/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > 梁勇基


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-

Jリーグ 第33節 (2012.11.24) at ユアテックスタジアム仙台

ベガルタ仙台 0-1 アルビレックス新潟 


BS-1で夜に中継があったのでてっきりナイトゲームかと思い込んでいたら
デーゲームで、しかもBS-TBSで生中継していたとは..........
チェックが甘かったorz

知っていたら、勝負が決まったサンフレッチェのゲームなどいつまでも見なかったのに。
ただ、サンフレッチェの優勝が決まった瞬間、
そして、その瞬間の寿人の顔を見られたのは良かった。
おめでとう。
素直にそう思えた。

ベガルタはこの悔しさを糧にして
来季、また優勝目指して頑張ってほしい。

さて、試合を振り返ろう。

___________________________________

序盤、富田、梁勇基と2本決定的なシュートがあり、
やや優勢な流れと思われた前半17分、
アルビレックスは右サイドでパス交換し、
ミシェウがディフェンスラインの裏にきれいなスルーパスを通す。
三門が抜け出す。
ベガルタディフェンスはオフサイドをアピールし、出遅れる。
三門が余裕を持ってクロスを送る。
大外から金珍洙がゴール前に侵入。 
どフリーで押し込む。

完全にボールウォッチャーになり、
オフサイドアピールをしてキム・ジンスをマークしなかった太田を責めたくなるが、
ここはアルビレックスの攻撃が良かったかな。
ただ、こんなきれいなゴールを決められると
ベガルタディフェンスの粘りが足りなくっているように感じる。
優勝がかかったこの大事な時に。


先制後しばらく、アルビレックスに流れが傾く。
その後、ベガルタが押し戻すが、その前に黒河貴矢が立ちはだかる。
アルビレックスからすれば正GKの東口が怪我したにもかかわらず
黒河が高いパフォーマンスを見せてくれるのだから心強い。
チームの編成担当は評価されるべき。


先制後の僅かな時間を除いてゲームは支配していたし、
赤嶺を中心にシュートを撃てていた。
悪くない前半だったと思う。


後半開始早々、アルビレックスは素早いリスタートから
ベガルタの隙を突いて決定的なクロスを入れる。
しかし、待ち受けた鈴木大輔がアウトサイドでシュートするが
勢いが弱く、赤嶺がクリア。

後半も基本的にはベガルタがボールを保持する時間が続いたが、
アルビレックスもブルーノ・ロペスを中心に効果的なカウンターを仕掛ける。

の惜しいシュートもあったが、
藤田征也、ブルーノ・ロペスの決定的なシュートもあった。
1-0のアルビレックスの勝利は試合内容から考えて不当なものではない。
アルビレックスは首の皮一枚の残留の可能性を最終節まで残した。
残留してほしい思いもあるが、
ガンバとの同時残留の可能性がないので、
申し訳ないが大人しく降格して下さい。

ベガルタは攻撃する時間は長かったが、
パス精度、クロス精度を欠き、
攻撃時間の割りにはシュートにつながらなかった。
1点先に取られ、優勝の可能性を大きく残すためには
2点が必要ということが焦りを呼んだのだろうか。

とにかく、最終節を前に優勝争いが終わってしまった。
最終節まで熱い戦いが続くと思い込んでいただけに、
その手前で終戦され、何だか気が抜けた気分だ。
優勝を逃した思いは、少し時間をかけて振り返ろうと思う。

_________________________________


記事をまとめるのが遅くなってしまいました。
優勝を逃した試合をなかなか見なおす気にもなれませんでしたし、
試合の感想を書いていても、
優勝争いに敗れた思いがつらつらと浮かんできて
なかなかまとまらなかったのです。
なので、後半は思いっきり端折りました。
勘弁して下さい。

