくれなきゃ50以下でしたね。
まあ、勝負に出ればこういうこともあります。


★勝負チーム:ジュビロ磐田 (1.3倍)

SnapCrab_NoName_2012-11-2_6-22-51_No[2]


今回はナビスコカップ決勝から中3日の11月7日(水)開催。
ナビスコ敗戦の痛手から清水エスパルス勢が立ち直ってどんなパフォーマンスを見せるかが鍵。

前節大量起用した新潟が今節は清水の対戦相手となるので全員放出。
前節いいパフォーマンスを見せながらもベガルタ仙台と引き分け、
順位を落として1.3倍となったジュビロ磐田を勝負チームにすることにしました。
最近、磐田の中盤は固定されていないのでスタメンが読み切れませんが、
前節を参考にするしかありませんね。

松浦や山崎亮平入れたいところなのですが、前節の出場がないので外しました。

ナビスコ決勝で120分戦って疲れているエスパルス勢の分、
ジュビロ勢には頑張ったもらいたい。


以上、追記なし。

 
 「Jリーグ」の関連記事





-Entry Top-

Jリーグのことを書いていたら、
ファンサカに触れることがあったので
試しに単独で記事にしてみます。



★勝負チーム:新潟 (1.5倍)

      獲得Pp 市場Pp
FW 大前元紀 清水 8.70 17.49
  ブルーノ・ロペス 新潟 12.64 12.64
  鈴木武蔵 新潟 1.34 1.34
MF 梁 勇基 仙台 4.41 14.47
  ミシェウ 新潟 11.74 12.32
  田中亜土夢 新潟 11.38 14.79
  藤田征也 新潟 7.75 7.75
DF 村松大輔 清水 6.88 14.23
  金 珍洙 新潟 10.45 10.45
  石川直樹 新潟 12.05 12.05
GK 林彰洋 清水 6.83 8.19

 



勝負チームは新潟。

前回、勝負チーム新潟5人、清水4人を含む編成で臨み、
2チームとも引き分けながら新潟の1.5倍が効いて91ポイント
思ったよりもポイントが伸びたので、今回も新潟を勝負チームに設定

清水はアウェイで相性の悪い鹿島相手ということでヨン ア ピンを外し、
新潟の石川直樹を起用。

そして前節復帰した鈴木武蔵が途中出場で得点することを願って起用。


完全に新潟勝利あるのみのメンバー編成。

まあ、調子が落ち気味の鳥栖相手にホームで大量失点はしないだろう、
という安易な予測に基づくものです。

残り少ないので一節爆発型を組んでみました。
どうなりますことやら。


               以上、追記なし。

 
 「Jリーグ」の関連記事





-Entry Top-
J1 第16節 (2011.06.18) at 東北電力ビッグスワンスタジアム

ベガルタ仙台 1-1 アルビレックス新潟
  
 

【またまたやったね、菅井くん!】
アントラーズvsジュビロの中継を見ていたら、
後半
35分くらいの途中経過で1-0で負けている表示が出たので、
ついに無敗がストップする時が来たか、と諦めていたが、
試合終了後に全試合結果を見たら1-1になっててビックリ。
 
Jリーグタイムを見て確認すると、ロスタイムに入ってからの同点弾。
菅井くんがやってくれました。
2試合連続弾。
スローで見るとDFの足にあたらないのが不思議なくらいに狭いところを抜けていました。
まあシュートよりも右サイドからクロスが上がったのに、
SBがゴール前に飛びこめる位置にいたことの方が不思議なのだが、
菅井くんなら不思議じゃないんだな、これが。

 
ついにJリーグ新記録だそうな無敗記録。
まあ、記録が伸びても柏が勝ったため首位との差が開いたので
手放しで喜べるものではないが、
そもそもベガルタはJ1残留が第一目標
上半分の順位なら上出来となるチームなのだ。
秋までこの位置をキープできたら、さすがに優勝を考えるだろうが、
現時点では残留に必要な勝ち点を予想外に速いペースで積み上げているに過ぎない。

残留安全圏を勝ち点40と考えると、
現在、日程の約1/3の11試合を終えて勝ち点21
残り
23試合で最低19の勝ち点を上積みすれば良いことになる。
単純計算で6勝1分で残留確保となる。
これから連敗記録を更新するような大不振に陥らない限り、残留は確保したと見ていいだろう。
今後はサッカーの質をより高めていく方向に集中してもらいたい。 


             以上、記事完結。
 




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。