/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > ミシェウ


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-

本家ファンサカからファンサカアウォーズが発表されたので、
それにならって、私も勝手にファンサカアウォーズを決めてみようと思う。




■ポジション別多く起用されたで賞
GK 林彰洋 清水 7試合
DF 村松大輔 清水 20試合
  李記帝 清水 18試合
MF 梁勇基 仙台 24試合
  河井陽介 清水 20試合
FW 大前元紀 清水 29試合

最多出場は大前元紀。
ゲーム開始から安定した活躍を見せ、シーズン終了までほぼ全試合に起用。

河合、記帝は新加入ながら開幕から先発起用され、
村松もボランチで不動の地位を築き、
3名とも先発起用が当たり前だったので安心して起用できた。

梁は開幕当初はケガで出遅れたが、
その分、低コストで獲得することができ、
期待に答えて活躍し続けたので、シーズン終了まで一度も手放さなかった。

他のポジションに比べて起用数が割れたのがGK。
基本的に勝負チームのGKを起用することが多かったのが割れた理由だったと思う。
また、後半は清水のGKを起用することが多かったが、
ゴトビ監督が流れが悪くなると林彰洋と山本海人を交代で起用したので
それに伴い、それぞれの起用数が伸びなかった。


■瞬間風速賞
この賞は一節のみで最多Fpを獲得した選手に贈る。
数字は勝負チームのマルチポイントも含んだもの。

GK 山本海人 清水 19Fp
DF 駒野友一 磐田 21Fp
MF 家長昭博 G大阪 27Fp
FW レアンドロ G大阪 48Fp

最多Fpは勝負チーム起用時にハットトリックをかましてくれたレアンドロ。
彼の活躍でG大阪が残留争いから抜け出すと思われたが、
勝負どころでケガもあり、あと一歩届かなかった。
ガンバは監督起用も失敗したが、開幕時の外国人FWの補強も失敗した。
これだけ失敗したら残留できなくても仕方ない。

家長も勝負チーム起用時に2得点してくれたが、
土壇場で追いつかれて引き分けたのでややポイントを損した気分だった。
ガンバは勝ち切れない試合が多かったが、
この試合の引分けが最も大きく響いたように思う。

駒野は今年のジュビロが上位に進出した時期に活躍。
驚異の3アシストでボーナスポイントを13も荒稼ぎ。
ジュビロは前田、山田、駒野を中心に安定しているように見えていたので、
終盤の失速は大いに疑問。
ハードに練習し過ぎて疲れてしまったのだろうか。

海人は林が五輪のバックアップメンバーに選ばれ離脱していた時期に
先発起用され、チームもいい流れに乗ったのでしばらく起用が続いた。
出場数は少なかったが高いパフォーマンスだったと思う。


■ピンポイントで賞
この賞は出場試合数は少なかったもののポイントを多く稼いだ選手に贈る。

家長昭博 MF G大阪 2試合 平均18Fp
ミシェウ MF 新潟 1試合 平均18Fp
レアンドロ FW G大阪 4試合 平均17.25Fp
工藤壮人 FW 3試合 平均16Fp

それぞれ起用数が少なかったにもかかわらず結果を出してくれたが、
1試合の起用で結果を出したミシェウが最もこの賞にふさわしい。
この勝負強さが終盤発揮され、新潟の残留につながったのかも。


■最も勝負強かったで賞
この賞は勝負チームに起用された時に最もポイントを稼いだチームに贈る。
条件を3試合以上に設定した。

清水エスパルス 8試合 平均85.5Fp
柏レイソル 5試合 平均90.6Fp
ガンバ大阪 5試合 平均85.2Fp
川崎フロンターレ 4試合 平均71.25Fp
アルビレックス新潟 3試合 平均83.67Fp
ジュビロ磐田 3試合 平均64.33Fp

シーズン序盤に5試合連続で起用し2試合100Fp超えに貢献した柏レイソルが受賞。
清水エスパルスも2試合100Fp超えしたが、
33Fpのダントツ最低も記録したのが響き届かなかった。
清水は最高の129Fpも記録した。
両方とも清水の選手のみで記録した数字ではないが、
好不調の波が大きかった今年の清水を象徴するかのようなデータだった。


■ベストイレブン
GK 山本海人 清水
DF 村松大輔 清水
  李記帝 清水
  近藤直也
MF 梁勇基 仙台
  河井陽介 清水
  山田大記 磐田
  レアンドロ・ドミンゲス
FW 大前元紀 清水
  前田遼一 磐田
  赤嶺真吾 仙台


GKは出場数の多かった林がポイントを伸ばせず、
山本海人44Fpと菅野孝憲40Fpが頭ひとつ抜け出していた。
GKはすぐに獲得コストが上がりやすく起用の難しいポジションである。
来季は低コスト時に獲得した選手に固定する作戦を採るかもしれない。

DFは村松、李記帝は起用数、ポイントから考えて順当に選出。
3番手が浮かばなかったが、序盤に高ポイントを稼いだ柏の近藤直人が滑り込んだ。

MFは迷う余地がなかった。
起用数の多かった4人がポイントも確実に稼いでいた。
が、河合はDF起用が多く、
実際の貢献度に比べて数字に残るような活躍がなかったのか、
1試合あたりのポイントは少なかった。
来シーズンは本職のMFで起用してほしいと思う。

FWは大前、前田まではすんなり選出。
3人目がポイントの多かったレアンドロと起用数の多かった赤嶺で迷ったが、
シーズンを通した活躍、仙台の上位進出への貢献度、
またゴールシーンのインパクトを考え赤嶺を選出した。


