/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > 大野忍


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-

なでしこリーグ 第18節 (2012.11.10)  at 長居スタジアム

INAC神戸レオネッサ 4-0 日テレ・ベレーザ 


めったにないベレーザの試合を見られる機会なので視聴。
BSフジはINACの試合しか放送しないので、
BSスカパーの無料体験が終わると他の対戦はほぼ見られなくなった。

日テレ・ベレーザは昔から好きだったわけではなく、
スカパーの試合中継を見る中で、
テクニックを全面に押し出すサッカーに好感を持ってから。

また、INACに対抗するチームとして浦和レッズレディースとともに
強くあって欲しいという思いもある。
澤や大野たちがINACに移籍する前は一人勝ちだったのでむしろ嫌いだった。


○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○


注目の選手は原菜摘子

彼女の試合中の立ち姿が美しく、
ボールタッチのリズム、軽やかさに
読売の匂いを強く感じるからだ。

技術的には十分に代表レベルだと思うが、
国際試合を考えると線が細すぎるか。

まだ23歳と若いので代表に絡めるように頑張ってほしいところ。




【始球式】
又穂希、ノリ佐々木は場違いだったな。
又吉はサッカーを知る者として場違いな雰囲気を感じて
終始ビビり気味で大人しかったが、
吉村はそれをカバーしようと思ったか、
どうでもいいことを叫び続け、
場違い感を増幅させていた。
優勝がかかる試合でも決行したのだろうか、あんなおふざけ。

○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○

【前半】
完全にINACのゲームだった。
ベレーザはほとんどボールをつなげなかった。

INACの守備が厳しく、
中盤でほぼホールを奪われてしまう。

期待の原菜摘子をはじめ、木龍七瀬、永里亜紗乃はほぼ消えていた。

前目の選手ではベテラン小林弥生だけが攻守に目立っていた。
前線から最後尾まで左サイドを積極的に動き回っていた。
若い頃は走らない選手だったのだが、
あんなに走る選手に変われるものなのだな。
感心した。

○ーーーーー○ーーーーー○

1点目はオフサイドが疑わしく、
線審が旗を上げたため、
野田朱美監督をはじめ、
ベレーザ選手たちも納得がいかないようだったが、

リプレーを見ると
DF土光真代の頭にあたっておりオフサイドではない。
また元々ゴーベル・ヤネズもオンサイドだった。


2点目は大野忍チ・ソヨンのレベルの高い技術の結合だった。
大野の体をうまくディフェンスにぶつけたボールキープから
パスを受けたチ・ソヨンの強烈なミドルシュート。
GKが手にあてたが、弾くことができずゴールイン。

ベレーザは守備の人数が揃っていて
それほどスペースを与えていなかったが、
大野の巧みなボールキープと
チ・ソヨンの狭いスペースでも振り抜けるシュート感覚と
キックレンジの広さが合わさったハイレベルなゴールだった。

あれは相手を褒めるしかない。

○ーーーーー○ーーーーー○

INACで目についたのは近賀ゆかり

なでしこジャパンの時にも思うが、
彼女の上下動の多さは半端ではない。
いくらINACがボールが持てるチームだとはいえ
あんなにゴール前に進出するサイドバックなどそうはいない。

それでいてディフェンスも堅いのだから
文句のつけようがない。

INACでもなでしこでも
彼女からレギュラーを奪うのは相当難しい。


○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○


【後半】
2点リードしてINACがペースを落としたのか
前半よりボールをつなげるようになり、
前線へもボールが入るようになった。

永里亜紗乃も開始早々のシュートをはじめ
ボールを触る回数が増え、
得点チャンスが生まれそうな気配はあった。

が、もう一手でチャンスが作れそうな状況ができると
澤穂希が現れてボールを奪っていった。
勝負どころを知り尽くした女王の円熟のプレーだった。

そして、小林弥生が決定機を外すなどして
得点できないうちに 追加点を奪われ勝負は決した。

その後は高瀬愛美永里亜紗乃の得点王争いに焦点が移り、
お互いにチームメイト達がお膳立てしようと奮闘したが、
両名とも無得点に終わり高瀬愛美が2012シーズンの得点王となった

