/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > 小林大悟


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-

Jリーグ 第33節 (2012.11.24) at 等々力陸上競技場

清水エスパルス 1-2 川崎フロンターレ 

■持ってない大悟
サンフレッチェ広島の優勝の陰でひっそりと3連敗。
他の方のブログを読むと内容は良かったらしいが、
Jリーグタイムしか見ていない私には
小林大悟のポストあて2本しか印象に残ってない。

前にも書いたが、
今年の大悟は持ってないのがこれではっきりした。
ただ、ああいうシュートが撃てるということは調子は上がってきているということ。
来季は是非、万全の体調で臨んでもらいたい。


■元気そうだな矢島
今季序盤は代表に絡むんじゃないか、
と思えるくらい調子が良さそうだった矢島卓郎
元エスパルスの選手はなんとなく気になるもの。

その後、怪我でもあったのか、しばらく出場はなかったが、
前節から戻ってきたよう。
元気そうなのはいいが、
エスパルスとベガルタからは点を取らないでもらいたい。


■残るは賞金のみ
ACL出場権も可能性が消滅し、
残るは賞金圏内の7位に入ることくらいしか目指すものがない。
しかも、それもかなり厳しい。

ちょっと前までは4位フィニッシュでもいいか、なんて思っていたが、
下手すると二桁順位もありうる。
今季のJ1がそれだけ混戦だったということではあるが、
この位置でフィニッシュすると
果たして今季が良かったのか悪かったのか判断しかねるなぁ。

まあ、シーズン総括は最終節の後にすることにして、
とにかく最終節のホームでの試合、
驚異の残留力を発揮しているアルディージャを倒して、
スッキリとシーズンを終えてほしい。


■改修する等々力
改修に入るため、この試合が現在の姿での等々力陸上競技場でのラストの試合だったらしい。
まあ、遅すぎるくらいなのだけど。

数年前、等々力を訪れたことがあるが、
これがJ1チームの本拠地かと少々ショックを覚えた。
仙台スタジアムに慣れた身としては、ひどくみすぼらしく感じたのだ。
メインスタンドには屋根はついてないし、
アウェイスタンドにいたら、なんだか寂しささえ感じてしまった。

こんなところでJ草創期のヴェルディが試合をしたり、
スーパー陸上のような大きな大会を開いていたのかと思うと
もう驚くしかなかった。

ベガルタ仙台はあんな素敵なホームスタジアムを持てたことを
幸せに思わなければならない。

どんな姿になるのかわからないが、
等々力がJ1チームにふさわしいスタジアムとなり、
そこでフロンターレらしい華やかなゲームを見せてもらえる日を
楽しみに待ちたいと思う。


以上。追記なし。

【同節の関連記事】
ベガルタ仙台vsアルビレックス新潟 
週刊Jリーグ雑感 2012S第33節 
スポンサーサイト
 
 「清水エスパルス」の関連記事





-Entry Top-

Jリーグ 第31節 (2012.11.07) at アウトソーシングスタジアム日本平

清水エスパルス 0-1 アルビレックス新潟


この敗戦は責められないかな。
試合内容は良かったらしいが、
得点できなかったということは足りなかったものがあるということ。
120分戦って負けてからの中3日。
いいパフォーマンスを見せてくれただけでも良しとしておこう。


【持ってない小林大悟】
大悟もあそこでポストにあたったのが中に入らないのだから、
持ってないのだろうな、今は。

その前の鍋田に出したパスだってもっと弱ければ
鍋田は直接シュートを打てたはず。

ああいうわずかなタッチの加減が
ゲームに出ていないと狂うのだろうな。


○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○

アルビレックスにすれば残留へ希望のつながる1勝。 

アルディージャから離された時には絶望的だったが、
ヴィッセルが落ちてきてくれた。
西野監督を解任した効果が吉と出るとは私には思えない。
個人的にはヴィッセルよりもアルビレックスの方に
好感を持っているので、是非とも逆転残留してもらいたい。



以上。追記なし。



 
 「清水エスパルス」の関連記事





-Entry Top-

【流れが変わった選手交代】
アントラーズは後半開始から興梠に代えてドゥトラを投入。
この選手交代で明らかに流れが変わった。

左右に流れたり、中盤から前線へ飛び出したりと、
縦横無尽に動くドゥトラをエスパルス守備陣は捕まえきれず、
たびたび突破を許すようになった。

その後やや落ち着く。

18分河井陽介小林大悟
ベテラン勢が使われなくなる中、
唯一最近、少しではあるが出場機会を得ている大悟。
大一番で仕事をしてくれるか。

24分本田拓也増田誓志

失点はCKから。
大前元紀のCKのセカンドボールを遠藤に拾われ、
小林大悟がチェックに行くが、一度あたった後、距離を空けてしまい、
遠藤に前線へのループパスを許す。

右サイドでボールを受けたドゥトラがクロス。
後方から上がってきた柴崎がペナルティエリアに侵入し、
ワントラップでディフェンスラインの裏へ抜けだしたところを
李記帝が倒してPK
1点もののシーン。
記帝の判断は妥当だった。

