/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > 佐藤寿人


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-

J1 第31節 (2012.11.07)

主にJリーグタイムを見ての雑感です。 



【取りこぼさなかった広島】
2ゴールに絡んだ佐藤寿人はもちろんさすがなのだが、
それよりも1点目のPKを奪ったプレーで
倒されながら最後までシュートを狙って左足を振っていること
恐ろしささえ覚えた。

こういう姿勢を持ち続けていることが
コンスタントな結果につながっているのだろう。

○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○

2点目は私のイチオシ!青山敏弘
ピッチを切り裂く美しい縦パスから、
佐藤寿人が頭脳的なダイアゴナルランでディフェンスを振り切りダイレクトシュート。


ナビスコ決勝で活躍した柴崎もいいけど、
青山も試してほしいよなぁ。

○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○

結局、3-0で勝利。
ベガルタが引き分けたため、勝ち点2差がついた。
得失点差も6になり、かなり有利な立場になった。

主力に大きな怪我人もなく、
優勝への視界は大きく開けた。

 
【4点は取ったが】
川崎フロンターレは浦和レッズから4点を奪った。
しかし、3点はレナトの個人技と幸運によるもの。
風間サッカーが機能しての大量得点ではない。

難しいことにチャレンジしているのはわかるが、
今シーズン中に機能することはないのだろうか。

筑波大を率いていた時には春先に弱かったチームが
秋を迎える頃にはまるっきり別のチームに変貌していたという。

監督就任から半年が過ぎた。
形のなるにはまだ時間が足りないのだろうか。

他チームサポーターではあるが、
その理論が具現化した時に
どんな魅力的なサッカーが展開されるのか、
楽しみでならないのだ。
待つしかないか。


【抜け出せないガンバ】
ガンバ大阪は今節勝っていればヴィッセルを抜いて
いつ以来だか知らないが、待望の降格圏脱出だったのだが、
常に先行を許す展開で引き分けに持ち込むのが精一杯だった。
こういうゲーム展開が多いから降格圏にいるのだろうな。

しかし、ゲーム展開は別として、
得点シーンは2点とも素晴らしかった。

1点目はハーフライン付近から
武井の柔らかいロングパスをレアンドロがワンタッチで流し込んだ。
切り裂くというよりも、
切られたことに気づかないような柔らかなパスだった。
武井択也、お見事。

2点目はレアンドロの超絶個人技
今野泰幸が出したパスを増嶋がカットし損ない、
ボールを拾ったレアンドロが舞った。

あそこですぐにシュートを打たずに
フェイントでディフェンスをかわす落ち着きは
悔しいけれど日本人FWではまずお目にかかれない。

そして倒れ込みながらキーパーの届かないところに撃てる、
そのシュート感覚。

こういう日本人FWが育つ日が来るんだろうか。
生きてるうちに見てみたいものだ。



以上。追記なし。

【仙台vsC大阪】【清水vs新潟】は別記事にて単独で取り上げる。
スポンサーサイト
 
 「Jリーグ」の関連記事





-Entry Top-

J1 第29節 (2012.10.20)

 

大宮 1-1 新潟
川崎F 2-3 G大阪
横浜FM 4-0 磐田
鳥栖 1-3 名古屋
C大阪 1-1 FC東京
札幌 0-0 鹿島
広島 1-2
仙台 3-2 浦和
清水 1-1 神戸


主にJリーグタイムを見ての感想です。


【大宮vs新潟】
残留争いの直接対決。
絶対に勝たなければいけない新潟だが、
守護神・東口順昭の怪我による戦線離脱の影響が気になった。

前半に田中亜土夢のゴールで先制した新潟だが、
前半のうちに青木拓矢のゴールで追いつかれ引き分け。

この引き分けで新潟の残留はまた一段と厳しくなったかな。
ファンサカで新潟を勝負チームにしていた私としても痛かった。
田中亜土夢をメンバー入りさせていたのがせめてもの救い。

東口の穴を埋めたのは、大ベテラン小澤ではなく、なんと

黒河貴矢!!!

