/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > 山田大記


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-

■前回の反省
前回もまたしても裏目に出ました。
勝負チームのジュビロ磐田がサガン鳥栖に3-2で負け、
3選手起用した清水エスパルスもアルビレックス新潟に負け、
ベガルタ仙台もかろうじて引き分けに持ち込むのが精一杯。

山田大記がマルチポイントも含めて15ポイント稼いでくれましたが、
焼け石に水の61Fp。

仙台戦で出来が良かったジュビロがそんなにひどい負け方はしないと
思っていただけに3失点にはビックリしましたね。



★勝負チーム:磐田 (1.3倍)

SnapCrab_NoName_2012-11-17_16-52-44_No-00


懲りずに勝負チームはジュビロ。
さすがにひどい試合を続けないだろうという期待を込めて。

そして、いよいよ勝負どころを迎えたベガルタのストライカー
赤嶺真吾を起用。

大前元紀、前田遼一、赤嶺真吾の3トップの同時得点
での大量ポイントを期待。

他は変更なし。
とにかくジュビロの立ち直りに期待。


以上、追記なし。

スポンサーサイト
 
 「Jリーグ」の関連記事





-Entry Top-

ファンサカ Week30 編成メンバー


■前回の反省
残留争いの正念場を迎えたアルビレックス新潟を勝負チームにして挑みましたが、見事に裏目。
サガン鳥栖の大量点までは行きませんでしたが、0-2ではポイント稼げません。
大惨敗の56Ppでした。
大前が点とってくれなきゃ50以下でしたね。
まあ、勝負に出ればこういうこともあります。


★勝負チーム:ジュビロ磐田 (1.3倍)

SnapCrab_NoName_2012-11-2_6-22-51_No[2]


今回はナビスコカップ決勝から中3日の11月7日(水)開催。
ナビスコ敗戦の痛手から清水エスパルス勢が立ち直ってどんなパフォーマンスを見せるかが鍵。

前節大量起用した新潟が今節は清水の対戦相手となるので全員放出。
前節いいパフォーマンスを見せながらもベガルタ仙台と引き分け、
順位を落として1.3倍となったジュビロ磐田を勝負チームにすることにしました。
最近、磐田の中盤は固定されていないのでスタメンが読み切れませんが、
前節を参考にするしかありませんね。

松浦や山崎亮平入れたいところなのですが、前節の出場がないので外しました。

ナビスコ決勝で120分戦って疲れているエスパルス勢の分、
ジュビロ勢には頑張ったもらいたい。


以上、追記なし。

 
 「Jリーグ」の関連記事





-Entry Top-

Jリーグ 第30節 (2012.10.27) at ヤマハスタジアム

ベガルタ仙台 1-1 ジュビロ磐田 


素人目線ではあまり語ることのない試合でしたので、
印象に残る場面、得点シーンを少しばかり振り返ってお茶を濁します。



【逃してしまった最初のビッグチャンス】
試合開始早々に鎌田の送ったロングフィードに、
梁勇基が抜け出すが、シュート精度を欠き、八田にセーブされる。

残り試合全勝を考えると、ここで先制しておきたかった。
たらればの話になるが、
抜け出すのがウィルソンであったならば、と思ってしまう。


【前半を終えて】
押し込まれる展開もあったが、
いくつかチャンスを作り出せていたので私は互角の展開だな、と思っていた。
ベガルタは元々ポゼッションするチームではない。
少々押し込まれるのは勘定に入っているのだ。


【ベガルタの先制点】
後半32分。富田のスルーパスを菅井がGK八田と交錯しながらグラウンダーのクロス、
ファーサイドでわずかにマークを外した赤嶺が難なく押し込み先制。

我慢の展開から残り15分を切って先制。
試合展開から考えれば理想的といってもいい時間の得点だった。
勝負どころでゴール付近に現れる菅井、ファーサイドで巧妙にマークを外す赤嶺と
持ち味を出した得点。
このまま逃げ切れれば最高だったのだが。


【ジュビロの同点ゴール】
後半39分。山本脩斗が左サイドから大きくサイドチェンジ、
前田が腿で落としたボールを山田大記がシュート性のクロス。
ゴール前に詰めていた山本康裕が押し込み同点。

