/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > 無敗記録


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-
J1 第18節 (2011.06.26)  at アウトソーシングスタジアム日本平

ベガルタ仙台 
0-1 
清水エスパルス
 

【無敗ストップ!!!】
ベガルタ仙台サポとしてはすごく残念なのですが、
私の場合、同時に清水エスパルスサポでもあるので、すごく複雑な心境です。
 
各スポーツニュースを見た限りでは試合自体の出来は悪くなく、
チャンスも作れていたようなので悲観することはないと思います。
赤嶺中原がいい位置でへディング打ってましたし、ちょっと運が足りなかったという感じですかね。
運で無敗を続けていたわけではありませんが、紙一重で続けていたことは確か。
 
 
敗因は菅井くんを早めに交代させたこと(なんつってvv)。
ケガや連戦の疲労などの事情があったのかもしれませんが、
こういう苦しい展開を打開してミラクルを起こすのが菅井くんです。
負けるにしても最後まで使ってほしかった。
 
負けたことは悔しいことですが、この負けを引きずって連敗をするようなことなく、
優勝争いに加わって行ってほしいと思います。
 
 
ところで、前節スタメンから外れた関口がベンチからも外れてましたが、
ケガでもしましたかね?
震災以降、ずいずん気を張ってたみたいだから、精神的にも体力的にも疲労のピークがやってきたのかな。
ベガルタには欠かせない戦力ですので、少しリフレッシュする時間を与えて、
今後苦しい時に力を発揮できるようにしてほしいです。



            以上、記事完結。


スポンサーサイト
 





-Entry Top-
J1 第18節 (2011.06.26)  at アウトソーシングスタジアム日本平

清水エスパルス 1-0 ベガルタ仙台


【清水が止めちゃった..........】
優劣つけがたいマイチームが2つあるとこういう苦しみを味わうことがあるんですね。

以前は清水がJ1から落ちず、仙台はJ1に定着できるほど強くなかったので
対戦したとしてもどっちが勝っても気にならなかったのですが、
今回ばかりは引き分けで済ませてほしかった。

今回は日曜開催でJリーグタイムがないので映像は「やべっちFC」のみチェック。
「やべっちFC」を見ただけでは両チームの出来が判断できませんが、
今季好調のベガルタ相手にゼロで抑えて勝ったのだから悪くはなかったのでしょう。

唯一の得点はアレックス
Aリーグの得点王経験者らしい上手さを感じさせるボレーでした。

個人的に期待している山本真希が久しぶりに先発してフル出場しているので
出来は悪くなかったのかな。
村松大輔平岡康裕など本職ではない選手たちに負けないように頑張ってほしいものです。
さらに言えばベンチにいる枝村匠馬杉山浩太の生え抜きユース出身者が
レギュラーを奪いとってブレイクしてくれたら言うことなし。

新戦力も少しずつかみ合いだし、連敗せずにじわりじわりと調子を上げているよう。
あとは川崎の小林悠みたいなスーパーサブが出てきてくれたらいいのですが。




■余談
アレックスのフルネームはアレックス・ブロスケなんですけど、
ブロスケという響きも良く、そんなに長くないので
登録名はフルネームでも良かったのではないかと思います。
ジョルジ・ワグネルやレアンドロ・ドミンゲスとかもいることだし。

アレックスは三都主のイメージが強いですし、
ブラジル人を中心にたくさんいるので差別化した方がいいです。
そして、もしルールで許されるなら武路助とか舞呂助のような漢字表記を使ってほしいです。
ダメですかね大東チェアマン。


       以上、記事完結。



 





-Entry Top-
J1 第17節 (2011.06.22)  at ユアテックスタジアム仙台

ベガルタ仙台 4-0 ヴァンフォーレ甲府


【無敗継続!! そして祝・梁パパゴール!!】
やっぱり勝って無敗が継続すると倍以上嬉しい。
しかも4-0だし。
仙台の人々は美味い酒が飲めたことだろう。

何と言っても梁パパの今季初ゴール。
赤嶺、柳沢の良い連携から生まれたナイスゴールでした。
ただ、走り込んだわけではなく、
はじめからあの位置にいた梁をオフサイドポジションにしてなかった甲府のディフェンスは疑問。

その後はほんとにいい時間帯に得点を重ね、快勝中の快勝というゲームだった。

のCKから渡辺広大のヘッド
甲府ディフェンスの二度に渡るクリアミスを赤嶺がヘディングで押し込む。
そしてここのところ出番の減っていた中島のミドル

平日の昼間に無理して見に行った人が多数であろうから、これだけゴールが見られて良かったね。


最近出番の増えた松下はけっこう効いてたみたいだし、
柳沢も噛み合ってたみたいだし、
連戦が続く中で選手層が厚くなってるのが心強い。

今度は連勝して首位奪取してくれ。


それにしても、こういう楽勝の時には点取らないのね、菅井くん



P.S.
Jリーグタイムでの健太の発音が”パク・チソン”にしか聞こえなかったが、
訂正が入らなかったところを見ると”チュソン”って言ってたのかな。
私には2回とも”チソン”にしか聞こえなかった。



          以上、記事完結。
 





-Entry Top-
J1 第16節 (2011.06.18) at 東北電力ビッグスワンスタジアム

ベガルタ仙台 1-1 アルビレックス新潟
  
 

【またまたやったね、菅井くん!】
アントラーズvsジュビロの中継を見ていたら、
後半
35分くらいの途中経過で1-0で負けている表示が出たので、
ついに無敗がストップする時が来たか、と諦めていたが、
試合終了後に全試合結果を見たら1-1になっててビックリ。
 
Jリーグタイムを見て確認すると、ロスタイムに入ってからの同点弾。
菅井くんがやってくれました。
2試合連続弾。
スローで見るとDFの足にあたらないのが不思議なくらいに狭いところを抜けていました。
まあシュートよりも右サイドからクロスが上がったのに、
SBがゴール前に飛びこめる位置にいたことの方が不思議なのだが、
菅井くんなら不思議じゃないんだな、これが。

 
ついにJリーグ新記録だそうな無敗記録。
まあ、記録が伸びても柏が勝ったため首位との差が開いたので
手放しで喜べるものではないが、
そもそもベガルタはJ1残留が第一目標
上半分の順位なら上出来となるチームなのだ。
秋までこの位置をキープできたら、さすがに優勝を考えるだろうが、
現時点では残留に必要な勝ち点を予想外に速いペースで積み上げているに過ぎない。

残留安全圏を勝ち点40と考えると、
現在、日程の約1/3の11試合を終えて勝ち点21
残り
23試合で最低19の勝ち点を上積みすれば良いことになる。
単純計算で6勝1分で残留確保となる。
これから連敗記録を更新するような大不振に陥らない限り、残留は確保したと見ていいだろう。
今後はサッカーの質をより高めていく方向に集中してもらいたい。 


             以上、記事完結。
 




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。