○ーーーーー○ーーーーー○

3点目は高瀬のスルーパスから
左サイドを抜け出したゴーベル・ヤネズが丁寧なクロスを入れ、
川澄奈穂美がボレーで合わせたきれいなゴール。

まるで練習のようにあっさり決められた。
リプレーを見ると高瀬からヤネズにパスが出た時には
川澄はマークを外して走り出していて、
マークにつくべきディフェンダーはオフサイドトラップを仕掛けて
ヤネズのオフサイドをアピールしていて出遅れていた。

確かに高瀬からヤネズヘの一度目のパスのタイミングの時には
ヤネズはオフサイドポジションにいたが
高瀬が一呼吸ドリブルを入れたために
ディフェンスラインが下がってオンサイドになったのだ。
高瀬の隠れたファインプレーだった。


4点目は
高良亮子のスルーパスで大野が抜け出し、
グランダーのマイナス方向へのラストパス。
途中交代で入ったばかりの中島依美
須藤安紀子のブロックを物ともせず
左ゴール隅に叩き込んだ。

これも相手を褒めるしかない。
集中力の欠如ではなく、
単に相手の力が上だっただけ。


○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○

■別格だった大野忍の存在感
この試合で目立った体の使い方をはじめ、
ドリブル、パス、シュート全てにレベルが高く、
運動量もある。

きっと大野はなでしこリーグは物足りなく感じているだろう。

フランスやドイツのリーグが一概にレベルが高いとはいえないが、
日頃から体の大きなディフェンダーを相手にすれば
また能力を伸ばすことができるだろうし、

ワールドカップ、オリンピックで優勝、銀メダルと結果を残し、
次のワールドカップまで時間が開くことを考えると、
スポーツ選手としては刺激が必要な時期に思える。 

サッカー選手としてピークにあると思われる今、
海外移籍をする良いタイミングだと思う。

INACもオファーがあれば容認する姿勢のようだし、
ぜひ海外移籍に踏み切ってほしい。





日テレ・ベレーザが4-0で負け、勝ち点15差の2位。
ヤングなでしこに7名を輩出した浦和レッズレディースも
取りこぼししまくって勝ち点24差の4位。

戦力的にINACと競り合うべき2チームがこの有様では、
なでしこリーグの活性化は望めない。

来季に向けて選手補強と戦術、戦略の向上を図って 
何とか3強を形成できる状況に持っていってもらいたい。

INACの一人勝ちでは、なでしこブームはすぐに過ぎ去ってしまうから。

誰か奇特な金持ちいないかなぁ。
世の中には詐欺に4億円も渡す人もいるのだから。
女子サッカーに億単位のお金を出す人いてもいいのになぁ。



以上。追記なし。
スポンサーサイト
 





-Entry Top-
あきらめない強さ (2)

 
後半頭からアメリカはCheneyに代えてMorganを入れる。
前半半ばまではCheneyはかなり目立っていたのだが、交代の意図は何だろう。
 
:ルックス的にはかなり俺好み。でも活躍はしないでほしいなぁ。
 
後半開始を待つ澤がとても静かな顔をしていた。
どんな心境なのだろう。
少なくともあと45分。思いっきりプレーしてほしい。


■後半
3分
スローインからの流れでO Reillyが右サイドから速いグラウンダーのクロスを入れ、Morganが合わせるがポストにあたり、さらに海堀にあたってゴール中央にこぼれ押し込まれそうになるが、が何とかクリア。
 
 
:よく入んなかったなぁ、今の。ほんとに何か見えない力が働いているとしか思えんなぁ。
  ポストにあたってから海堀にあたったのにゴールと逆に向かうスピンがかかってたもんな。
  ミラクルだよ。海堀にまともにあたってたら入ってたよ。
 
 
7分
自陣で川澄がボールを奪い、大野に預け、大野がドリブルで攻め上がるがペースダウンしたところで囲まれ、ボールを奪われる。
 
:そのまま抜き切って右サイドに抜けてもいいように見えた。
  そこから近賀を使うなり、中央にセンタリングするなりできたと思うのだけど、結果論かな。
 
 
7分
大野からボール奪ったRapinoeが前線へ縦パス。Wambach熊谷とうまく入れ替わって左足でシュート。大きく外れる。
 
:ほんとにこの人は油断も隙もありゃしない。生粋のストライカーだね。
  いつボールが出てきてもいいように気持ちの準備ができている。
  今年から東北でプレーしているFWに見習ってほしいよ。今更だけど。
 
 
8分
大野が中央をドリブル突破。安藤にラストパスを出すが、トラップが後になり潰される。
 
:惜しい!このラインは今日は惜しいところまでしか行かないのか?
 
