/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > 岩政大樹


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-

【スタメンチェック】
清水は予想通りのメンバー。
出場停止の杉山浩太がいないので村松大輔の1ボランチ。
前目のMFに八反田康平河井陽介が並び、
怪我もあってこのところ先発を外れることが多かった高木俊幸が左ウィングに入った。
キャプテンマークはヨン ア ピンが巻いている。
信頼感の大きさを感じる。

鹿島は整列した面々を眺めたら、何だか日本人ばかり。
そして策を弄してきた。
左SBに昌子源を起用。
本来CBの昌子を大前のマンマーカーにあてたようだ。

そして、最近の鹿島の攻撃の中心となっていたレナトが怪我のためベンチからも外れ、
大迫とコンビネーションが良くなってきているドゥトラも先発から外れた。

代わりに最近、出場すれば良い働きをしていた本田拓也小笠原満男とWボランチを組ませ、
柴崎岳を左SHに上げ、興梠慎三をトップ下として起用した。

明らかにエスパルスのサイド攻撃を封じるための布陣だ。


何気に主審チェック。

家本政明..................(-_-;)。

なぜに?

そのキャリアを通じて、たびたび不可解な判定を繰り返してきた悪名高い家本政明。

以前より頻度が減ったとはいえ、
今も納得できない判定で選手・監督・サポーターにストレスを与え続けている。
こういうビッグマッチを裁けるレフェリーには思えない。
他にもいるだろ優秀なレフェリーが。
いや、優秀でなくてもよい、家本よりマシなレフェリーはたくさんいるはずだ。 
Jリーグは家本を過大評価しているのではないか。

試合を壊さないでくれ。

この時感じた私の懸念は現実のものとなりかけたが、試合を壊すまでには至らなかった。
ほんとに良かったよ、ひどい試合にならなくて。






【上出来だった前半】
試合開始からペースを握ったのはエスパルスだった。
ボールを持つ時間が長く、また守備時のチェックも早く、
早い段階でボールを奪い、CBからしっかりボールを繋いでいた。

大前元紀がボールによく絡み、中盤や両SBとのコンビネーションで
アントラーズを自陣に押し込んでいた。

だが、ボールを持つ時間が長い割にシュートシーンが少なかった。
決定的だったのは吉田豊のクロスのこぼれ球を
高木俊幸がボレーでワンバウンドさせたシュートくらい。
入ったと思ったが、曽ヶ端にうまく弾かれた。

高木はこのシュートを含めいいところにいてシュートを放っていたが、
うまくブロックされていた。

金賢聖岩政に抑えこまれ、ボールを触りにサイドによく流れた。
テクニックを見せる場面はあったが、金の仕事場はそこではない。
リーグ戦での対戦が直前でなかったら、と思わずにはいられない。


守備面を見ると、目立つピンチはなかった。
攻撃の時間が長かったからだ。

大前とともに注目された大迫には仕事をさせなかった。
キャプテンマークを巻いたヨン ア ピンを中心に上手く守っていた。


終わり際にやや押し返されたが、全体的に見れば、上々の出来。
決勝という舞台を考えれば、よくやっていたと言うべきだろう。

油断しなければイケる。
そう思ったが、流れのいい時間帯に得点できないと後で痛い目に遭うのがサッカーなのである。



ナビスコカップ2012 決勝 感想 【後半】 に続く。

スポンサーサイト
 
 「清水エスパルス」の関連記事





-Entry Top-

Jリーグ 第30節 (2012.10.27) at カシマスタジアム

清水エスパルス 2-1 鹿島アントラーズ

【概要】
前半7分。平岡からのロングフィードを吉田豊がワンタッチで中へ落とすと、
金賢聖が器用にターンして、GK曽ヶ端の肩口を撃ち抜いた。

前半終了間際に、CKから岩政に豪快なボレーを叩き込まれるが、
直後に金のクロスを大前が上腕近辺に当てて押し込んで、すかさず逆転。

後半はかなり押し込まれたようで、トータルのシュート本数が16対7と、
数字上は一方的。
だが、しっかりリードを守り切り勝利。



ナビスコカップ・ファイナルの前哨戦となったこの試合、
金賢聖と大前元紀のゴールでの勝利で終えた。

試合展開だけ見ると、チーム名が逆ではないかと思うような勝ち方。
かつては、このような展開でいやらしく勝ち切られたもの。

後半は内容的には押し込まれても得点を許さず逃げ切った。
若いチームにとっては大一番を前に大きな経験になったに違いない。

残留争い一歩手前まで追い込まれたアントラーズは、
もうかつてのアントラーズではない。

勝つのは俺達だ。
頑張れ、オレンジ戦士!!!


        以上、追記なし。
 
 「清水エスパルス」の関連記事




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。