元エスパルスの選手が試合に出ていると嬉しくなってしまう。
しかも、黒河という選手のキャリアは紆余曲折が激しく、
とっくに引退していたとしてもおかしくはない選手なのだ。
それが雌伏の時を経て出場機会を得ている姿を見るのは非常に嬉しい。

しかし、常にベンチ入りしていた小澤ではなく、
開幕戦以来のリーグ戦となる黒河の起用に踏み切った柳下監督の真意やいかに。


【川崎FvsG大阪】
前半21分。G大阪が家長のゴールで先制。
二川のヒールパスを家長がシュートする前に倉田が切り返し気味にヒールで流したが、
彼はその後、ボールを触る素振りを見せなかった。
はじめからパスのつもりだったのか、
それとも切り返し直後に家長がシュートを打てることがわかったので何もしなかったのか。
リプレイを見る限り、あの辺に家長がいることは頭に入っていたと思うので、
想定内だったとは思うが、どっちだろう。

このリードも含め二度追いつかれたが、家長の決勝ゴールでG大阪が勝利。
残留に向け、大きな勝ち星となったが、未だに降格圏。

ガンバは後半戦、けっこう勝ってる印象が強いが、
勝っても勝っても降格圏。
前半の低迷がいかに大きかったかがよくわかる。


【横浜FMvs磐田】
BS-TBSで中継されてので視聴。

予想外の4-0のマリノスの大勝となったが、
中村俊輔とマルキーニョスはJリーグの中では別格さが際立った試合だった。

マルキの活躍を見ると、あの地震がなければ
今頃仙台の攻撃の柱になっていたのかもしれなかったのに、
と思う。
今年はウィルソンという優良外国人がいるから、そう思うことも少なくなったが。

ところで、小野くんは以前の髪型の時には後ろ髪をだいぶ伸ばしていたから
後が絶壁なのかと思っていたが、そんなに形悪くないのだな。
気合の入ったドリブル、お見事でした。


【鳥栖vs名古屋】 
闘莉王の1トップ起用が大当たりした。

ほんとにこの人は胸トラップがものすごく上手いし、
シュートタッチも柔らかいし、
スピードがないことを除けば何でもできるスーパーな選手。

このまま年齢を重ねても、
途中出場のパワープレー要員として長くプレーが続けられるのではないだろうか。 


【札幌vs鹿島】
攻めても攻めても点が入らなかった鹿島。
結果的には興梠のPK失敗が痛かった。

札幌はPKストップも含め奮闘した高原寿康の活躍が大きかった。
今年は李昊乗の怪我もあってキーパーを固定できなかった。
来年は主力に怪我なく過ごしてほしいものだ。


【C大阪vsF東京】
丸橋のスーパーゴールでセレッソが先制したが、
追加点が取れず、
ヴチチェヴィッチのあたり損ないのようなシュートで引き分けに持ち込まれた。

結果的には、 
柿谷がビッグチャンスを外したのが響いた。
柿谷はグラウンダーでキーパーの横を抜くことを選択したが、
私にはチップキックの方が確率が高いように見えた。

日本を代表して世界と戦う選手になりたいなら、
あれは決めなければいけない。


【広島vs柏】
この試合はBS1での中継を視聴。
柏が前後半のロスタイムに1点ずつ取って劇的な勝利。 


柏の1点目は広島にとって不運なものだった。
ディフェンスがスライディングして奪ったボールが寿人にあたって
柏の工藤の足元に転がっていって生まれた。

寿人は大谷がボールを奪った時には前線にいて、
奪われた瞬間からチェックに動き、
誰よりも速いスピードでディフェンスに戻っていて、
良いプレーだったと褒められるべき場面で
ボールがあたってしまった。
なんともかわいそうな失点だった。
 

後半に入って森崎浩司へのアシストとなるスルーパスを出して
挽回したかに思えたが、
後半ロスタイムに入って悪夢の勝ち越しゴールを奪われた。

寿人にとっては痛恨の一戦だったと思うが、
これしきでヘコんでしまう寿人ではない。
必ず残り試合で力を発揮するだろう。
仙台は残り5節全部勝たなければ優勝はないと思わなければいけない。

ともかく、
仙台の優勝を願う私にとっては大きなプレゼントとなった広島の敗戦だった。
潮田さんとこの旦那さん、ありがとう。


【仙台vs浦和】【清水vs神戸】は別記事にて単独で取り上げる。

 
 「Jリーグ」の関連記事





-Entry Top-

【本田圭佑の1トップ】
初めて実現した、香川と同時起用時の本田の1トップ
スタート時は香川がトップ下でなかったのが残念。

ボール回しは格段にスムーズだったが、
本田がサイドに流れてボールキープしたり、パス交換したりするので、
ゴール前にターゲットがいなくなり、クロスが上げられない。
ゴールから近い位置でパス交換して突破するならいいが、
サイドに流れてばかりだと、本田がシュートシーンに絡みづらくなる。

試合後に本田本人が、1トップではなく0トップのイメージでプレーした
と言っていたが、ゴール前に人がいないという意味での0トップになってしまった
岡崎慎司がいれば違ったのかもしれないなぁ。

