/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > 瀬沼優司


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-


【柴崎岳の煌めき】
同点後は攻める回数が増えてきた。
先に点を取れば勝てる。

そう思っていたのだが..........。


得点は増田誓志の美しいサイドチェンジから生まれた。

延長前半3分、左サイドにいた増田が右サイドへ大きくサイドチェンジ。
通ったら危ないな、と思ったが高木俊幸の頭は届かず。
サイドチェンジを受けた西大伍がドリブルで高木をかわし、
やや前にいた柴崎岳にパス、
トラップが大きくなったので、助かった~、
と思ったら、ヨン ア ピンの横を走り抜けシュート。
強烈なシュートは林彰洋も届かないところへ。


おいおい、そりゃないだろ~。
この展開はエスパルスが勝つ流れだっただろ。

柴崎もPK奪ったシーン以外は眠っていたくせに、
よりによってそんなスーパーなプレーしなくてもいいのに。

と文句を言っても始まらないが、
ほんとに簡単には勝たせてくれないな、アントラーズって。

しかし、まだ時間はある。
大前、高木が1ランク上の選手になりたいなら、
ここで仕事をしなければならない。




【不発だったパワープレー】
延長前半5分、同点を狙って村松大輔に代えて瀬沼優司を投入。
代えるなら大前を残すとすると消去法で高木俊幸か、
交代で入ったがフィットしていない小林大悟かと思ったが、
ゴトビ監督は守備の要の村松を代えてきた。

確かに点を取らなければ勝てない状況だが、
村松抜きでは相手に点を取られる方が先になりはしないか、と不安になった。
ボールを奪わなければパワープレーは仕掛けられない。


案の定、次々と前線の大迫へとボールが渡り、ピンチの連続。
エスパルスはツインタワーにボールが入らず、
なかなかシュートに結びつかない。


延長前半11分、ようやく吉田のクロスのこぼれを高木がシュートするが、
増田にブロックされる。

リプレーを見ると、その距離から考えて増田にあたらなければ
入っていた可能性大だった。
アントラーズは交代で入った選手がしっかり仕事をしている。



結局、パワープレーは 全くといって機能しなかった。
むしろ簡単にボールを失ってピンチに陥ることの方が多かった。
延長後半も有効な攻撃ができないまま終戦を迎えた。

機能していない攻撃を続けるしか手はなかったのか。
意図した攻撃が機能しないなら、別の策はなかったのか。
策まで行かなくとも、何か工夫できなかったものか。
タイトルにチャレンジできる貴重な時間を
ただただ無為に消費したようで残念でならない。





【MVPの柴崎岳】 
先日の記事で褒めすぎたか。
しかし、この決勝での活躍を既に見ていたかのような褒め方だったな。
私の見方が間違っていなかったということ。
自画自賛。

長谷部の控えは細貝ではなく高橋秀人に任せて
もう一枠を柴崎に与えてもいいのではないか。

しかし、はじめの90分は得点シーン以外消えていた。
勝負どころで仕事をすることは大事だが、
柴崎はゲームを支配する選手にならなければならない。
この試合はポジションがサイドだったから仕方のない面はあるが、
来季はボランチとしてピッチの支配者となってもらいたい。

そしてまた憎たらしいくらいに強いアントラーズとして
エスパルスの前に立ちはだかってほしい。
強いアントラーズを倒すことがJリーグでの楽しみの一つだからだ。



【この悔しさを越えてゆけ】
ヤングエスパルス 、この悔しさを乗り越えて
次のチャンスは絶対にものにしてもらいたい。

が、そのチャンスは今シーズン中、つまり天皇杯にしないと
大前がヨーロッパに移籍してしまうかもしれない。

若い選手が能力を開花させた後に活躍する姿を
Jリーグで見られないというのは寂しいものだ。

ヨーロッパが中心となっているサッカー界の現状を見ると仕方がない。
どのくらいかかるかわからないが、
Jリーグがヨーロッパのリーグと肩を並べる日が来て、
若い選手が国内にいても力を伸ばすことが出来る環境になり、
そして正当な報酬が得られるような、そんなリーグになってほしい。



【ゴトビという監督】
アフシン・ゴトビはいい監督だとは思う。
だが、戦略家ではない。
チームの大枠を作って、若い選手をのびのびとプレーさせる、
心理マネージャータイプだ。
リーグ戦を見ていても選手交代があまり機能しない。
細部まで詰めるタイプではないようだ。
相手の弱点をピンポイントでつくような作戦も大勝負で勝つには必要。

ジョルジーニョがゴトビよりいい監督だとは思わないが、
一発勝負で勝つという戦略においては今回は完敗だった。
それは、試合の展開と交代で入った選手の機能度を見ればわかるだろう。

エスパルスが来季に向けてどの程度、戦力を上積みできるかわからないが、
来季は本気でタイトルを狙うシーズンになるだろう。
もしゴトビに戦略家としての面があるなら、
来季は惜しむことなく発揮してもらいたい。



以上。記事完結。

スポンサーサイト
 





-Entry Top-
 番外
大前元紀
我がエスパルスのエース。
リーグで11得点と結果を出しているが、
代表に呼ばれるほどのインパクトは与えていない。
2列目の層の厚さを考えると使い所がないと思われる。
プレースタイルから考えると
乾や宇佐美を超えるパフォーマンスを見せなければ呼ばれないだろう。


瀬沼優司
途中出場2試合で2得点という凄まじい決定力を発揮している
筑波大所属で清水エスパルスに特別指定選手でプレーしている長身フォワード。

あのヘディングの迫力はそう見られるものではない。
来年エスパルスでブレイクしてもらって、
代表で負けている時にマイクとツインタワーを組む場面が見たい。
愛されキャラだし、人気出ると思うんだよなぁ。
 
 「日本代表」の関連記事





-Entry Top-

Jリーグ 第28節 (2012.09.29)  at アウトソーシングスタジアム日本平 

清水エスパルス 3-1 ベガルタ仙台



BS1でもBSスカパーでも放送しないから見られないものだと思って
キックオフ時間も確認していなかったが、
ファンサカをチェックしていたら13:00キックオフとのこと。

もしかしてスカパーの無料大開放で見れるかなとチェックしたら
スカチャンで放送中ということを発見した時にはもう前半終了間際、
ベガルタが1-0でリードしていた。


得点者は菅井くん
またセットプレーからの流れかと思ったが、スローインからの流れ。
映像で確認すると太田の右からのクロスをヘディングで合わせていた。
なぜ右SBが右サイドからのクロスを中央でヘディングしてるんだ?
と思ったら太田のスローインをウィルソンが受ける間に中央へ侵入していた。
普通スローインはSBの選手がやることが多いがベガルタはそういう決まりがないのかな。
ほんとに菅井という選手は神出鬼没で不思議な選手である。
しかも完全どフリーで高い打点で逆サイドネットに流しこむFW顔負けのゴールだった。
試しにナビスコとか天皇杯で弱いとこ相手にFWやらせてみたらどうだろう?
ウィルソンと組ませてセカンドストライカーならこなせそうな気がする。


前半は1-0で終了。
両方とも愛するチームなのでいつもこの対戦は悩ましい思いで見るのだが、
ベガルタは優勝争い真っただ中、
エスパルスは残留ほぼ確定でACL出場権もやや厳しめという現状を考えると
今日はベガルタがこのまま勝ってもいいのではないかとこの時点では思っていた。
エスパルスの攻撃陣は若さが悪い方に出て消極的なプレーに終始していた。
勝ちに値するプレーをしていたのはベガルタの方だったのである。
続きを読む↓
 




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。