15分
敵陣で澤がボールを奪い浮き球のスルーパス
近賀が抜け出すがシュートは枠に行かず
 
:これは行ったと思ったなぁ。
:澤のラブリーなスルーパスだったのに。
  近賀は胸でワントラップしてもっと近くから低いシュートを狙ってもいいように見えた。
  ドライブシュートを狙ったのだろうけど、後から来たあのボールをノートラップで打つのは難しいよ。
 
18分
澤がクリアボールを拾い、自陣からスルーパス安藤が完全に抜けたように見えたがオフサイドの判定。
 
:オフサイドじゃねえじゃんよ。千載一遇のチャンスだったのに。
:澤は安藤より右にいた川澄を狙ったように見えた。
  川澄だったらオンサイドだった。
  しかし、安藤の動き出しも秀逸だった。
  そろそろ点が欲しいところだっただけにとても悔しい判定だったなぁ。
 
 
19分
O Reillyがなでしこ陣内中央やや右からペナルティエリア内に柔らかいボールをフィード。
Wambachが頭で合わせたシュートは枠内に向かうが、海堀がかろうじてゴール上に弾く
 
海堀、神!
:止めた海堀も、あの体勢で枠にボールを飛ばすWambachもすごかったけど、
  あの状況でWambach目がけてボールを入れたO Reillyの選択が不思議だった。
  スローで見ると、Morganが少し下がってWambachの前にスペースを空ける動きをしたあたりで
  パスの体勢に入っていた。
  Wambachは熊谷の前にいたので右寄りにパスを出せばWambachがはじめに触れる位置にいたが、
  決してフリーではなく普通に考えれば一発でシュートに持っていける状況ではなかった。
  それでもボールはペナルティスポットのあたりに飛んだ。
  普段からWambachがあのような状況で競り勝ってシュートに持っていけるのか。
  それとも、シュートの瞬間、先に動いていたMorganがどフリーだったので、
  Wambachにはそこに落として欲しかったのか。
  いずれにせよ、興味深い場面だった。
 
ちなみに、このシュートまでで私がやられたと思った場面は5つ目。
つまり5-0で負けていてもおかしくない展開なのにスコアは0-0
日本が先制して勝つためのシナリオを誰かが書いたとしか思えない展開だ。
続きを読む↓
 
 「なでしこジャパン」の関連記事





-Entry Top-
あきらめない強さ (1)


 女子ワールドカップinドイツ   決勝inフランクフルト  (2011.07.17)

日本 2-2 アメリカ
         PK 3-1



時系列に書いていったら膨大な量になったのでいくつかに分けます。
まだ90分が終わった所までしか行ってない。
4つくらいになりそうな気配。



誰一人予想できないような劇的な展開でなでしこジャパンが

世界一

になりました。

こんな展開、キャプ翼でも描けないでしょう。
事実は小説より奇なり、とはよく言ったもので、
現実の方がドラマティックなことも多々あるのです。
 
私の予想は勝つにしても負けるにしても2-0でした。
 
勝つとしたら、0-0でしのいで後半20分くらいに先制、
相手が焦って攻めに出たところでなでしこ全開のパスワークで崩して追加点で心を折り、
あとはいなしてゲームをクローズといった展開。
 
負けるとしたら、前半の早い段階で高さでやられて1-0、
勢いに乗ってカウンターで追加点で2-0、日本に攻め手を与えずシャットアウトといった展開。
 
 
以上のような予想でしたが大はずれ。
というか、あの展開は予想できる人はいませんって。

良くも悪くも予想を裏切った展開で試合は進みました。
終わってみれば、それはなでしこが勝つためのシナリオがあったと思えるほど劇的な展開でした。
 
 
世紀の大一番なので、時系列に真面目モード、おふざけモードごちゃまぜ全開で行きたいと思います。
 
 
ジオの心の声挿入でお届けします。
観戦ジオ(以下、):スタジアムで見てる気分で好き勝手につぶやきます。
解説ジオ(以下、):素人なりになんちゃって解説します。
おふざけジオ(以下、):くだらないことに目をつけてつぶやきます。
 
