/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > ブックレビュー


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-
「最後の恋 つまり、自分史上最高の恋新潮文庫
阿川佐和子、角田光代、沢村凛、柴田よしき、谷村志穂、乃南アサ、松尾由美、三浦しをん

最近のマイブーム、オムニバス形式の短篇集。
全体的に良かった。読んで損はない佳作と言える。

既読作者は角田光代、乃南アサ。
阿川佐和子は対談集のみ既読。
三浦しをんは「まほろ駅前多田便利軒」を読みたいなぁと思っているだけで未読。
他は名前も知らなかった。

角田光代は直木賞受賞作「対岸の彼女」含め数冊既読。
「八日目の蝉」は小説未読、映画、NHK制作のドラマは共に見たが、あまり惹きこまれなかった。
総じて彼女の作品は肌に合わないようだ。
今後も積極的には読まないだろう。

乃南アサに関しては、直木賞受賞作「凍える牙」から始まる音道貴子シリーズは必読の価値あり。
他にも高木聖大シリーズのように軽めの作品もある。
私が読んだ限りでは、ハズレのない作家である。



目次
「春太の毎日」           三浦しをん
「ヒトリシズカ」     谷村志穂
「海辺食堂の姉妹」    阿川佐和子
「スケジュール」    沢村凛
「LAST LOVE」         柴田よしき
「わたしは鏡」      松尾由美
「キープ」          乃南アサ
「おかえりなさい」     角田光代

※掲載順に感想を更新していく予定。
更新し次第、それぞれの感想へリンクをつける予定。


以下ネタバレありなので未読の方は御遠慮ください。









「春太の毎日」 三浦しをん
犬目線で語られる飼い主の女性の生活と、その女性に恋する犬の気持ち。

短篇集の冒頭を飾る作品としてはやや変化球だが、
ストーリー展開としては特に意外性はない。

本作で犬の春太が述べている通り、
確かに犬の寿命は確実に人間より短いから、仮に人間に恋をすれば、
自分の方が先に死ぬことになる。

切ないといえば切ないが、それほど感傷的にもなれない。
私が犬を飼ったことがないからだろうか。

直木賞受賞作家の作品だったが、
ひねりのない軽めの作品で肩透かしを食らった。
他の作品を積極的に読む気にはなれなかったなあ。


以上、追記なし。
スポンサーサイト
 
 「ブックレビュー」の関連記事





-Entry Top-
最近ややアクセス数が増えたため100から200は早かったですね。

トラックバックを貼っていただいたおかげかな、とも思いましたが、
アクセス解析を見ると、「家族法廷 感想」のサーチで訪れる方が多いみたい。
試しにググッてみたら、なんと1ページ目に載っているではありませんか。

BSの国内ドラマということでみんなの目が行かないのでしょうかね。
良質のドラマだっただけに残念。
もう終わってしまったのですよ。

後で再放送やDVDで見る方がいるかもしれないので、
時間がある時に初回から見てレビューをupしようかと思います。
ただし、EXILEのTETSUYAさんがメインの回は
プロ野球中継の延長で半分しか録画出来ていなかったため見ていません。
まさかBS朝日でプロ野球中継があるとは思わず、
録画予約をドラマ延長にしてなかったのですよ。
気づいた時にはガッカリでした。
まあ、あまり期待しないで待っててください。


人気記事ランキングを組み込んでみたら、
どんな記事に需要があるかわかっておもしろいですね。
アクセス解析でもわかるのですが、ブログのページのままですぐにわかるのがいいです。

やはり「家族法廷」の記事が人気があり、
続いて「高校生レストラン」「なでしこジャパン」が続いています。
タイムリーな記事が読みたいんですね、やはり。
ただ私、ドラマはだいたい録画して翌日に見るので、
それから記事を書くとupするのは早くても2日後になることが多いと思います。
一回見ただけでは気づかないことや、記憶が曖昧なこともあるので
確認してからupしないと根拠のない批判になってしまうこともありますし。

女子ワールドカップが始まり、なでしこ関係の記事にも需要があるようですが、
おもしろいのはワールドカップ初戦の記事よりも強化試合の記事の方が人気があること。
みんなトップページで読んで強化試合の方に飛んでるんですかね。
続きに余談も書いているので読んで下さいね。