こうして名前を眺めてみると、
Jリーグアウォーズのベストイレブンと共通するのが、
選出に不満だったレアンドロ・ドミンゲスのみという皮肉な結果。
来シーズンはここに選んだ選手にかぎらず、
清水、仙台からベストイレブンに多く選ばれるようなシーズンになることを願う。


■MVP
清水エスパルス FW 大前元紀 29試合起用 229Fp

複数得点は4月の磐田との静岡ダービーのみだったが、コンスタントに得点をあげ、
シュート数やアシスト、スルーパス数などのボーナスポイントも多く稼いでくれた。
2位以下を大きく引き離して唯一の200Fp超え。
文句なしのMVPだった。
ブンデスリーガで揉まれて岡崎慎司のように日本代表で活躍する選手になってほしい。





振り返ってみるとやはり清水の選手を多く起用したことが明らか。
仙台は常に2位以内というミラクルなシーズンだったので
獲得コストが高く、また勝負チーム倍率も常に1.0倍だったので積極的に起用する理由がなかった。
このゲームで起用できないということは現実ではチームが好調であるということだから
来シーズンは両チームの選手が起用できなくて悔しがるような
嬉しい悩みを抱えるシーズンになることを期待して、このコラムを締めたいと思う。

では、また来シーズンにお会いしましょう。
スポンサーサイト
 
 「Jリーグ」の関連記事





-Entry Top-

Jリーグ 第33節 (2012.11.24) at ユアテックスタジアム仙台

ベガルタ仙台 0-1 アルビレックス新潟 


BS-1で夜に中継があったのでてっきりナイトゲームかと思い込んでいたら
デーゲームで、しかもBS-TBSで生中継していたとは..........
チェックが甘かったorz

知っていたら、勝負が決まったサンフレッチェのゲームなどいつまでも見なかったのに。
ただ、サンフレッチェの優勝が決まった瞬間、
そして、その瞬間の寿人の顔を見られたのは良かった。
おめでとう。
素直にそう思えた。

ベガルタはこの悔しさを糧にして
来季、また優勝目指して頑張ってほしい。

さて、試合を振り返ろう。

___________________________________

序盤、富田、梁勇基と2本決定的なシュートがあり、
やや優勢な流れと思われた前半17分、
アルビレックスは右サイドでパス交換し、
ミシェウがディフェンスラインの裏にきれいなスルーパスを通す。
三門が抜け出す。
ベガルタディフェンスはオフサイドをアピールし、出遅れる。
三門が余裕を持ってクロスを送る。
大外から金珍洙がゴール前に侵入。 
どフリーで押し込む。

完全にボールウォッチャーになり、
オフサイドアピールをしてキム・ジンスをマークしなかった太田を責めたくなるが、
ここはアルビレックスの攻撃が良かったかな。
ただ、こんなきれいなゴールを決められると
ベガルタディフェンスの粘りが足りなくっているように感じる。
優勝がかかったこの大事な時に。


先制後しばらく、アルビレックスに流れが傾く。
その後、ベガルタが押し戻すが、その前に黒河貴矢が立ちはだかる。
アルビレックスからすれば正GKの東口が怪我したにもかかわらず
黒河が高いパフォーマンスを見せてくれるのだから心強い。
チームの編成担当は評価されるべき。


先制後の僅かな時間を除いてゲームは支配していたし、
赤嶺を中心にシュートを撃てていた。
悪くない前半だったと思う。


後半開始早々、アルビレックスは素早いリスタートから
ベガルタの隙を突いて決定的なクロスを入れる。
しかし、待ち受けた鈴木大輔がアウトサイドでシュートするが
勢いが弱く、赤嶺がクリア。

後半も基本的にはベガルタがボールを保持する時間が続いたが、
アルビレックスもブルーノ・ロペスを中心に効果的なカウンターを仕掛ける。

の惜しいシュートもあったが、
藤田征也、ブルーノ・ロペスの決定的なシュートもあった。
1-0のアルビレックスの勝利は試合内容から考えて不当なものではない。
アルビレックスは首の皮一枚の残留の可能性を最終節まで残した。
残留してほしい思いもあるが、
ガンバとの同時残留の可能性がないので、
申し訳ないが大人しく降格して下さい。

ベガルタは攻撃する時間は長かったが、
パス精度、クロス精度を欠き、
攻撃時間の割りにはシュートにつながらなかった。
1点先に取られ、優勝の可能性を大きく残すためには
2点が必要ということが焦りを呼んだのだろうか。

とにかく、最終節を前に優勝争いが終わってしまった。
最終節まで熱い戦いが続くと思い込んでいただけに、
その手前で終戦され、何だか気が抜けた気分だ。
優勝を逃した思いは、少し時間をかけて振り返ろうと思う。

_________________________________


記事をまとめるのが遅くなってしまいました。
優勝を逃した試合をなかなか見なおす気にもなれませんでしたし、
試合の感想を書いていても、
優勝争いに敗れた思いがつらつらと浮かんできて
なかなかまとまらなかったのです。
なので、後半は思いっきり端折りました。
勘弁して下さい。

優勝の逃した思いは別記事にしようと思っています。
それほど熱い思いではないですが、
一サポーターとしての静かな思いを述べたいと思います。

__________________________________

以上。追記なし。


【同節の関連記事】
清水エスパルスvs川崎フロンターレ
週刊Jリーグ雑感 第33節

 
 「ベガルタ仙台」の関連記事




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。