PKを蹴るのはPKを得るプレーをした柴崎
鹿島で最もプレッシャーに強い小笠原でも
このところ得点を重ねている大迫でもなく柴崎

ここで結果を出して、鹿島の柱と成長させたいという
ジョルジーニョ監督の気持ちの現われか。

そして柴崎はその期待に応え、落ち着いてPKを決めた。
このふてぶてしささえ感じる落ち着きは若手No.1ではないか。
宇佐美貴史もふてぶてしさは感じるが同時にナイーブさも感じることもある。
その点、柴崎にはナイーブさは感じられず、
ただただムカつくほどに落ち着いて見える。
さっさと覚醒してJリーグの枠を飛び越えていってほしい選手である。


エスパルスからすれば、
攻めあぐねてはいたが、まだ自分たちのゲームだと思えていたはず。
嫌な気分になる展開、時間での失点だった。

アントラーズからすれば、前半の我慢の展開を後半に押し戻し、
自分たちに流れを引き寄せようかという時間での得点。
勝ちパターンに入ったと思っただろう。


【家本劇場】
またアントラーズに負けるのか。
攻めても攻めても点が取れず、逆襲を食らって失点。
幾多のクラブが敗れ去ったパターンでエスパルスもまた敗れるのか。

そんなことを思っていたら
CKの流れで唐突にエスパルスにPKが与えられた。
どうやら青木が八反田を押し倒したらしいが、
何やら怪しい。
ファウルと判定するほどの接触には見えなかった。 
エスパルスに有利な笛が吹かれたといっても、あの判定には疑義を唱えたい
あの程度の接触で倒れたのをファウルに判定していては世界では戦えない。
ルールを杓子定規にあてはめればいいというものではないのだ。


この試合の主審である家本政明という人はやたらPKの判定を与える人である。
「へへ~ん、俺が笛吹けばPKになるんだよ。すごいでしょ?」
と、みんなに知らしめたい人なのだ。

審判というのは一方に際どい判定でPKを与えると、
帳尻合わせのようにもう一方にPKを与える傾向がある。
しかし、この試合の一つ目のPKは誰が見ても明らかなPK判定だった。
何にもズレていなかったのである。
はっきり言ってこの判定は、"帳尻ずらし"である。

判定の正当性はともかく、
与えられたPKは大前がしっかりと決めて同点
優勝への望みをつないだ。

だが、もし仮にこれが決勝点になって優勝したと仮定すると、
全力では喜べなかっただろう。
審判だって人間だから間違うことはある。
しかし、これはクラブ・サポーターが待ち望んだ舞台なのだ。
チームに関わる全ての人の喜びを減じさせるような判定はしないでもらいたい。


【延長へ】
その後、アントラーズは昌子源新井場徹
エスパルスは八反田石毛秀樹、と選手交代を行い、
攻める姿勢を見せる。

両チームとも決め手なくロスタイムへ。

後半46分
石毛小林大悟美しいループのスルーパスを出し、
大悟も完璧な胸トラップで落としたが、
腰が砕けて味方には渡らなかった。
こういう場面で仕事をするための選手交代のはずなのに、
あそこで腰が入らないようではコンディションが万全だとは思えない。
失点時のゆるいディフェンスもあった。
大悟の投入はマイナス面が大きかったと言うしかない。
これでは来季の契約も怪しくなりそうだ。

結局、両チーム得点なく、延長へ。

 
エスパルスは、
瀬沼優司、白崎凌兵と得点力のある選手がまだ控えている。
おそらく同点になる前に投入するはずだった瀬沼を入れる予定だろうが、
先に点を取りたいのだから早めに投入してもよいと私は思った。

アントラーズは既に3人交代を終えている。
本山雅志ジュニーニョも出てこない。

エスパルスは恐れることなく攻め勝ってほしい。






以上。
ナビスコカップ2012 決勝 感想 【延長】 へ続く。
 





-Entry Top-
J1 第14節 (2011.06.11)    at 万博記念競技場

清水エスパルス 2-2 ガンバ大阪    


初のスポーツものです。

Jリーグ発足時以来ずっと清水エスパルスをサポートしています。
が、昨シーズン後にチームが分解してしまい、心が離れかけました。

新監督のゴトビ監督高原直泰小林大悟と新戦力が加入し、
新生エスパルスもおもしろいチームになるかもしれない、
と期待し今シーズンも応援することにしました。

ゴトビ監督はアメリカ代表や韓国代表にスタッフとして参加した経験があり、
先のアジアカップでもイラン代表を率いて良いチームを作った理論派の監督のようなので、
おもしろいチームを作ってくれるのではないかと期待し、暖かい目で見ていくつもりです。


開幕戦の柏戦で案の定こてんぱんにやられたので、
こりゃほんとに今年は結果を度外視して見ていかなきゃダメだな、思いました。
しかし、震災による中断を開けてからは高原が3ゴールするなど
予想より早く良い兆しが見られます。
もしかしたら今シーズン中におもしろいチームになってくれるかも、
と期待を抱かせてくれています。


さて、肝心の試合ですが、強豪G大阪相手なので厳しい結果が予想されました。
しかし、遠藤が日本代表の試合から中3日ということを考慮してかスタメンを外れたので、
少しは勝ち目が増えたな、と思いました。

立ち上がり10分は完全に清水ペースでした。
大前高木がサイドからクロスを上げ、
中央でこのところ調子を上げている高原が起点となりチャンスをいくつか作りましたが、
得点できず。
そんな流れの中、
前半15分にコーナーキックからあっさりアドリアーノにヘディングで決められてしまいました。
こういう流れに関係ない点の取り方ができるかどうかが
強いチームとそうでないチームの差なのですよね。
続きを読む↓
 




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。