/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > 柳沢敦


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-
J1 第17節 (2011.06.22)  at ユアテックスタジアム仙台

ベガルタ仙台 4-0 ヴァンフォーレ甲府


【無敗継続!! そして祝・梁パパゴール!!】
やっぱり勝って無敗が継続すると倍以上嬉しい。
しかも4-0だし。
仙台の人々は美味い酒が飲めたことだろう。

何と言っても梁パパの今季初ゴール。
赤嶺、柳沢の良い連携から生まれたナイスゴールでした。
ただ、走り込んだわけではなく、
はじめからあの位置にいた梁をオフサイドポジションにしてなかった甲府のディフェンスは疑問。

その後はほんとにいい時間帯に得点を重ね、快勝中の快勝というゲームだった。

のCKから渡辺広大のヘッド
甲府ディフェンスの二度に渡るクリアミスを赤嶺がヘディングで押し込む。
そしてここのところ出番の減っていた中島のミドル

平日の昼間に無理して見に行った人が多数であろうから、これだけゴールが見られて良かったね。


最近出番の増えた松下はけっこう効いてたみたいだし、
柳沢も噛み合ってたみたいだし、
連戦が続く中で選手層が厚くなってるのが心強い。

今度は連勝して首位奪取してくれ。


それにしても、こういう楽勝の時には点取らないのね、菅井くん



P.S.
Jリーグタイムでの健太の発音が”パク・チソン”にしか聞こえなかったが、
訂正が入らなかったところを見ると”チュソン”って言ってたのかな。
私には2回とも”チソン”にしか聞こえなかった。



          以上、記事完結。
スポンサーサイト
 





-Entry Top-
Jリーグ 第15節 (2011.06.15)  at ユアテックスタジアム仙台

 ベガルタ仙台 2-1 ガンバ大阪


ベガルタは9戦負けなしでこの試合に臨んだ。調子の乗り切れていないとはいえ、
明らかに地力が上のガンバ相手は正念場と言える試合。
厳しい結果が予想されたが先制したのはベガルタ。

梁勇基のCKから菅井くんがヘディングシュート。
ほんとにこの菅井直樹という人はDFのくせによく点を取る。
右SBなのに、なぜそこにいるのってところに顔を出すFW顔負けの得点感覚。
魅力的なプレイキャラクターである。


ガンバもしぶとく同点。
アドリアーノがロングボールをDFとうまく体を入れ替えてキーパーもかわして6試合連続ゴール。
ほんとにやっかいだ、この人。


連続ゴールといえば去年も同じくG大阪の橋本英郎が6試合連続ゴールで話題になった。
Jリーグ記録は何試合だろうと思って調べたら懐かしい名前に出会いました。
元スペイン代表のフリオ・サリナス。
97年から98年の開幕戦にかけて8試合連続でゴールしています。
記憶に残っていないのは、シーズンをまたいだ記録だったからかな。


さて、ここのところ終了間際に点を取られるパターンが多かった仙台。
地力に勝るガンバに逆転されるかと思いきや、踏ん張りました。

移籍後初出場の柳沢のポストプレーから角田が持ち上がりクロス。
きれいにゴール前を横切って赤嶺が押しこむだけ。美しいゴールでした。

今シーズン、京都から移籍した角田が攻守に効いているようです。
ニュースを見ているだけでもよく名前を聞く。
99年のナイジェリアワールドユース組で日本代表に入るかな、と思われる時期もありましたが、
ブレイクしきれずにいました。
こんなにパスセンスがある選手だと思わなかったのですが、ベガルタにうまくハマっているよう。
いい補強をしましたね。

開幕ダッシュは今までにもありましたが、だいたい5試合くらいで終わって失速。
前半の貯金を活かしてギリギリ残留というパターンでした。
10戦負けなし、しかもレッズ、ガンバ、フロンターレ、セレッソと力のあるチーム、
そしてレイソル、Fマリノス、サンフレッチェと今季好調のチームとの対戦も含んでのもの。
地力がついたと言っても差し支えないでしょう。




      以上、追記なし。

 




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。