時々、唐突に素の文が入りますが、あまり気にせずにお読み下さい。



     前半
0分
アメリカがディフェンスラインの裏目がけて縦にボールを放り込むと、岩清水が対応を誤り
Cheneyに抜け出され至近距離でシュート。海堀が足で防ぐ。
 
:危ねーよ、イワシ! 半端なプレーしてんじゃねえよ。
  甘いところ見せたらやられるぞ!
  その前の宮間もいきなり大きく蹴るんじゃねえよ。
  競れる位置に味方がいねえんだから、相手にプレゼントするだけじゃん。
 
 
3分
相手陣中央でがボールを奪い、安藤へスルーパス
 
:惜しい。安藤もいい動き、やはり今日は点取るかな。
  澤はもともと攻撃的MFだからこういうパスがうまいのです。
 
7分
Boxxが左サイドのRapinoeへロングパス。
近賀が対応するが、Rapinoeは近賀を抜き切らずにクロス。
Cheneyがニアサイドで合わせるが、枠を外す。
 
:危ねえよ。
:押されてるなぁ。先制されなきゃいいが。
 
10分
近賀が縦にロングボールを入れるが大野にはつながらず。
 
アメリカのディフェンスの出足がいいし、中盤もコンパクトなのでボールを奪ってももすぐに取り返されるし、
  パスの出しどころがない。
  かと言って、ロングボールを蹴っても高さ、スピードで勝てないのでつながらない。
 
10分
アメリカが右サイドからパスを回し、Wambachがヘディングを狙い、こぼれ球をLloydがミドルシュート。ゴール上に外す。
 
:攻撃の糸口が見えず、攻撃されっぱなしだが、アメリカはラッシュをかけてる状態。
  必ずペースが落ちる時が来るから、それまで我慢するしかない。
  にしても、いいようにやられ過ぎだ。
  一発やり返さないとズルズルやられるぞ。
 
11分
左サイドで宮間鮫島にパスを出すが、やや長く鮫島がキープできない。
アメリカは奪ったボールを素早く前線に運び、Cheneyが右サイドから抉り、走り込んできたRapinoeにパス。
岩清水が近くにいたものの、Rapinoeはフリーの状態でシュート。
うまくミートできず、ゴール右に外す。
 
:完全にやられたと思ったよ。外れるように見えなかった。
  Rapinoeってのは速いなぁ。
 
:アメリカの猛攻にディフェンスがテンパッてるように見える。どこかで落ち着かせないとヤバいぞ。
 
 
16分
近賀が自陣で阪口へのパスを狙うが、Wambachがパスコースに素早く入ってカット。
Lloydが遠目からシュートを打つが、ゴール上に大きくフカす。
 
近賀、何やってんだよ。相手いるだろうが。そんなとこでチャレンジのパス出してんじゃねえよ
 
 
17分
RapinoeCheneyとのワンツーで左サイドを突破。
中央のWambachに合わせるかと思ったが、シュートを選択。強烈な一撃がポストを叩く
この場面、近賀がオフサイドを狙ったが、うまくすり抜けられた
 
:おいおい、完全に崩されちゃったじゃん。勝負になってないよ。
  ミス多過ぎ
あの場面でシュートを狙う日本人選手はいない気がする。恐ろしいなRapinoe
 
18分
澤のチェックも簡単にかわされ、右サイドからクロスを上げられる。
 
:アメリカは高くて速いだけかと思ってたら、けっこううまい
  技術でも上を行かれたら為す術なくなるぞ。
 
21分
左サイドで大野が遠目からシュート。
 
:やっと1本返した。とりあえずシュートを打っていってリズム引き寄せないと。
  大野は段々調子上がってきてるから今日も期待できるかな。
 
22分
左サイドから宮間がクロスを上げるが誰にも合わず
 
人に合わせろよ、宮間!今は最高のプレーじゃなくても先制点が必要なんだよ。
:宮間はボールを持ってからクロスを上げるタイミングが非常に早い。
  その分、コントロールが雑になっている気がするのだが素人考えかな。
  クロススピードもとても速いが、もう少し柔らかいボールでもいい気がするのだが。
  まあ、宮間のクロスに合うように動き出しを早くした方がレベルは上がるのだけどね。
 
アメリカはボールを早く動かしてサイドで勝負している。
なでしこのディフェンスがついていけていない
またチェックも早く、セカンドボールも拾われ、攻撃が分厚くなっている
アメリカのペースがなかなか落ちない。先制するまでこのペースで来る気だろうか。
なでしこはダウン寸前に見える
続きを読む↓
 
 「なでしこジャパン」の関連記事





-Entry Top-
 すごいッス、澤さん!!!