機能していたとは言い難い本田の1トップだが、
前田遼一不在の時には必要なオプションと思うので
前線の4人の動きを練習すべき。


【内田篤人起用の効果】
相手との兼ね合いもあるのだろうが、
内田、清武、本田が右サイドの狭いスペースで
少ないタッチ数のパス交換でボールを運んでいくシーンが多々見られた。

後半、酒井宏樹が出てきてからは見られなかったので、
内田の特性が表れたシーンと言って良いのではないだろうか。

ネイマールと終始お互いにガツガツやり合ってたのは良かった。
時折見せるウッチーの秘めた男気に女性ファンは萌えるんだろうなぁ。

内田のプレーはかなり好印象だったので前半だけでの交代は納得出来ない。
フランス戦の起用時間も含め、シャルケから圧力がかかっていたのか?


【酒井宏樹の選択】
ボール回しはスムーズだったが、
前線まで上がってボールを受けても後へ戻すだけで、
売りであるクロスを上げる場面はほぼなかった。

ゴール前がノーチャンスの場合が多くて上げても仕方ない場面が
多かったかもしれないが、キーパーとディフェンスの間に速いボールを送れば
ゴール前に混乱を生むかもしれないのでクロスを入れるべきだというのは
素人考えだろうか。


【使われなかった選手】
この試合でも交代枠6を使い切らなかった。
そして佐藤寿人は使われなかった。

3点目を取られた時に勝負は終わり、
4点目を取られた時にブラジルがお遊び、安全運転モードに切り替え、試合は終わっていた。

この時点で残り15分近くあった。 
スタメンで出ていた選手もバテてきていただろうし、集中力切れで怪我をする可能性もあるので、
控えメンバーを出す条件は十分に整っていた。

にも関わらず、宮市、栗原を出したのが後半45分
宮市は惜しいプレーで一度オフサイドを取られたのがせいぜいで何もできなかった。
宮市は芝生を踏むだけのために呼ばれたのか。

そして、寿人はベンチから試合を眺めるためだけに緊急招集されたのか。
使うつもりがなかったのなら宇佐美でも呼んどけばいい話。
何ならベルギーの2部リーグにいる指宿を呼んだって今回のようなケースなら
誰も文句を言わない。

ザックの召集選手、選手起用は
準レギュラー以下は納得がいかないことが多い。


                     以上、追記なし。
 
 「日本代表」の関連記事





-Entry Top-

日本代表vsブラジル代表 スタメン予想

フランス戦のスタメン予想のアクセスが予想以上に多かったので
ブラジル戦も記事を書いてみようと思う。

◆本田いるVer.1
FW    マイク
MF  香川 本田 清武
    遠藤 長谷部
DF 長友 今野 麻也 内田
GK     川島

もっとも無難なパターン。
ハーフナー・マイクがフランス戦で機能したとは言い難いが、
あれはマイクだけの責任ではなく、
ザッケローニ監督は本田圭佑のトップ下に強いこだわりを持っているようなので
これが一番可能性が高いかと。

さすがに、次は内田篤人を使うと思う。
本田が復帰すれば高さも確保できるし。


◆本田いるVer.2
FW    本田
MF  乾 香川 清武
   遠藤 長谷部
DF 長友 今野 麻也 内田
GK   川島

フランス戦の終盤に機能した元セレッソ3シャドウに本田を組み合わせたパターン。
ザッケローニが香川真司のトップ下をもう少し見たみたいと思えばこれ。

上記2パターンとも、長谷部のところが細貝になる可能性もあり。

本田が出られなければ、代わりにマイクが入るだけだろう。

スタメンはこんなところだろう。


私の希望としては、せっかくヨーロッパまで呼び寄せたのだから、
佐藤寿人を最低15分は使ってほしい。
寿人はいつも出ても5分くらいでかわいそうだったから。

もちろん、駒野も出してほしい。

宮市は次も出番なしかなぁ。
宮市とか永井のようなタイプは格上と戦って押し込まれる時に有効なのだから、
使うなら今回のような対戦なのだが、
今回は乾を長く試すほうが優先かな。 


以上、追記なし。
 
 「日本代表」の関連記事





-Entry Top-

思いついた順に書いて行ったらボランチが最後になってしまった。

現在、それほどインパクトのある活躍をしているボランチは見当たらないが

試してみたい選手はいるので書いてみる。

 

