/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > 美耶子


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-

気になった点、腑に落ちない点、疑問点などを一話ごとに挙げています。
全体を読んでの感想はこちら



「黒い塔」
○美耶子は初対面の時に未来が見えるのではないのか?
「二つの茶碗」に登場した美耶子と主人公の亜希子が街頭で出会うが、
初対面の時はチラシを渡しただけだった。
なぜ二度目に会った時に見えたのか疑問。
また、いきなり叫ぶのではなく別の方法で常野のことを話したり、
常野一族が協力してバス事故を防ぐなり、
亜希子が乗らないようにできるはず。
いきなり叫ばれたら普通怖くて聞く耳を持たない。


○なぜ記実子も一緒にタイムスリップしたのか?
事故を防ぐだけなら亜希子だけタイムスリップして、
何も知らない記実子はバスから降りた後の役目だけ果たせばよい。
一人がタイムスリップするだけでもすごいのに、
二人もタイムスリップするなんて亜希子の超能力はどこまですごいんだ?


「国道を降りて」
これは特になし。




■全体を通して
律のように留学をしたり、海外で生活する者もいると思う。
また、超能力者が地球上で
日本の常野一族しかいないというのも考えられない。
よって他国の超能力者との交流はないのだろうか。
芸術分野で成功するものがいれば、
いつかどこかで出会う確率が高い。

そこまで話を広げたら大変だと言う方もいるかもしれないが、
「草取り」のように世界の破滅を救っている者もいる。
こういう設定を示した以上、他国の超能力者もいないわけがない。
どこかで登場してほしいものである。

また「光の帝国」において
軍部に実験対象として利用されている記述がある。
戦争が終わったからといって、情報が消えるわけでもない。
現代においても政府なり研究機関なりとの攻防、やりとりは描かれるべきである。


以上に挙げた気になることが
続編の「蒲公英草紙」「エンド・ゲーム」で解消されることを楽しみにしています。
ではまた。

 


         以上、記事完結。


「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評1 全体の感想

気になる点など
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評2 「大きな引き出し」
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評3 「2つの茶碗」
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評4 「達磨山への道」
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評5 「オセロ・ゲーム」「手紙」「光の帝国」「歴史の時間」
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評6 「草取り」
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評7 「黒い塔」「国道を降りて」、全体を通して>


スポンサーサイト
 
 「ブックレビュー」の関連記事





-Entry Top-
気になった点、腑に落ちない点、疑問点などを一話ごとに挙げています。
全体を読んでの感想はこちら



「二つの茶碗」

○美耶子が見えた未来は変えられないのか?
美耶子が初対面の人が悪事をしでかすことがわかるなら、
店から追いだして終わりにするのではなく、
一族で協力するなりして止めるべきではないだろうか。
それとも何をどうやっても未来は変えられないのだろうか。
だとすると、未来が見える能力というのはとても悲しい能力だと私には感じられる。

何か目標を持った時に結果がわかったら、果たして人は努力するだろうか。
いい結果にせよ、悪い結果にせよ、見えた未来が変えられないなら私はきっと努力しない。
そして、どうにかして結果が見えないものを探し続けるだろう。
未来が見える能力などあっていいことなどないように思われる。


○ 美耶子はなぜ三宅篤に惚れたのか
理由が書かれた部分がない。
三宅篤が将来何か大きなことをするのが見えたようだが、
それが理由で惚れたのであれば、浅はかという他ない。
幼い頃にこの店にいる三宅の姿を予見していたようだが、
もし仮に自分がいつか結婚する相手がわかったとして、
その相手に出会った瞬間に惚れるものなのだろうか?
三宅と出会う前の恋愛経験はどうだったのだろう?
社会に出てからすごく好きな人と出会っても、この人とは結婚しないんだな、
と思ったら気持ちが冷めてしまうのではないだろうか。

逆に、その感情の動き、動くタイミングまで予見できてしまったら、
人生がつまらないことこの上ない。

美耶子にはどの程度、未来が見えるのだろうか。
かなり具体的に見えた記述もある。
1ヶ月後の焼身自殺、当日のバス事故である。
インチキ占い師みたいに漠然としたものではないらしいが、
見る時見ない時のコントロールはできないのだろうか。
会う人会う人いちいち未来が見えてたら身がもたない。
自分でコントロールできないなら超能力などいらない。


○ 未来が見えなくなった理由
きっかけとして三宅篤に惚れたことは描かれているが、
それが直接見えなくなった原因とは書かれていない。
また、結婚後にまた見えるようになっているが、これも理由が書かれていない。
短編だから書くスペースがないのかもしれない。できれば 続編で触れてほしい。


「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評4に続く。



「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評1 全体の感想

気になる点など
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評2 「大きな引き出し」 
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評3 「2つの茶碗」
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評4 「達磨山への道」
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評5 「オセロ・ゲーム」「手紙」「光の帝国」「歴史の時間」
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評6 「草取り」
「光の帝国 常野物語」 恩田陸 書評7 「黒い塔」「国道を降りて」、全体を通して


 
 「ブックレビュー」の関連記事




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。