ベガルタ守備陣は人数が揃っていたが、
ここは前田、山田の個人技が上回っていたと素直に認めるべきだろう。


【守備陣の健闘】
鎌田、上本の両CBが危ない場面でうまく体を使って防いでいた。
引き分けの影の功労者はこの二人だと思う。

ただ、最終ラインの守備は頑張っていたが、
角田不在の中盤でのボール奪取力はやはり落ちていた。
次節も角田不在は続くので、富田を中心に何とか踏ん張ってもらいたい。


【試合を終えて】
先制しただけに勝ちきりたい試合だったが 、
ジュビロの出来も素晴らしく、負けなくてよかった試合とも言える。
サンフレッチェがガンバと引き分けてくれたのでダメージは最小限だった。
ただ、最終節までに得失点差を逆転しておきたかったので、
そのチャンスを1試合逃したことは後に響くかもしれない。


          以上、追記なし。
 





-Entry Top-
サッカー日本代表に呼びたい選手

前田の代わりに寿人が呼ばれたと思ったら、
今度は伊野波が離脱で酒井高徳が召集だってさ。
伊野波は元々怪我してたでしょって思ったら、
さらに捻挫だって。
フランスまで怪我増やしに行っただけ。
神戸からしたら、何してくれてんのって話ですな。

ヨーロッパにCBいないからとりあえず高徳を呼んだようにしか思えない
この緊急招集を受けて、
にわかに代表予備軍に関心が向いたので
個人的に代表に呼びたい選手を挙げていこうかと思う。

攻撃陣
大津祐樹
フランス戦スタメン予想に書いたけどさ、
必要だと思うよ、こういう選手。
右から左から1トップまでこなす選手なんてそんなにいないよ。
しかもシュート力もあってセットプレーにも強くて、
意外性もある。
バックアップメンバーにはいたら便利な選手だと思うなぁ。
早いとこVVVで結果出して呼ばれる理由を作ってくれ。

赤嶺真吾
ゴールへの嗅覚を持った生粋の点取り屋。
ポストプレーはそれほど上手くないかもしれないが、
クロスに合わせるポジション取り、走り込みは絶品。
CFW陣にこれ以上怪我人が出たらぜひ呼んでほしい。
李忠成の代わりにはなると思うけどなぁ。


山田大記
彼ほど攻撃的MFと呼ぶのがふさわしい日本人選手は
今、
Jリーグにはいないかもしれない。
今季前半のジュビロの躍進は彼が引っ張った。
パタパタと音が聞こえるような独特のドリブルからの強烈かつ正確なミドルシュート。
ピンポイントで味方に合わせるクロス。
直接得点に絡むという意味では今Jナンバー1かもしれない。

左右の足から正確なシュートが打てるのでどちらのサイドでも使えるが、
トップ下よりもサイド、右よりも左でのプレーが得意なように感じられる。

エスパルスのライバルチームの選手ではあるが、
彼のヒザ下の柔らかそうなドリブルはスタジアムで見てみたい。

ちなみに彼の生年月日は1988年12月27日。
わずかにロンドン世代より上。
彼の今年の活躍を見ると
ご両親にあと5日我慢してほしかった。
彼が加わっていれば、東や清武の負担がかなり軽くなっただろうに。

彼が代表に入るには乾、宮市を押しのけなければならない。
もしできるなら、今冬のヨーロッパ移籍を実現してほしい。
彼のような選手をJで見られなくなるのは寂しいけれど。


高萩洋次郎
若い頃から世代別代表に入り続けた高萩がついにブレイクしたかと思える今シーズン。
愛媛FCに移籍した時には、もうトップレベルには戻ってこないかと思ったものだが、
見事にカムバック。
今、Jナンバー1のファンタジスタだと私は思う。

青山、高萩を経由して寿人、石原と絡む広島の攻撃は見ていて楽しい。
敵ながら見事である。

代表では使い所がないかもしれないが、
香川や本田が疲れた時に投入するのはどうだろう。
裏に飛び出す岡崎との相性はいいと思う。


柿谷曜一朗
今年、覚醒したと言っていい攻撃的MF
清武が抜けて以降、毎試合のように決定的な場面に絡んでいる。
若い頃から定評のあったテクニックを発揮する場所、場面をつかんだように思われる。
トラップ、ターン、ボレー、彼のテクニックを見るためにスタジアムに行く価値はある。

彼が得意とするトップ下、2列目は最も層が厚いが、
そこに食い込むだけの潜在能力はある。

やや華奢に見えるので、もう少し体幹を鍛えて
プレーに力強さを加え、香川とポジショ争いができるレベルまで飛躍してほしい。

もう少し地力がつくまで待った方がいいかもしれないが、
今冬にヨーロッパに移籍してしまってもいいかもしれない。 
 
 「日本代表」の関連記事




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。