女子ワールドカップ2011inドイツ グループリーグ第2戦 (2011.07.01) in レバークーゼン
 日本 4-0 メキシコ   
 

■圧巻のハットトリック
 これまでの実績だけでも充分に伝説的な選手だった澤穂希
 このハットトリックにより完全に伝説になってしまった。

 出だしから動きがいいな、とは思っていた。
 プレスの出足が早く、前線から中盤にかけて広範囲に動き回っていた。
 調子良さそうだな、と思っていた矢先の先制ゴール。
 左サイドからの宮間のFKをファーで合わせた。
 そんなに背が高いわけではないが、比較的ヘディングによるゴールの多い選手である。

 2点目は、これぞ“澤ゴール”という形だった。
 相手の前に出て頭で擦らす、あの形を今まで何度見たことだろうか。
 もう“澤スペシャル”と呼んで差し支えないと思う。
 
 もうハットトリックしちゃえば、と思っていたが
 3点差あるからもう点取りには行かないかな、とも思っていた。
 しかし後半35分にその時は訪れた。
 右サイドをパス交換で近賀が突破し、ゴール前の澤へパス。
 待ち構えていて右足でシュート。
 まさに千両役者。いるべき時にいるべき場所にいる

 まるでゾーンに入ったかのような澤の活躍だった。
 攻撃だけでなく、ボール奪取時においても抜群の動きだった。
 NZ戦の動きが悪く、心配していたが、
 あれからわずか数日でこれほどの輝きを放つとは想像だにしなかった。
 この数日で何が起こったのだろう。
 それとも特に大きな変化はないがいろんなことのかみ合わせが重なって
 たまたまこの日に良い方に出たのだろうか。
 気になるなぁ。
 NHKでドキュメンタリー作っててくれないかなぁ。
 Numberも記事書いてくれ、頼むよ。
 名将特集の次はなでしことU17で緊急特集号にしましょうよ。


 ところで、この試合の得点で釜本邦茂の得点記録を超えたらしい。
 主力をヨーロッパ組が占めるようになった男子では、
 この記録を超えることはもうないだろうと思われる。
 プレーだけでなく、記録の面でも澤は伝説になった。
 

 観客に澤に対するスタンディングオベーションをする機会を与えた佐々木監督、ナイス判断
 まだ日本には定着していないですが、ぜひ定着してほしい習慣です。 

 
 
     大野も上手かったよ
大野
の2点目は上手かったね。
永里のポストプレーから、“トトーン”という絶妙なタッチで抜けだしたファインゴール。
ああいうボールタッチ、好きです。
NZ戦ではチャンスで枠に行かなかったのが悔しかっただろうから、
汚名返上となるファインゴールだったね。
 
このゴールでほぼ勝負は決した感があった。
まだ前半15分であったが、なでしこが攻守に力の差を見せつけていたので、
相手の心を折るのに
2点は充分な得点だった。
 
ところで、個人的には安藤よりも大野のプレーの方が好きなので、
いつも岩渕と代わるのが納得がいかない。
岩渕と大野が絡んだ方がおもしろそうなのに。
 
 
     岩渕は出さなくても良かったんじゃないか
彼女はいわゆる“スーパーサブ”である。
得点のほしい時に投入する選手なのに、
別に点が入らなくてもいい展開で出さなくても良かったのではないかと思うのだ。
だったらファーストオプションではないが今後主力にアクシデントがあった時に出す選手を
試した方が良かったのではないか。
 
まあ、初戦に出ていない川澄、宇津木を出したのだから
佐々木監督も同じようなことを考えていたとは思うが、岩渕だけは続けて出したのはなぜだろう。
途中から出るというリズムを変えないためだろうか。
 
