/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > 新宿鮫


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-
読む本がなくなりそうだったので久々にブックオフ行って仕入れてきました。
全て105円です。


中島らも「中島らものたまらん人々」 徳間文庫

生前にテレビで見かけた時は何だか無茶苦茶な人だなぁと思っていたのですが、
著作がおもしろいらしいという噂を聞いて「寝ずの番」を試しに読んだら、
ほんとにバカバカしくて面白かった。映画化したそうなのでぜひ見てみたいです。
他に「ガダラの豚」がおもしろいらしいのですが、古本屋でまだ発見できてません。

本作は、中島らもが子供の頃からサラリーマン時代までに会ったヘンな人々について
書かれた本です。抜群にバカバカしいと期待しています。


歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」 文春文庫

歌野晶午は未読なのですが、どこかで綾辻行人の「十角館の殺人」に並ぶ衝撃を受けると
読んだのでミステリ好きとしては外してはいけないのかな、と思い購入しました。
人気があるらしいので105円コーナーで発見した時にはちょっとビックリましたね。
田舎なんで知名度ないんでしょうね。


高野和明「幽霊人命救助隊」 文春文庫

高野和明は「13階段」がおもしろかったので買ってみました。
分厚いので読む時は気合入れないとダメですね。


日本文藝協会編 「短篇ベストコレクション 現代の小説2005」 徳間文庫

22人の作家の短編が収録されています。
最近、こういういろいろな作家の作品が収録されている短編集を読むのが好きです。
名前は知っているものの読むまでには至っていない作家の作品が読めるのが楽しみです。


乃南アサ「ボクの町」「駆けこみ交番」 新潮文庫

どちらも交番勤務の警察官・高野聖大シリーズです。
「鼓動-警察小説競作」で「駆けこみ交番」に収録されている「とどろきセブン」を読み、
タッチが軽くて読みやすかったので買いました。
音道貴子シリーズとはだいぶ違いそうです。


大沢在昌 「毒猿 新宿鮫Ⅱ」「屍蘭 新宿鮫Ⅲ」「氷舞 新宿鮫Ⅵ」 光文社文庫

昔々に「新宿鮫」を読んだ時にすごくおもしろかった覚えがあるのですが、
「アルバイト探偵」シリーズが不発だったので、大沢在昌を見極める意味で買いました。
「氷舞」は4作目かと思ったら6作目でしたね。Ⅰの左右を間違えました。
あまり順番にこだわらなくてもいいかもしれませんが、できれば順番に読みたい性質なので
「氷舞」は後で読むかもしれません。


有栖川有栖、篠田真由美、二階堂黎人、法月綸太郎 「「Y」の悲劇」  講談社文庫

エラリー・クイーンの「Yの悲劇」に捧げる4人の競演です。
エラリー・クイーンは「十角館の殺人」をきっかけに名前だけは知っていますが
作品は読んだことがないんですよね。海外の作品はあまり触手が伸びません。
「Yの悲劇」を先に読んだ方がいいのかな。まあ、気にしないことにします。


若竹七海「船上にて」「海神の晩餐」 講談社文庫

大好きな北村薫の流れを汲む作家ということで、最近少し読んでいます。
「サンタクロースのせいにしよう」「火天風神」「ヴィラ・マグノリアの殺人」「古書店アゼリアの死体」が既読です。
この中では「サンタクロースのせいにしよう」が良かったかな。
「火天風神」はいまいち印象に残ってません。
あとの2作は同じ街を舞台としたシリーズものといっていいと思うのですが、
やや後味が悪いというか、スッキリしないラストなんですよね。
なので、若竹七海も今回の2作で見極めるかもしれません。


基本、上から順番に読んでいくつもりです。
この夏はこれでたぶん間に合いそう。
スポンサーサイト
 
 「ブックレビュー」の関連記事





-Entry Top-
「鼓動-警察小説競作」(新潮文庫)