■ボランチ

□青山敏弘

現在首位を走る広島の原動力となっているボランチ。

広島の攻撃のスイッチを入れているのはこの男。

広島のゴールシーンのリプレーは青山から始まることが多い。

自陣側センターサークル付近からシュートを決めるほどの

視野の広さと正確なキック力も持つ。

前線の寿人へのスルーパスが敵陣を真っ二つに切り裂く様は

遠藤を彷彿とさせ、

遠藤のバックアップとして試す価値はある。

年齢的には細貝と同世代にあたり、
サイズもあまり変わりない。

このまま長谷部、細貝が所属クラブにおいて

ボランチ起用されないままであるならば

遠藤とのコンビ起用も視野にいれるべし。


□柴崎岳

私が触れるまでもなくポスト遠藤の一番手とも言える選手。

五輪代表ではチームに組み込まれるタイミングを逃し、

Jリーグでは上々のパフォーマンスを見せながら

惜しくも代表を逃した。

スピードがあるわけではないが相手を嘲笑うかのようにかわしていくドリブル。

圧倒的な広い視野を感じさせるロングパスと、正確なキック力。

そして他のボランチとは一線を画すゴール付近での落ち着き。

さらには無回転ミドルや想像力あふれるパスといった技術力もある。

守備力も小笠原を見本にして急速に高めつつある。

彼のプレーを見ると、鹿島サポーターが羨ましくなり、

宮市を英才教育するなら、柴崎にもしてくれと言いたくなる。

同世代には扇原というサイズの大きなライバルがいるが

柴崎こそ将来の代表の柱になれる選手だと思う。

落ち着きのあるプレーぶりは一種独特の雰囲気があり、

メンタルの強さを感じる。

そしてチームの窮地を救ってくれるような期待を持ってしまうのだ。

性格としては

自分の意見をはっきりと主張するらしく、

万人ウケするタイプではないが、本田圭佑にはかわいがられるタイプだと思われる。

早めに代表に呼んでチームに馴染むか試してみてもいいと思う。


□米本拓司

彼は現在進行形で輝いている選手ではない。

試合には出ているが、繰り返した大怪我からの復帰途上にあるといっていい。

しかし、彼が輝いた2009年シーズンの印象が鮮烈に私の記憶に残っている。


いとも簡単にボールを奪い取る、その姿からはワールドユースに出た頃の今野が思い出され、

新たな中盤の守備職人の出現に心が躍ったものだ。

そして彼は守備だけでなく攻撃力も高め続け、

ナビスコカップ決勝では決勝のミドルシュートを決め、

MVPとニューヒーロー賞のダブル受賞を果たした。

将来の代表のボランチの一角は彼が占めるはずだと、

あの時、多くの人が思ったはずだ。

その後、大怪我を繰り返し、その成長曲線は順調ではなかったが、

ようやく今シーズン、上方に向かい始めた。

まだまだ彼本来の力を発揮できているとは言えないが、

彼がかつての自分を超え、味スタで躍動する時が来たなら、

それは、彼が代表のユニフォームに袖を通す時が来たことを意味する。




        以上、追記なし。

 
 「日本代表」の関連記事





-Entry Top-
佐藤寿人が日本代表に復帰した。
前田遼一左太ももの怪我という理由だけに、喜んでばかりもいられないが。

かつて我らがベガルタのストライカーであり偉大なキャプテンであった寿人
彼と共に昇格したかったが、当時のベガルタの財政状況、
そしてストライカーとして旬を迎えた寿人をこれ以上J2に留めるべきではない
ということを考えればサンフレッチェへの移籍は仕方のないものだった。

移籍後も彼は応援の対象であり続け、
サンフレッチェがJ2に降格した時には何のための移籍だったのかと悔しかったものだ。
その寿人が約2年8ヶ月ぶりの代表復帰。
非常に感慨深いものがある。


 Jリーグにおいて常にトップクラスの数字を残し続けてきたにもかかわらず、
代表監督の求めるフォワード像に合わなかったのか、
オシム時代以外は代表に定着したとは言えず、
これと言った活躍もなかった。
Jリーグの活躍度から考えると藤田俊哉と並んで代表での実績が乏しい選手と言える。

ここ数年1トップが定着した日本代表のフォワードの枠はもともと狭く、
比較的プレースタイルが(かつては)近かった岡崎慎司がレギュラーに定着すると、
他のフォワードはサイズの大きな選手が選ばれ、
ザッケローニ時代になると前田遼一李忠成ハーフナー・マイクといった
サイズの大きな選手がフォワードの枠を占めた。
フォワードの枠から追い出された岡崎はサイドハーフもこなせるために
南ア以降も代表に定着できたが、寿人には一向に声がかかる気配さえなかった。
続きを読む↓
 




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。