/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > レジデント


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-

ぼちぼちリタイアが増えてきて見るドラマが絞れそうな気配。
気になるドラマは「ゴーイング マイ ホーム」と「悪夢ちゃん」。
どちらもどこへ向かっていくのかわからない。

他は見逃してもそれほど悔しくないものばかり。
見たいドラマが2,3本というのは、まあちょうどいいですね。



【東京全力少女】
今週は語るべきものが何もない。
正直飽きちゃいました。

そしてフォーク感満載の中島みゆきの曲が何ともドラマに合ってない。
誰が選んだんだ、いったい?

レビューリタイアはほぼ確定。
視聴はもう少し続けてみます。



【レジデント】
何というか、普通のドラマだね。
医療ドラマの"あるある"をまとめたような。
最後の小澤征悦も凄腕外科医の目に異変が起きるってパターンでしょ。
レビュー、視聴ともにリタイアかなぁ。

一番印象に残ったのが、
妊婦の彼氏の紫の怪獣サンダルだもんなぁ。
これ流行ってるの?
先日たまたま見た「キャサリン三世」でも一般男性が履いていて、
香里奈や観月ありさが食いついていた。
もうサンダルって時期でもないけどなぁ。



【結婚しない】
モノマネの福田彩乃の役、
これからブレイクしそうな若手女優にしてほしかった。
若手女優枠は花屋だけでなく、旅行代理店にも設けてほしかった。

と書きながら今わかった。
私は吉高由里子を期待してしまっているのだ。
声質が吉高由里子なのに、顔が福田彩乃だから、
どうにも違和感が拭えないのだ。

ただ、あの程度の役では吉高由里子は無理だから、
まだブレイクしていない若手女優を、と私の潜在意識がささやいたのだ。
いや、女優でなくとも良い。
せめて、おかもとまりだったら、今ほど不満は感じないと思う。


肝心のストーリーはあまり覚えていない。
ただ、あんまり話が展開しなかったことは確か。
こんなにゆっくりで大丈夫か。
普通、ドラマは3話までで視聴者を惹きこまなければならないらしいが、
このドラマ、つかみの要素が全然ないぞ。

主演陣はそれぞれ実績と実力のある方々だが、
今が旬というわけでもない。

菅野美穂はかわいいが、
毎週違う男とちょっといい感じになってはやっぱ違う、というパターンでは
飽きてしまう。

のんびりしてたらみんなリタイアしちゃうぞ。


何だか玉木宏との距離は縮まったから、
来週辺りからこの線が伸びるのか。
それで3,4話進めるけど、
玉木宏が職場が一緒の天海祐希の年上の魅力に惹かれて、
一旦は菅野美穂と別れて、天海祐希と結婚する勢いになるが、
天海祐希が「私、やっぱり一人で生きるわ」なんて強がって、
玉木宏を菅野美穂の元へと向かわせる、なんて流れにはしないで下さい。

ちょっと流れを予想してしまったもんだから、
今後の流れが気になってしまった。
とりあえず来週も見てみます。


【猿飛三世】
ストーリー的には書きたいことはないのですが、
少しだけツッコみたかったので。

忍法の極意の一つ「風」をなぜか城の屋根の上で習得した佐助が
風呂敷みたいな布を両手でつかんで空を飛んじゃったのです。
せめてハットリくんみたいに足でも布を固定してほしかった。
あれでは、どうひいき目に考えても自由落下ですよ。
あんなにきれいに布をなびかせて滑空なんて、
元々ありえないのに、ありえない2ですよ。


もう一つ。
序盤にアクションシーンが入って、
「これは後半にもアクションシーンが入って嬉しいなぁ」
と思ったら、後半は所司代に忍び込んで空飛んで終わりでガッカリ。
お願いだから後半にもアクションシーンを入れてください。



【悪夢ちゃん】 
今回は透明人間が誰か、どうやって悪夢ちゃんの予知夢の内容を知ったのか、
など、謎が多くてミステリー風味でしたね。
 
そして、ラストで北川景子が「私はサイコパスです!」と叫んだあたりから、
何だか緊迫した雰囲気になっていって、終いには「女王の教室」を見ている気分にまで
なってしまいましたよ。

もっとくだけたコメディかと思っていたのですが、
何だか不思議なドラマになりそうで、目が離せなくなってしまいました。

ところで、あのハンドクリーム、452円って高くないですか?
漫画に注目を集めるためとはいえ、自分では使わないハンドクリームに
お小遣いの中から452円ってかなり大きいと思うんですよね。
あの男の子にとってはそれだけの価値があったということでしょうか。