優勝の逃した思いは別記事にしようと思っています。
それほど熱い思いではないですが、
一サポーターとしての静かな思いを述べたいと思います。

__________________________________

以上。追記なし。


【同節の関連記事】
清水エスパルスvs川崎フロンターレ
週刊Jリーグ雑感 第33節

スポンサーサイト
 
 「ベガルタ仙台」の関連記事





-Entry Top-

Jリーグ 第31節 (2012・11.07) at ユアテックスタジアム仙台

ベガルタ仙台 1-1 セレッソ大阪


広島の試合を見ながら、
得点経過を見て、負けを覚悟していたが、
また菅井直樹がやってくれた。
キャプテン・梁勇基の完璧なCKからの打点の高いヘッド。
スーパースコアリングディフェンダー菅井くんの本領発揮である。


ホームだし、勝ち点3の方がいいに決まっているが、
この勝ち点1が優勝につながるかもしれない。
得失点差で負けてる以上、勝ち点で上回らなければいけないのだから。
その意味では勝ち点差を3ではなく、
1試合で抜ける可能性のあるにとどめたことは大きい。


しかし、前半圧倒的に攻めていたことを考えるともったいない試合だったかも。
同点弾の後にもウィルソンのポストにあたるシュートがあったので、
どうせなら入ってくれてもいいのになぁ、とは思った。


残り3試合で勝ち点2差。
できることは全部勝つこと。
アウェイが2試合あるが、それは広島も同じこと。
盛り上がってきたなぁ。
なんだか、J1初昇格に近づいていた頃を思い出す。



以上。追記なし。

 





-Entry Top-

ファンサカ Week30 編成メンバー


■前回の反省
残留争いの正念場を迎えたアルビレックス新潟を勝負チームにして挑みましたが、見事に裏目。
サガン鳥栖の大量点までは行きませんでしたが、0-2ではポイント稼げません。
大惨敗の56Ppでした。
大前が点とってくれなきゃ50以下でしたね。
まあ、勝負に出ればこういうこともあります。


★勝負チーム:ジュビロ磐田 (1.3倍)

SnapCrab_NoName_2012-11-2_6-22-51_No[2]


今回はナビスコカップ決勝から中3日の11月7日(水)開催。
ナビスコ敗戦の痛手から清水エスパルス勢が立ち直ってどんなパフォーマンスを見せるかが鍵。

前節大量起用した新潟が今節は清水の対戦相手となるので全員放出。
前節いいパフォーマンスを見せながらもベガルタ仙台と引き分け、
順位を落として1.3倍となったジュビロ磐田を勝負チームにすることにしました。
最近、磐田の中盤は固定されていないのでスタメンが読み切れませんが、
前節を参考にするしかありませんね。

松浦や山崎亮平入れたいところなのですが、前節の出場がないので外しました。

ナビスコ決勝で120分戦って疲れているエスパルス勢の分、
ジュビロ勢には頑張ったもらいたい。


以上、追記なし。

 
 「Jリーグ」の関連記事





-Entry Top-

Jリーグ 第30節 (2012.10.27) at ヤマハスタジアム

ベガルタ仙台 1-1 ジュビロ磐田 


素人目線ではあまり語ることのない試合でしたので、
印象に残る場面、得点シーンを少しばかり振り返ってお茶を濁します。



【逃してしまった最初のビッグチャンス】
試合開始早々に鎌田の送ったロングフィードに、
梁勇基が抜け出すが、シュート精度を欠き、八田にセーブされる。

残り試合全勝を考えると、ここで先制しておきたかった。
たらればの話になるが、
抜け出すのがウィルソンであったならば、と思ってしまう。


【前半を終えて】
押し込まれる展開もあったが、
いくつかチャンスを作り出せていたので私は互角の展開だな、と思っていた。
ベガルタは元々ポゼッションするチームではない。
少々押し込まれるのは勘定に入っているのだ。


【ベガルタの先制点】
後半32分。富田のスルーパスを菅井がGK八田と交錯しながらグラウンダーのクロス、
ファーサイドでわずかにマークを外した赤嶺が難なく押し込み先制。

