/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > 酒井宏樹


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-

今回もあまり予想する必要もないかもしれませんが、
簡単なので一応載せときます。



FW 前田
MF 岡崎 本田 清武
  遠藤 長谷部
DF 長友 今野 吉田 酒井
GK 川島



怪我で離脱中の香川真司、内田篤人の代わりに誰が入るか、
くらいしか予想するところはないですね。

順当に考えれば、清武弘嗣が入って右SHに、
怪我から復帰した岡崎慎司が左SHに入り、
私は駒野友一が見たいのですが、
何やら腰を痛めているらしいので、
消去法で酒井宏樹が右SBに入るでしょう。


しかし、最近、内田篤人は怪我が多くありませんか?
まだ若いのに、筋肉系の怪我は癖になるから心配ですね。
幸い、今の日本にはいいサイドバックがたくさんいるのでカバーできますけど。


今回は負けなければいいですね。
大事なのはW杯出場権の確保。
3位以下との差をキープすればいいだけ。

内容に期待はしますが、
現地はこの時期でも暑いらしいので、
悪くても引き分ければ文句はないです。

乾、宇佐美、高橋秀人あたりを試せる状況が作れたら
言うことなしですけどね。

まあ、あまり高望みせずに見たいと思います。



以上。追記なし。

スポンサーサイト
 





-Entry Top-

【本田圭佑の1トップ】
初めて実現した、香川と同時起用時の本田の1トップ
スタート時は香川がトップ下でなかったのが残念。

ボール回しは格段にスムーズだったが、
本田がサイドに流れてボールキープしたり、パス交換したりするので、
ゴール前にターゲットがいなくなり、クロスが上げられない。
ゴールから近い位置でパス交換して突破するならいいが、
サイドに流れてばかりだと、本田がシュートシーンに絡みづらくなる。

試合後に本田本人が、1トップではなく0トップのイメージでプレーした
と言っていたが、ゴール前に人がいないという意味での0トップになってしまった
岡崎慎司がいれば違ったのかもしれないなぁ。

機能していたとは言い難い本田の1トップだが、
前田遼一不在の時には必要なオプションと思うので
前線の4人の動きを練習すべき。


【内田篤人起用の効果】
相手との兼ね合いもあるのだろうが、
内田、清武、本田が右サイドの狭いスペースで
少ないタッチ数のパス交換でボールを運んでいくシーンが多々見られた。

後半、酒井宏樹が出てきてからは見られなかったので、
内田の特性が表れたシーンと言って良いのではないだろうか。

ネイマールと終始お互いにガツガツやり合ってたのは良かった。
時折見せるウッチーの秘めた男気に女性ファンは萌えるんだろうなぁ。

内田のプレーはかなり好印象だったので前半だけでの交代は納得出来ない。
フランス戦の起用時間も含め、シャルケから圧力がかかっていたのか?


【酒井宏樹の選択】
ボール回しはスムーズだったが、
前線まで上がってボールを受けても後へ戻すだけで、
売りであるクロスを上げる場面はほぼなかった。

ゴール前がノーチャンスの場合が多くて上げても仕方ない場面が
多かったかもしれないが、キーパーとディフェンスの間に速いボールを送れば
ゴール前に混乱を生むかもしれないのでクロスを入れるべきだというのは
素人考えだろうか。


【使われなかった選手】
この試合でも交代枠6を使い切らなかった。
そして佐藤寿人は使われなかった。

3点目を取られた時に勝負は終わり、
4点目を取られた時にブラジルがお遊び、安全運転モードに切り替え、試合は終わっていた。

この時点で残り15分近くあった。 
スタメンで出ていた選手もバテてきていただろうし、集中力切れで怪我をする可能性もあるので、
控えメンバーを出す条件は十分に整っていた。

にも関わらず、宮市、栗原を出したのが後半45分
宮市は惜しいプレーで一度オフサイドを取られたのがせいぜいで何もできなかった。
宮市は芝生を踏むだけのために呼ばれたのか。

そして、寿人はベンチから試合を眺めるためだけに緊急招集されたのか。
使うつもりがなかったのなら宇佐美でも呼んどけばいい話。
何ならベルギーの2部リーグにいる指宿を呼んだって今回のようなケースなら
誰も文句を言わない。

ザックの召集選手、選手起用は
準レギュラー以下は納得がいかないことが多い。


                     以上、追記なし。
 
 「日本代表」の関連記事





-Entry Top-

■前半
フランスの攻勢

ほぼ攻められっぱなし。
若いフランス代表は思ったよりも強かった。
強い日本代表ばかり見ていたので、もっとボールを回せると思っていたが、
ヨーロッパの二番手グループ相手でも互角の戦いにはならないのだな。

フランスは個人個人の戦術眼が高いのか
非常に的確に日本の裏を突いて攻めてくる。

コーナーキックとセンタリングの雨あられ。
攻撃にもう一歩の精度があれば得点は生まれていただろう。


日本の守勢

翻って日本側から見れば
ボールを回そうとしても、フランスのチェックが早く、すぐにカットされ、
全く攻めのリズム、糸口はつかめなかったが、
得点は許さず、集中力を保っていた。

香川マイクへはほとんどボールが入らず、
触ったにしても香川は低い位置、マイクは左サイド。
また、長友もトイメンのドビュッシーがガンガン上がってくるので
上がる余裕が無い。
清武、酒井の右サイドの方がまだ形が作れていた。