【TOKYOエアポート】 
リタイア決定。



【MONSTERS】 
一回目はうるさくて苦手な感じでしたが、
録画していたので、もう一回見てみたら、
免疫があったためか、それほど抵抗なく見ることができました。
なので、もう一回見て見ることにしました。

第2話はもう慣れてしまったのか、それほど平塚のアクを感じなかった。
それはそれで特徴のないドラマになってしまうのでガッカリ。

フーダニットに見せかけたハウダニットと思いきや、
やっぱりフーダニット、でも見え見え過ぎてハウダニットにしか思えなかった第2話。

フーダニットとしてはあからさまなミスリードとヒントを連発するあまりに
簡単に犯人が絞れてしまい、
ハウダニットとしては犯人の計画がゆるゆるで偶然に頼りすぎ&トリックが強引過ぎ。

「古畑任三郎」にしたいのか「TRICK」にしたいのかどっちつかずというか、
どっちにしても劣化版過ぎる。

これもリタイアかなぁ。



【そこをなんとか】
前回は「MONSTERS」が2時間で重なっていたので、初回は土曜日の再放送を録画視聴。

番宣の雰囲気からマンガっぽい雰囲気が感じられたので、
あまり期待せず、なんとなく録画したのですが、
十分楽しめました。
安心と品質の「BSプレミアムドラマ」といったところ。

雰囲気は「カバチタレ」弁護士版といったところ。
他の法律モノに比べて特筆すべき特徴があるわけでもありませんが、
主人公の改世楽子(本仮屋ユイカ)をはじめ、
法律事務所の東海林弘明(市川猿之助)や久保田亜紀(MEGUMI)も
なかなかいいキャラしてましたし、
楽子の自宅のシェアハウスもワヤクチャしてて楽しそうだし、
民放の2作よりは楽しめそうなので、日曜はこれだけにするかなぁ。

ところで、主人公の名前、どうにかなりませんでしたかねぇ。


連ドラに気を取られていますが、
今週金曜、11月2日午後9:00から「最後から二番目の恋」のスペシャルがありますよ。
ここ最近では間違いなく一番ハマったドラマ、楽しみです。
お見逃しなく。

            以上、追記なし。

スポンサーサイト
 
 「ドラマ雑感」の関連記事





-Entry Top-

今週から始まるドラマも含め、
「ゴーイング マイ ホーム」が不在の穴をどう埋めてくれるか、
なんて期待は持たずにサラサラと眺めましたが、
あまり、気を引かれたものはありませんね。
 
「悪夢ちゃん」が変わったドラマになりそうな気配があったくらい。


【東京全力少女】
見ちゃいました。

次回予告も見た限り、
しばらく、父と付き合いのある女性の生活を探り、
父を幻滅させる点を見つけようとして失敗する、
という全力空回りぶりを見せるパターンが続きそう。

主人公である麗が全力で何かに挑戦するというのは
このパターンが一段落してからでしょうか。
華子、ヘンリーとモデルが身近にいることから
モデルに挑戦なんて安易なことにならなければいいが。

もしくは父に認めてもらうために
弁護士目指して大学受験とか。


【レジデント】
とりあえず見てみました。
何というか、登場人物から何からステレオタイプで見飽きた感がありあり。
「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」を超えられるとは思えない。

収穫といえば、改めて大政絢が苦手なことを確かめたことくらい。

とりあえず、次週様子見。


【結婚しない】
「レジデント」の流れで「ひみつの嵐ちゃん!」を見てしまい、
気づいた時には残り20分。
「ひみつの嵐ちゃん!」がおもしろかったわけでもなく、ちょっとだけ後悔。

パッと見の感想としては、
菅野美穂が毎週、男性と出会って
自分が結婚しない理由を増やしていくドラマなのだろうか、
と思ってしまった。

来週は全部見て確かめたいと思う。

天海祐希や玉木宏のことは知らない。


【猿飛三世】
私のボヤきが聞こえたのか、アクションシーンたっぷりだった。
が、今回は長すぎやしないかと、勝手気ままな感想。

序盤から派手な格闘シーン。
忍者対牢人なのに、
ジャッキー・チェンのカンフー・アクションみたいになってておもしろい。
真面目な話、江戸時代の侍の体術ってどんなもんだったんだろう?