我慢の展開から残り15分を切って先制。
試合展開から考えれば理想的といってもいい時間の得点だった。
勝負どころでゴール付近に現れる菅井、ファーサイドで巧妙にマークを外す赤嶺と
持ち味を出した得点。
このまま逃げ切れれば最高だったのだが。


【ジュビロの同点ゴール】
後半39分。山本脩斗が左サイドから大きくサイドチェンジ、
前田が腿で落としたボールを山田大記がシュート性のクロス。
ゴール前に詰めていた山本康裕が押し込み同点。

ベガルタ守備陣は人数が揃っていたが、
ここは前田、山田の個人技が上回っていたと素直に認めるべきだろう。


【守備陣の健闘】
鎌田、上本の両CBが危ない場面でうまく体を使って防いでいた。
引き分けの影の功労者はこの二人だと思う。

ただ、最終ラインの守備は頑張っていたが、
角田不在の中盤でのボール奪取力はやはり落ちていた。
次節も角田不在は続くので、富田を中心に何とか踏ん張ってもらいたい。


【試合を終えて】
先制しただけに勝ちきりたい試合だったが 、
ジュビロの出来も素晴らしく、負けなくてよかった試合とも言える。
サンフレッチェがガンバと引き分けてくれたのでダメージは最小限だった。
ただ、最終節までに得失点差を逆転しておきたかったので、
そのチャンスを1試合逃したことは後に響くかもしれない。


          以上、追記なし。
 





-Entry Top-

Jリーグのことを書いていたら、
ファンサカに触れることがあったので
試しに単独で記事にしてみます。



★勝負チーム:新潟 (1.5倍)

      獲得Pp 市場Pp
FW 大前元紀 清水 8.70 17.49
  ブルーノ・ロペス 新潟 12.64 12.64
  鈴木武蔵 新潟 1.34 1.34
MF 梁 勇基 仙台 4.41 14.47
  ミシェウ 新潟 11.74 12.32
  田中亜土夢 新潟 11.38 14.79
  藤田征也 新潟 7.75 7.75
DF 村松大輔 清水 6.88 14.23
  金 珍洙 新潟 10.45 10.45
  石川直樹 新潟 12.05 12.05
GK 林彰洋 清水 6.83 8.19

 



勝負チームは新潟。

前回、勝負チーム新潟5人、清水4人を含む編成で臨み、
2チームとも引き分けながら新潟の1.5倍が効いて91ポイント
思ったよりもポイントが伸びたので、今回も新潟を勝負チームに設定

清水はアウェイで相性の悪い鹿島相手ということでヨン ア ピンを外し、
新潟の石川直樹を起用。

そして前節復帰した鈴木武蔵が途中出場で得点することを願って起用。


完全に新潟勝利あるのみのメンバー編成。

まあ、調子が落ち気味の鳥栖相手にホームで大量失点はしないだろう、
という安易な予測に基づくものです。

残り少ないので一節爆発型を組んでみました。
どうなりますことやら。


               以上、追記なし。

 
 「Jリーグ」の関連記事





-Entry Top-
J1 第2節 (2011.07.02) at ユアテックスタジアム仙台
 
ベガルタ仙台 1-1 名古屋グランパス  
 


【連敗しなくてよかった】
オウンゴールで追いつかれたものの、試合内容からいけば負けなくて良かった試合。
梁のゴールは素晴らしかった。
でも、そろそキレキレのFKのゴールも見たいなあ。
 
まあとにかく、一つ負けた後にズルズル連敗しなくて良かった。
昨年のような思いは二度としたくない。
 
 
そういえば関口が態度悪くて自宅謹慎中らしい。
何やってんだか。
やんちゃなのは知ってたけど、
地震の後の発言や日本代表に選ばれたことで
大人になったかな、と思ってたのに
まだそんな態度取るんだね。
いい加減に自分の立場を考えて行動してくれ。