前半半ば過ぎからはやや押し返したようにも見えたが、
シュートは酒井のクロスからのマイクのヘディング1本のみ。

フランスの出来はすごく良かったが、
にしても、シュート数1対14、CK 0対8はあんまりでないかい。
CKもおそらく全部先に触られていた。
点取られなかったのが不思議。


後半に向けて
宮市を入れても攻め手が見つかるとも思えない。
今出ているメンバーで改善すべき、と思った。
  


ベンゼマについて
ベンゼマはいい選手だ。
テクニックはあるし、素晴らしいシュートもたくさん打つ。
だが、凄みが足りない
レアルや代表で勝負を決めるゴールが増えればワールドクラスになると思う。

 
 「日本代表」の関連記事





-Entry Top-


サッカー国際親善試合 日本代表×フランス
        (2012.10.12、現地時間) at Stade de France


勝っちゃいましたね、日本!!!

内容的に面白い試合ではありませんでしたが、
W杯優勝経験国に相手のホームで勝ったのは立派。
素直に喜びましょう。


それでは、詳細な戦術分析は専門家に任せて、
素人目線で振り返っていきましょう。



■スタメン確認

まあ、予想通りかなぁ、とサラ~っと眺めていたら
右隅に酒井宏樹の文字が。
内田でも駒野でもなく。

ザックさんはきっとW杯本番で酒井にスタメン張ってほしいんだね。
だから、あまり使わなくても呼び続けていたんだね。
確かに、あのサイズ、クロスのスピードは魅力的だもんね。
若いしね。
ウッチーもまだ十分若いんだけどね。
駒野はやっぱり保険扱いなのかね。


■国歌斉唱

昨年のラグビーW杯inNZ以来、国歌にハマっておりまして、
国際試合の際に、いい国歌演奏があると録画の国歌部分を残しています。
そして、この一年見た中でもお気に入りの一つが

フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」です。
歌詞の内容はフランス革命が背景にあるので血なまぐさいものであり、
議論の対象となっているようですが、 
私はメロディーと歌の響き重視なので、歌詞についてはノータッチ。 


「君が代」が日本人が歌っているのかと思うほど自然な響きで素晴らしかったので、 
「ラ・マルセイエーズ」への期待が膨らんだのですが、 

勇ましさが感じられずに、結果としてはいまいち。


観客の歌声をもっとマイクで拾って欲しかった。 
ラグビーのW杯や
ラグビーチャンピオンシップ(トライネーションズに

今年からアルゼンチンが加わって名称変更)や
シックス・ネイションズでの国歌演奏はとても素晴らしい雰囲気なので

真似していただきたい。

日本での国際試合も落ち目の歌手なんて使わずに、
開催地のトップレベルの合唱隊に依頼することを検討してほしい。

 
 「日本代表」の関連記事





-Entry Top-
サッカー日本代表のフランス戦スタメン予想記事の中で内田と駒野の比較に触れたら
思ったよりも長くなったので別記事にしてみた。


内田篤人の良さ
サッカー経験者や解説者によると内田はビルドアップ能力が非常に高いらしい。
これが素人には非常にわかりにくい。
私には、たまに上がってクロスを敵にぶつけたり、
放ったクロスが味方に合わない場面ばかり目についてしまう。

スピードもあるらしいが、永井や宮市のように驚異的ではない。

元々トップ下をやっていたらしく、足元の技術、パスセンスがあるらしい。
これがビルドアップの上手さにつながっているのだろう。


ビルドアップ
ビルドアップとは、守備から攻撃に転じてから、
ディフェンスラインからボールを回しながら
チーム全体を徐々に前にすすめること、らしい。

つまり攻撃の組み立てを指すらしいのだが、
これがわかりづらい。

単純なボールキープ、ターンの上手さ、
前の選手へのパスの良さといったことは見ればわかるのだが
ビルドアップ”となったとたんにボヤけてしまう。

テレビ観戦していて「今のはいいビルドアップでしたね」なんて解説してくれればいいが
そんな言葉を聞いた覚えはない。
シュートやクロスと違って長く続く状況なので
コメントするタイミングがないのかもしれないが、
よく聞く言葉の割に概念が浸透していない言葉だと思う。
テレビ観戦するライト層には説明することではないと考えられているのかな。

野々村芳和さんあたりに解説して欲しいのだが、
地上波の放送局とは契約していないもんな。

続きを読む↓
 
 「日本代表」の関連記事





-Entry Top-
 日本 3-1 クウェート at 豊田スタジアム
 
前半15分くらいまでを見た時点で、今日は楽勝だな、と思った
あれだけパスが回し続けられて決定機を作り出せるということは、
かなり実力差があるということだからだ。
逆に言うと、それだけ実力差があるので
楽勝と言えるスコアで勝たないとまずい相手だということ。
でないと2試合目に対してかかるプレッシャーがとても大きなものになる。
 
序盤に連発した決定機を外しまくった時は、ちょっと嫌な流れだなぁ、と思っていたが、
比嘉の左サイド突破からのクロスを清武がどフリーで決めて先制。
比較的早い時間帯で先制できたのでホッとした。
選手たちも気持ちが軽くなったことだろう。
続きを読む↓
 
 「日本代表」の関連記事




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。