佐助の母が京に出てくるの早すぎやしないか?
まあ、甲賀は滋賀だから近いけどさ。

友達の才蔵とさぼてんは、まあいないと
佐助一人で戦うのは多勢に無勢だからわかるが。

それにしても、
さぼてん役の川崎亜沙美さん
「カーネーション」直子役の方なのだが、
なかなか顔がはっきり見えない。

堺正章はアクションシーンのオチ担当なんだね。
毎回吹っ飛ばされてる。

ピンチの佐助を才蔵とさぼてんが助けに来たが、
伴蔵の部下はなぜ一人だったんだ?
計画に乗ったのなら、他の牢人たちも普通いると思うのだが。


これ、毎週見るつもりではいますけど、
感想書くほど真面目に見るものでもないので
来週から書きません、たぶん。


【悪夢ちゃん】
評判が良さ気なので、どうせJリーグタイムは録画しているのだから、
と見てみた。
悪くない。面白くなりそうな気配はある。

前回リタイアの原因となった北川景子のモノローグは、
今回は気にならなかった。
おもしろいのかも、という先入観を持っていたのが影響したか。

優香の顔がやたら疲れているように見えた。
彼女は見る人が元気になるような笑顔が持ち味だと思うのだが、
イメージダウンになりはしないか。
それとも、底意地の悪い役柄に合わせたメイクかな。

全体として不思議な感じなので今後の展開に興味は惹かれる。
次週も見てみるかと。


【TOKYOエアポート】
事件が起きて飛行機を降ろせなくなり、
深田恭子が解決のきっかけを作って無事に終わる。

というパターンが2話目にして見えてきて、
早くもマンネリの予感。

また、そんなに瀬戸朝香の家庭を見せられてもなぁ。
もう少し主人公の人となりを描いてこちらの興味を引きつけてもらわないと。

主人公のプライベート部分は
元彼の荒んだ生活が時折挿入されるだけで、 あまり描かれない。

誰が主人公だかわからなくなる。


仕事風景も外を見ながら英語を話すだけで、
代わり映えがしない。
絵面に飽きてしまう。

全体として、
予想は外してくれるが期待を超えてはくれない、
といった印象。


【MONSTERS】
何だかうるさいドラマだな、というのが第一印象。

主人公である二人の印象が悪くて、
見ていて居心地が良くなかった。

また、2時間というのが長かった。
映画なら2時間が気にならないのに、
ドラマだと気になる不思議。

結局のところ、クセのある探偵役と振り回される相棒という
古くは「シャーロック・ホームズ」、今なら現在放送中の「相棒」のパターン。

そして、そのコンビに振り回される遠藤憲一は、
「シャーロック・ホームズ」でいうレストレード警部、「トリック」なら生瀬勝久の役どころ。

焼き直し感満載の上に、アクの強い香取慎吾演じる平塚平八
ちょっと生理的に苦手な感じを受けるので、次からもう見ないかなぁ。


「TOKYOエアポート」も不発気味だし、
日曜は映画を見る日にするかなぁ。 




キムタクの「PRICELESS」は、とりあえず一回単独レビューにしてみます。
感想が短くなれば、短評の仲間入りとなりますが。


以上、追記なし。
 
 「ドラマ雑感」の関連記事





-Entry Top-
カテゴリーの中に「ドラマ展望」とあったので、気が向いたので書いてみることにします。

ちなみに夏ドラマは軒並み不作で、
最後まで録画してみたのは民放では「ボーイズ・オン・ザ・ラン」のみ。

期待度の大きかった「東野圭吾ミステリーズ」は途中リタイヤで、
とんねるずを見た流れで見ることもあった程度でした。
何でもかんでもドラマ化すりゃいいってもんじゃないっていう見本でしたね。

オリンピックがあったのでドラマが不作でむしろ助かりましたけどね。

同時期に放送したNHK BSプレミアムの「薄桜記」は素晴らしい出来でした
「陽炎の辻」に続いて山本耕史を剣豪の浪人役で使うのはどうかと思いましたが、
そんな懸念を吹き飛ばす切ないドラマでありました。
吉良上野介をここまでおちゃめで憎めない老人に描いたドラマは初めてではないでしょうか。
NHKには今後とも良質な時代劇を期待しています。
「陽炎の辻」の続編はもうないのかな。
続きを読む↓
 
 「ドラマ期待度」の関連記事




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。