 
     ついてなかった永里
この日の永里はあと一歩のところで得点を逃し続けた。
 
特に前半終了間際にオフサイドの判定をされた場面は
絶妙の飛び出しとトラップだっただけにかわいそうだった。
 
この人はトラップが上手いなぁ、とこの試合で印象に残った。
2点目の場面でも、岩清水からのロングパスをピタっと足元に止めて
大野へのアシストにつなげた。
こういう試合展開なら彼女にも2点くらい取らせてあげたかった。
 
ところで、
最近、フリーライターの江藤高史さん(@etotkashi)のリツイートをきっかけに
彼女のツイートをフォローし始めたが、
やたら観念的なつぶやきばかりなのだ。
ほんとに本人がつぶやいているのか疑問を覚えた。
信仰心の厚い人なのかな、とも思った。
   しかし、この試合も国歌斉唱の時にカメラで抜かれていたアシシさん(@4JPN)


なでしこのエース、永里優季( @turbine17 )のW杯本大会に入ってからのツイートが、やけに哲学入ってたり、突然ぶっ飛んだ内容呟いたり、何か一風変わった人みたいですが、実際会ってみると彼女は至って普通の女の子ですからね。と、意味もなくフォローしてみるw


   とツイートしていた。
   フォロー止めようかと思っていたが、アシシさんを信じてもう少し続けてみる。

 
      グループステージ突破!
   U17といいなでしこといい、世界大会でゴールラッシュが見られるとは日本も強くなったもんだ。
   いつの日か男子のフル代表でもこんな試合が見てみたい。
 
   さて余裕のグループステージ突破で次に気になるのはセカンドステージの組み合わせ。
   グループBの日本はグループAの1位か2位とあたる。
   すでにドイツフランスが突破を決めていて、得失点差でフランスが1位。
   大会前はドイツと準々決勝であたらないように日本も1位抜け必須と考えられていたが、
   調子が上がらない世界王者ドイツと好調のフランス、
   どっちとあたってもかまわないのではないか、と感じる。
 
   フランスはヨーロッパチャンピオンであるオリンピック・リヨンの選手を多く抱えているし、
   12番のThomisというとんでもない飛び道具もいるし、
   17番のThineyはきれいだし、
   かなり手ごわそう。
   むしろ、調子が上がる前にぶつかった方がドイツに勝つチャンスが大きいのではないか。
   ドイツにも女子サッカー界の大ボスPlinzやサッカー界のデミ・ムーアBajramaj、
   そして映画「サイコ」を思い出させるGarefrekesと強者ぞろいではあるけどね。
 
   また、イングランド戦で負けないと2位になることはできないので、
   準々決勝の組み合わせを考えて負けるようにプレーするというのもプレーしづらいだろうし、
   チームの調子を崩しかねない。
   むしろ、順位を気にせず、疲労度の高い選手を外して
   フレッシュな選手でスタメンを組むのも良いかと。
   メダルを目指しているなでしこは決勝か3決まで戦う予定なはず。
   調子のいいスタメンを変えるのは勇気がいるかもしれないが、
   メダルあわよくば世界一を目指すのであれば、
   次の試合は半分捨てても良いのでは、と私は思う。
 
  

以下、余談です。いつもくだらないですけど、ぜひ読んで下さいね。

続きを読む↓
 
 「なでしこジャパン」の関連記事





-Entry Top-
女子ワールドカップ2011inドイツ  グループB (2011/06/27) in ボーフム
 
日本 2-1 ニュージーランド  
 

【とりあえず勝ち点3】
元・川崎フロンターレの鄭 大世が所属し、 
かつて小野伸二も在籍した
Vlfボーフムのホームスタジアムでなでしこジャパンの初戦が行われました。

辛勝でしたね。
宮間の遠藤ばりのFKがなければ引き分けに持ち込まれていたでしょう。
 
開始早々に鮮やかな先制点が入った時には3-0くらいの楽勝かな、と思いましたけど。
男子に比べると精度は低いものの、
ピッチをワイドに使った攻撃は
縦の放り込み一辺倒の
NZのサッカーと比べて二段階くらい差があるように感じました。
 