      以上、記事完結。
 





-Entry Top-
J1 第17節 (2011.06.22)  at ユアテックスタジアム仙台

ベガルタ仙台 4-0 ヴァンフォーレ甲府


【無敗継続!! そして祝・梁パパゴール!!】
やっぱり勝って無敗が継続すると倍以上嬉しい。
しかも4-0だし。
仙台の人々は美味い酒が飲めたことだろう。

何と言っても梁パパの今季初ゴール。
赤嶺、柳沢の良い連携から生まれたナイスゴールでした。
ただ、走り込んだわけではなく、
はじめからあの位置にいた梁をオフサイドポジションにしてなかった甲府のディフェンスは疑問。

その後はほんとにいい時間帯に得点を重ね、快勝中の快勝というゲームだった。

のCKから渡辺広大のヘッド
甲府ディフェンスの二度に渡るクリアミスを赤嶺がヘディングで押し込む。
そしてここのところ出番の減っていた中島のミドル

平日の昼間に無理して見に行った人が多数であろうから、これだけゴールが見られて良かったね。


最近出番の増えた松下はけっこう効いてたみたいだし、
柳沢も噛み合ってたみたいだし、
連戦が続く中で選手層が厚くなってるのが心強い。

今度は連勝して首位奪取してくれ。


それにしても、こういう楽勝の時には点取らないのね、菅井くん



P.S.
Jリーグタイムでの健太の発音が”パク・チソン”にしか聞こえなかったが、
訂正が入らなかったところを見ると”チュソン”って言ってたのかな。
私には2回とも”チソン”にしか聞こえなかった。



          以上、記事完結。
 





-Entry Top-
Jリーグ 第15節 (2011.06.15)  at ユアテックスタジアム仙台

 ベガルタ仙台 2-1 ガンバ大阪


ベガルタは9戦負けなしでこの試合に臨んだ。調子の乗り切れていないとはいえ、
明らかに地力が上のガンバ相手は正念場と言える試合。
厳しい結果が予想されたが先制したのはベガルタ。

梁勇基のCKから菅井くんがヘディングシュート。
ほんとにこの菅井直樹という人はDFのくせによく点を取る。
右SBなのに、なぜそこにいるのってところに顔を出すFW顔負けの得点感覚。
魅力的なプレイキャラクターである。


ガンバもしぶとく同点。
アドリアーノがロングボールをDFとうまく体を入れ替えてキーパーもかわして6試合連続ゴール。
ほんとにやっかいだ、この人。


連続ゴールといえば去年も同じくG大阪の橋本英郎が6試合連続ゴールで話題になった。
Jリーグ記録は何試合だろうと思って調べたら懐かしい名前に出会いました。
元スペイン代表のフリオ・サリナス。
97年から98年の開幕戦にかけて8試合連続でゴールしています。
記憶に残っていないのは、シーズンをまたいだ記録だったからかな。


さて、ここのところ終了間際に点を取られるパターンが多かった仙台。
地力に勝るガンバに逆転されるかと思いきや、踏ん張りました。

移籍後初出場の柳沢のポストプレーから角田が持ち上がりクロス。
きれいにゴール前を横切って赤嶺が押しこむだけ。美しいゴールでした。

今シーズン、京都から移籍した角田が攻守に効いているようです。
ニュースを見ているだけでもよく名前を聞く。
99年のナイジェリアワールドユース組で日本代表に入るかな、と思われる時期もありましたが、
ブレイクしきれずにいました。
こんなにパスセンスがある選手だと思わなかったのですが、ベガルタにうまくハマっているよう。
いい補強をしましたね。

開幕ダッシュは今までにもありましたが、だいたい5試合くらいで終わって失速。
前半の貯金を活かしてギリギリ残留というパターンでした。
10戦負けなし、しかもレッズ、ガンバ、フロンターレ、セレッソと力のあるチーム、
そしてレイソル、Fマリノス、サンフレッチェと今季好調のチームとの対戦も含んでのもの。
地力がついたと言っても差し支えないでしょう。




      以上、追記なし。

 




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。