/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > 小林弥生


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-

なでしこリーグ 第18節 (2012.11.10)  at 長居スタジアム

INAC神戸レオネッサ 4-0 日テレ・ベレーザ 


めったにないベレーザの試合を見られる機会なので視聴。
BSフジはINACの試合しか放送しないので、
BSスカパーの無料体験が終わると他の対戦はほぼ見られなくなった。

日テレ・ベレーザは昔から好きだったわけではなく、
スカパーの試合中継を見る中で、
テクニックを全面に押し出すサッカーに好感を持ってから。

また、INACに対抗するチームとして浦和レッズレディースとともに
強くあって欲しいという思いもある。
澤や大野たちがINACに移籍する前は一人勝ちだったのでむしろ嫌いだった。


○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○


注目の選手は原菜摘子

彼女の試合中の立ち姿が美しく、
ボールタッチのリズム、軽やかさに
読売の匂いを強く感じるからだ。

技術的には十分に代表レベルだと思うが、
国際試合を考えると線が細すぎるか。

まだ23歳と若いので代表に絡めるように頑張ってほしいところ。




【始球式】
又穂希、ノリ佐々木は場違いだったな。
又吉はサッカーを知る者として場違いな雰囲気を感じて
終始ビビり気味で大人しかったが、
吉村はそれをカバーしようと思ったか、
どうでもいいことを叫び続け、
場違い感を増幅させていた。
優勝がかかる試合でも決行したのだろうか、あんなおふざけ。

○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○

【前半】
完全にINACのゲームだった。
ベレーザはほとんどボールをつなげなかった。

INACの守備が厳しく、
中盤でほぼホールを奪われてしまう。

期待の原菜摘子をはじめ、木龍七瀬、永里亜紗乃はほぼ消えていた。

前目の選手ではベテラン小林弥生だけが攻守に目立っていた。
前線から最後尾まで左サイドを積極的に動き回っていた。
若い頃は走らない選手だったのだが、
あんなに走る選手に変われるものなのだな。
感心した。

○ーーーーー○ーーーーー○

1点目はオフサイドが疑わしく、
線審が旗を上げたため、
野田朱美監督をはじめ、
ベレーザ選手たちも納得がいかないようだったが、

リプレーを見ると
DF土光真代の頭にあたっておりオフサイドではない。
また元々ゴーベル・ヤネズもオンサイドだった。


2点目は大野忍チ・ソヨンのレベルの高い技術の結合だった。
大野の体をうまくディフェンスにぶつけたボールキープから
パスを受けたチ・ソヨンの強烈なミドルシュート。
GKが手にあてたが、弾くことができずゴールイン。

ベレーザは守備の人数が揃っていて
それほどスペースを与えていなかったが、
大野の巧みなボールキープと
チ・ソヨンの狭いスペースでも振り抜けるシュート感覚と
キックレンジの広さが合わさったハイレベルなゴールだった。

あれは相手を褒めるしかない。

○ーーーーー○ーーーーー○

INACで目についたのは近賀ゆかり

なでしこジャパンの時にも思うが、
彼女の上下動の多さは半端ではない。
いくらINACがボールが持てるチームだとはいえ
あんなにゴール前に進出するサイドバックなどそうはいない。

それでいてディフェンスも堅いのだから
文句のつけようがない。

INACでもなでしこでも
彼女からレギュラーを奪うのは相当難しい。


○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○


【後半】
2点リードしてINACがペースを落としたのか
前半よりボールをつなげるようになり、
前線へもボールが入るようになった。

永里亜紗乃も開始早々のシュートをはじめ
ボールを触る回数が増え、
得点チャンスが生まれそうな気配はあった。

が、もう一手でチャンスが作れそうな状況ができると
澤穂希が現れてボールを奪っていった。
勝負どころを知り尽くした女王の円熟のプレーだった。

そして、小林弥生が決定機を外すなどして
得点できないうちに 追加点を奪われ勝負は決した。

その後は高瀬愛美永里亜紗乃の得点王争いに焦点が移り、
お互いにチームメイト達がお膳立てしようと奮闘したが、
両名とも無得点に終わり高瀬愛美が2012シーズンの得点王となった

○ーーーーー○ーーーーー○

3点目は高瀬のスルーパスから
左サイドを抜け出したゴーベル・ヤネズが丁寧なクロスを入れ、
川澄奈穂美がボレーで合わせたきれいなゴール。

まるで練習のようにあっさり決められた。
リプレーを見ると高瀬からヤネズにパスが出た時には
川澄はマークを外して走り出していて、
マークにつくべきディフェンダーはオフサイドトラップを仕掛けて
ヤネズのオフサイドをアピールしていて出遅れていた。

確かに高瀬からヤネズヘの一度目のパスのタイミングの時には
ヤネズはオフサイドポジションにいたが
高瀬が一呼吸ドリブルを入れたために
ディフェンスラインが下がってオンサイドになったのだ。
高瀬の隠れたファインプレーだった。


4点目は
高良亮子のスルーパスで大野が抜け出し、
グランダーのマイナス方向へのラストパス。
途中交代で入ったばかりの中島依美
須藤安紀子のブロックを物ともせず
左ゴール隅に叩き込んだ。

これも相手を褒めるしかない。
集中力の欠如ではなく、
単に相手の力が上だっただけ。


○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○

■別格だった大野忍の存在感
この試合で目立った体の使い方をはじめ、
ドリブル、パス、シュート全てにレベルが高く、
運動量もある。

きっと大野はなでしこリーグは物足りなく感じているだろう。

フランスやドイツのリーグが一概にレベルが高いとはいえないが、
日頃から体の大きなディフェンダーを相手にすれば
また能力を伸ばすことができるだろうし、

ワールドカップ、オリンピックで優勝、銀メダルと結果を残し、
次のワールドカップまで時間が開くことを考えると、
スポーツ選手としては刺激が必要な時期に思える。 

サッカー選手としてピークにあると思われる今、
海外移籍をする良いタイミングだと思う。

INACもオファーがあれば容認する姿勢のようだし、
ぜひ海外移籍に踏み切ってほしい。





日テレ・ベレーザが4-0で負け、勝ち点15差の2位。
ヤングなでしこに7名を輩出した浦和レッズレディースも
取りこぼししまくって勝ち点24差の4位。

戦力的にINACと競り合うべき2チームがこの有様では、
なでしこリーグの活性化は望めない。

来季に向けて選手補強と戦術、戦略の向上を図って 
何とか3強を形成できる状況に持っていってもらいたい。

INACの一人勝ちでは、なでしこブームはすぐに過ぎ去ってしまうから。

誰か奇特な金持ちいないかなぁ。
世の中には詐欺に4億円も渡す人もいるのだから。
女子サッカーに億単位のお金を出す人いてもいいのになぁ。



以上。追記なし。
スポンサーサイト
 




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。