ただ、初戦の堅さからか暑さからか中盤でパスを引っかけられることが多く、
ショートカウンターを食らうことも多かったですね。
 
そして、早い段階で同点に追いついたことでNZが勢いに乗ったこと、
追いつかれたことによりなでしこに焦りが出たことにより
NZに流れが行きました。
 
それでも前半のうちにいくつか決定機をつかんでいたので、それを一本でも決めていれば、
また楽な展開に持ち込めたと思いますが、それは結果論ですね。
しかし、
自陣からの美しいパス回しから阪口がポストにあてたシュートと
CKを岩清水が折り返し永里が打ったゴール前を横切ったヘディング、
この2つは決めなければいけないシュートだったと思います。
 
 
前半の得点を振り返ると、
 
なでしこの1点目は大野の絶妙なパスカットで勝負あり。
至近距離からどこにパスを出すか読み切っていた大野に拍手
そして永里への美しいループパス、半分以上は大野の得点でしたね。
もちろん、永里の左足のシュートもGKの動きをよく見たいいシュートでした。
 
NZの得点はなでしこのディフェンスの甘さが招いたものでした。
ディフェンスラインから簡単に裏にボールを通され、
クロスを上げる選手への寄せが甘く、精度のあるボールを上げられ、
ファーサイドで待ち受けるハーンにどフリーでゴールに押し込まれました。
最後は長身の選手にヘディングで入れられましたが、高さでやられたわけではなく、
誰があそこにいても入れられていました。
完全になでしこが自滅で与えた得点でした。
 
 
後半も前半の終盤からの停滞した流れが続きましたが、
岩渕真奈の投入で流れが変わりましたね。
ちょうどNZが暑さでヘバッて来たところでの小柄なドリブラーの投入は抜群に効果がありました。
ゴール前でパスを出す相手の選択を間違えていたのが玉に瑕でしたが。
思わず「そっちじゃないだろ~!」とテレビに向かって叫んでしまいました。
まだ視野が狭いのでしょうかね。
この大会を通して大きく成長してほしいものです。
 
とにかく、このちびっ子ドリブラーに対応できないNZディフェンス陣。
岩渕のキレキレのドリブル
エリアのギリギリ外でキャプテン、レベッカ・スミスが引っかけてくれました。
 
蹴るのはもちろん日本が誇るミラクルブーツ・宮間あや
こういう所でよく決めるんだよなぁ、この人。
と思った瞬間に入ってました。
ややコースは甘かったものの、女子のGK相手ならこれで充分。
蹴られたボールの軌道は遠藤保仁を彷彿とさせるものでした。
そして、決めた後のニコリともしない宮間の表情は男前でした。
兄さんと呼ばせていただきます。
 
その後は運動量の落ちたNZをサイドでのボールキープでいなし、
最後のFKでちょっとヒヤッとしたものの、スコアは動かず。
 
 
堅くなる大会初戦、そして高い気温の中、
自分たちのサッカーはできずとも勝ち点3を取ったことがまず大きいですね。
メダル獲得に向けては、ここから徐々に調子を上げていかなければならないのですから、
本調子でないのはかまいませんでした。

ただ調子以前に意識次第で改善できる点は早急に改善してもらいたいです。
この試合で目立ったのはディフェンスの不安定さ。
特に
序盤に不安定なプレーが見られたGK海堀
危険なバックパスのあった左SB鮫島の二人には次戦に向けた猛省をお願いします。
またマークの徹底も。
マークに着いていても上から決められたのなら仕方ありませんが、
マークが甘くて決められたのでは諦めがつかないからです。

また、澤が目立たなかったのも気になります。
絶好のシュートチャンスでもうまくミートできていなかったし。
澤に頼らずに勝てたことはいいことですが、
今後勝ち進む上で澤が決定的なプレーをする場面が出てくるはず。
トーナメントに入ってから真価を発揮できるように調子を上げてください。
 
 
さて、次戦はメキシコ
実力上位のイングランド相手に粘りのサッカーを展開し、
意外性のあるロングシュートで引き分けに持ち込んだ好チームです。
油断すれば十分に負ける可能性のある相手。
体格では差がないのでフィジカルは言い訳になりません。
逆に言うと、なでしこの普段どおりのワイドなサッカーがかみ合う相手だと言えます。
初戦よりもう少し丁寧につないでゴール前の精度を上げれば大勝もありうる。
ぜひとも快勝で1次リーグ突破を決めてもらいたいです。
 
 
以下、余談です。
 
 
  
続きを読む↓
 
 「なでしこジャパン」の関連記事




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。