ドラマ、スポーツの記事が人気があるみたいですが、
このブログ、もともとはブックレビューをメインにしようかと思って始めたんですよ。
ただドラマやスポーツも好きなのでそっちの記事も書き始めたら比重が移ってしまいました。
特に6月はJリーグが連戦で週2回開催でしたし、
下旬からは女子ワールドカップやU17ワールドカップが始まったので
そちらに関心が向いてしまいますね。
7月はコパアメリカもあるのでそれまではスポーツ中心になるかと思います。


本も読んでるんですけど、あまりあっさりしたレビューは書きたくないので、
時間がある時にupしたいと思います。
今は乃南アサの音道貴子シリーズをまとめて読んでいて、
文庫で読める分はもう少しで読み終わります。
一作ずつ記事にしたいので、ちょっと時間がかかるかな、と思います。
次は海堂尊の「ブラックペアン1988」を読もうかと思っています。


ではでは、今後ともよろしくお願いします。
 
 「ブログ」の関連記事





-Entry Top-
気になった点、腑に落ちない点、疑問点などを一話ごとに挙げています。
全体を読んでの感想はこちら




「草取り」

○ 草はなぜ生えるのか?
草取りをしている男は
作用反作用の法則を使って草が生えるのは逆方向の力だと説明していた。
となると元となるモノを押す力というのは人間の邪な行動なのだろうか。
毎日を大事に生きていれば草は生えないと男は言うが、
一般人は草の存在さえ知らないのだ。
草の存在が世界の破滅につながるのなら常野だけが戦うのもおかしな話。
見えない人に話しても頭がおかしいと思われるが、
この話の主人公のように特殊な双眼鏡を使って見るうちに目が慣れて
双眼鏡なしでも見えるようになるのであれば、みんなに見せればいい話。


○常野は自分達の能力を隠すのではないのか?
この話の主人公は草取りをする男を取材しているようだ。
よって常野一族ではなないらしい。
常野は自分達を守るために 能力を隠すのではないのか。
取材を受け入れるのは矛盾している。

また、この話は二人が待ち合わせる場面から始まっている。
主人公がどのようにして「草取り」を知ったのか、
どのようにアポイントを取ったのかが明らかにされていない。
常野を常野と知らずに接触するのは簡単だろうが、
知っていて接触するのを許すのはどういった理由からなのだろう?


○常野は何人いるんだ?
男の呼びかけで10人くらいがすぐに集まっている。
みんながビル清掃会社にでも勤めていないとすぐに集まるのは難しいだろう。


○常野はどんな手段を使ってビルにぶら下がるのだろう?
パッと見、ビル清掃にしか見えないと言うが、
ビル清掃業者を装ったにしても
草の生えているビルを見つけてすぐに作業に入れるのもおかしな話。
ビルの清掃会社なんてそれぞれ決まっているものだろう。
飛び込みの業者にビルを清掃させてくれと言われて
すぐにやらせるビル管理者がいるとも思えない。
不思議な話だ。
それとも全国のビル清掃会社が全て常野一族なのだろうか?


○「草取り」に出てくる人間に生えているツタやシダと
「オセロ・ゲーム」に出てくる植物は同種のものなのか?

作中では明かされていないが、
シダという同じ言葉を使っている以上、何らかのつながりが感じられる。
「オセロ・ゲーム」 に出てくる”裏返す”能力は
「草取り」で人間に生え始めた草を除去するために生まれたものなのだろうか。
植物の側も対抗するために同じ能力を持ったのだろうか。


○草が双眼鏡で2,3個見るだけで目が慣れて見えるようになること
そんな簡単に見えるようになっても草を取り除く力がないと
見えるはずのものが見えなくなって日常生活に支障が出る。
一般人にとっては見えるようになってもいいことなどない。


○草の影響
男は草を取らなくても表面上は何も起きないと言うが、
直後に、草をなめてはいけない、いつの日か我々を絞め 殺す、と言っている。
結局、何が起こるのだ。
またかつては何かが起こったから悪い結果になることを知っているのだろうか。
だとすればはじめに、表面上は何も起きない、と言うべきではない。




「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評7 に続く


「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評1 全体の感想

気になる点など
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評2 「大きな引き出し」 
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評3 「2つの茶碗」
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評4 「達磨山への道」
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評5 「オセロ・ゲーム」「手紙」「光の帝国」「歴史の時間」
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評6 「草取り」
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評7 「黒い塔」「国道を降りて」、全体を通して


 
 「ブックレビュー」の関連記事




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。