/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > 優勝争い


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-

Jリーグ 第31節 (2012・11.07) at ユアテックスタジアム仙台

ベガルタ仙台 1-1 セレッソ大阪


広島の試合を見ながら、
得点経過を見て、負けを覚悟していたが、
また菅井直樹がやってくれた。
キャプテン・梁勇基の完璧なCKからの打点の高いヘッド。
スーパースコアリングディフェンダー菅井くんの本領発揮である。


ホームだし、勝ち点3の方がいいに決まっているが、
この勝ち点1が優勝につながるかもしれない。
得失点差で負けてる以上、勝ち点で上回らなければいけないのだから。
その意味では勝ち点差を3ではなく、
1試合で抜ける可能性のあるにとどめたことは大きい。


しかし、前半圧倒的に攻めていたことを考えるともったいない試合だったかも。
同点弾の後にもウィルソンのポストにあたるシュートがあったので、
どうせなら入ってくれてもいいのになぁ、とは思った。


残り3試合で勝ち点2差。
できることは全部勝つこと。
アウェイが2試合あるが、それは広島も同じこと。
盛り上がってきたなぁ。
なんだか、J1初昇格に近づいていた頃を思い出す。



以上。追記なし。

スポンサーサイト
 





-Entry Top-

Jリーグ 第29節    (2012.10.20) at ユアテックスタジアム仙台

ベガルタ仙台 3-2 浦和レッズ 


こちらも試合中継は見られなかったので、Jリーグタイムを見ての記事です。


【試合開始前のスタジアムの映像】
ベガルタ側の黄色さはいつものことだが、
アウェイ、レッズ側の赤さがまたすごい。
あれでも昨年よりアウェイ席を減らしたらしい。

昔、J1初昇格の頃はレッズやアントラーズ戦になると
交通の便の悪い宮城スタジアムでの開催だったが、
もうやらなくなったのかな。

あれはW杯向けに作ったからには使ってくれ、
という自治体なりの希望を受け入れたからだと思うが、
見に行くサポーターにとっては迷惑以外の何物でもなかったな。

熱いレッズのサポーターと声の響くユアスタで優勝を争う一戦ができるという幸せ。
サポーターというのは長く続ければ続けるほど味わいが深くなるものだ。



【仙台の1点目】
赤嶺はほんとにマークを外すのが上手い
センタリングからのヘディングでのゴールの多さはJ屈指ではないだろうか。

FC東京は今頃、というより昨年からずっと
赤嶺を出したことを後悔し続けているのではないだろうか。

平山は昨年ついに覚醒したかと思えば怪我して、未だに復帰してないし、
マリノスから獲得した渡邉千真はいつまで経っても交代要員。
というわけで、ルーカスに頼りっきりだもんなぁ。

でも、絶対に返さないもんね。
 

【ウィルソンの2得点】
最近ややおとなしかったウィルソン2得点1アシスト
大事なところで結果を出してくれた。
そんなにたくさんチャンスを作れるチームではないだけに、
ウィルソンの丁寧で正確なシュートは大きな助けとなる。

残り5節、赤嶺と二人で大爆発してほしい。


【林のビッグセーブ】
後半40分のマルシオ・リシャルデスの決定的なシュートを
が止めてくれた。

パッと見、マルシオが林の左手にあててくれたように見えたが、
リプレイを見ると、
林が左に動きながらも一歩大きくマルシオの方に近づいて、
マルシオから見て左サイドのコースを完全に切っているように見える。
コースを限定しておいたから成し得た左手一本のビッグセーブ。
GKのテクニックを感じるプレーだった。

林は先日の清水戦のポロリのミスを挽回したといって良いのではないかな。


【優勝争い】
広島が柏に負けたため、勝ち点54で並んだ。
一時は勝ち点5差になったのでかなり厳しいと思われたが、
この2試合で一気に詰めた。

しかし、まだ並んだだけで得失点も3点負けている。
勝ち点6開いた3位以下のチームに引導を渡すためにも、
残り5節全部勝つつもりで臨んでほしい。


     以上、追記なし。

 




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。