大沢在昌、今野敏、白川道、永瀬隼介、乃南アサ 著

最近、この本のようなオムニバス形式の本が好きで、
新たなお気に入り作家を探して楽しんでいます。

警察小説の名手の競演となっています。
私は大沢在昌と乃南アサは読んだことがありましたが、他の作家は初めてでした。
長さにとても差があり、後に行くに従って長くなります。

____________________________________


「雷鳴」 大沢在昌

彼の代表作「新宿鮫」の鮫島が登場します。
もともと朗読用に書いたもので、とても短くなっていますが、
短い中でしっかりと展開があり、ラストも鮮やかで切れのある作品となっています。
最近、「アルバイト探偵」シリーズを読んで大沢在昌に失望感を覚えていたところだったので、
やはり鮫を使えばいいものを書けるのだ、と見直しました。
「新宿鮫」は第1作と最新作を「ほぼ日」で読んだだけなので、他の作品も読んでみようと思います。


刑事調査官」 今野敏
ドラマ化もされている安積班シリーズで有名な今野敏の作品です。
彼の作品は未読なので、この本と一緒に買った安積班シリーズ第1作を読んでみようと思います。

この話は中堅の刑事と新任の女性心理調査官を軸にベテラン刑事調査官が
彼らをサポートしながら事件解決へと向かいます。
この中堅の刑事は長いものに巻かれるタイプで
捜査会議などでも思い切った発言をせずに無難に過ごしていました。
しかし、今回の事件を通して刑事調査官に背中を押されながら一歩踏み出します。
一人の刑事の成長の物語です。
この話に続編があるか知りませんが、登場人物たちのその後が知りたいなぁ、と思います。


「誰がために」 白川道
少年犯罪の被害者の家族の物語です。
こういった話はやるせなくなりますね。
暴行、殺人、いったいどういう神経があれば、そんな残虐なことができるのか。
私には全く理解ができません。

どうしたらなくせるんでしょうね。
罪を犯す少年たちはこういう小説は読まないでしょうし。
厳罰化したからといって抑止力になるのでしょうか。
人を殴る時に「これでこいつが死んでも懲役10年だからいいや」、
とか「20年刑務所なんて嫌だから止めよう」なんて考える人がいるとは思えない。

私たちにできることは、周りにいる子ども達をやさしい子に育てること、
そして子ども達が希望を失わないような社会にすることだと思います。
そのためにも大人たちが生き生きと生活する姿を見せることが大事だと思います。


「ロシアン・トラップ」 永瀬隼介
悪徳警官もの、というらしいです。
こういう警官が一人でもいたことがあるんですかね。
警官といえど同じ人間ですから、ずるい人弱い人、たくさんいるとは思いますけど。
淫行のニュースはしょっちゅう見ますしね。
警官の犯罪って年間どれくらいあるんでしょうね。
現実の警官には強くあってほしいものです。

主人公はしがない警官の妻なのですが、
この人があまりにも場の流れに流されやすいのでなんとも感情移入できません。
準主人公の日系ロシア人もスーパーマンだし。
私の好みではありませんでした。


「とどろきセブン」 乃南アサ
高木聖大シリーズの一編です。
これは2作目に収録されているみたいです。
このシリーズも古本屋で見かけていましたが、
音道貴子シリーズを先に読みたかったので未読です。

ご近所の老人プロ集団と関わるきっかけとなった話です。
新米警官の成長物語で、音道貴子に比べると話が軽いですね。
もちろん事件には死人が出るのでそこは軽くないですけど。
老人との関わり方が宗田理の「ぼくら」シリーズを思い出させました。

主人公に関してはただのやんちゃな兄ちゃんではなく、
ちょっと犯罪に対する感覚の鋭いようですね。
テレビドラマにしたらその瞬間がCGで描かれそうでした。
今後「とどろきセブン」のメンバーが活躍するのでしょうから、続編が読みたいですね。
作を重ねるごとにもっと特徴のある脇役が出てきて
活躍しておもしろくなりそうな予感がプンプンします。

____________________________________________


以上。追記なし。

 
 「ブックレビュー」の関連記事




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。