/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > 長谷部誠


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-

【1失点目】
前半12分。
左サイドのダヴィジ・ルイスが前線へ送ったハーフスピードの縦パスを
内田がヘディングでクリアを試みたが、ボールは自陣中央側へ真横に飛んでしまい、
オスカルに拾われ、パウリーニョに鋭いミドルシュートを叩きこまれた。

おそらく内田は清武や長谷部に渡そうと思ってヘディングしたはずだが、
ヘディングしづらい高さだったのか最も危ないところに飛んでしまった。
不運と言えなくもないが、
世界のトップと戦うにはこのような小さなミスもなくさなければならない。

また、長谷部が前目の位置から戻り切れていなかったため、
オスカルがフリーでバイタルエリアへ侵入、
遠藤がカバーに入ったが、今度は遠藤がいたスペースにパスを通されシュートを浴びた。
この場面、香川がダッシュで戻ってきてチェックに行ったが間に合わず、
長谷部は内田のクリアミスの後からでもダッシュで戻れば間に合う場所にいたが、
ちんたらジョギングしていたので間に合わず。
この失点は長谷部の責任も大きい。

しっかし、パウリーニョのシュートはスゴ過ぎ。
左から来たボールをトゥーキックで擦り上げるなんて。
だから、あんなに低くてスピードがあるボールだったのに、
川島の手前でワンバウンドするくらいに落ちたのだと思う。


【2失点目】
前半26分。
アドリアーノのクロスを
ペナルティーエリア内で受けたカカがワントラップで今野をかわしにかかったが、
ボールが今野の腕に引っかかり、ハンドと判定され、PK。
ネイマールが落ち着いて決めた。

どう見ても故意に見えないハンドを取られたのは不運だが、
きっかけは
GKからのロングボールを競りに行った長友の裏を突かれて左サイドを突破されたこと。


ロングボールを長友が競る場面を作られたことがまずかった。
ディフェンスラインと相手の前線が4対4の状況を
試合開始から常に作られていたから起きた失点。
隙を逃さずに裏を突いたカカと
素早くフォローして2対1の状況を作った右SBのアドリアーノもさすが。



【3失点目】
後半3分。
CKからオスカルが意表をついたフワリとしたボールをファーサイドに送り、
長友がかぶったところでネイマールが胸トラップから中にパス。
吉田麻也にあたってゴールイン。

得点自体は不運だが、
ゴールに近いところでプレーし続ければ、こういった事故の起きる確率も高まる。

また、CKはネイマールのドリブルシュートで得たものであり、オスカルのCKも含め
高い個人技を積み重ねた結果のゴールとも言える。


【4失点目】
後半30分。
本田今野にボールを下げ、プレッシャーをかけられた今野がさらに吉田麻也に下げ、
麻也が遠藤にパスを出すが少しズレる。遠藤が懸命にスライディングをするが届かず、
パウリーニョにボールを奪われカウンターに。

ネイマールがフリーで上がるカカにパス。
カカが落ち着いて麻也の間合いを外してシュート。
川島の左足をかすめ、ポストにあたってゴールイン。

川島の足、ゴールポスト、
どちらかのあたり方が少しでも違えば得点にはならなかったかもしれないが、
ピンチを生む軽率なパスを出した麻也は大いに反省すべし。


                  以上、追記なし。
スポンサーサイト
 





-Entry Top-

日本代表vsブラジル代表 スタメン予想

フランス戦のスタメン予想のアクセスが予想以上に多かったので
ブラジル戦も記事を書いてみようと思う。

◆本田いるVer.1
FW    マイク
MF  香川 本田 清武
    遠藤 長谷部
DF 長友 今野 麻也 内田
GK     川島

もっとも無難なパターン。
ハーフナー・マイクがフランス戦で機能したとは言い難いが、
あれはマイクだけの責任ではなく、
ザッケローニ監督は本田圭佑のトップ下に強いこだわりを持っているようなので
これが一番可能性が高いかと。

さすがに、次は内田篤人を使うと思う。
本田が復帰すれば高さも確保できるし。


◆本田いるVer.2
FW    本田
MF  乾 香川 清武
   遠藤 長谷部
DF 長友 今野 麻也 内田
GK   川島

フランス戦の終盤に機能した元セレッソ3シャドウに本田を組み合わせたパターン。
ザッケローニが香川真司のトップ下をもう少し見たみたいと思えばこれ。

上記2パターンとも、長谷部のところが細貝になる可能性もあり。

本田が出られなければ、代わりにマイクが入るだけだろう。

スタメンはこんなところだろう。


私の希望としては、せっかくヨーロッパまで呼び寄せたのだから、
佐藤寿人を最低15分は使ってほしい。
寿人はいつも出ても5分くらいでかわいそうだったから。

もちろん、駒野も出してほしい。

宮市は次も出番なしかなぁ。
宮市とか永井のようなタイプは格上と戦って押し込まれる時に有効なのだから、
使うなら今回のような対戦なのだが、
今回は乾を長く試すほうが優先かな。 


以上、追記なし。
 
 「日本代表」の関連記事





-Entry Top-

■余談

実は私、リアルタイムでは見ずに寝ていまして、
起床後は情報をシャットアウトして大リーグ中継を見ていたのですが、
BSニュース内で突如結果をバラされそうになり、
慌ててテレビを消すということがありまして。

短いニュースと言えどトップで伝えるということは
勝っちゃったのではないか

なんて推測してしまったんですよ。

だから、日本が攻め上がるたびに、
「これが入るのか?」なんて思いながら録画を見ていたんです。

しかし、試合内容を見る限り勝ちそうな雰囲気は少しもせず、
このまま0-0の引き分けで終わりそうだな、と思っていたところでの
あのカウンターだったのです。

で、猛烈な勢いで上がる選手たちを見ながら、
「これが入っちゃうんだ」なんて半分以上思いながら見ていたので
得点の興奮はきっと事前情報なしの半分以下だったと思います。

だから、結果情報を全く知らずに見た人が羨ましい。


■少し細かい点

憲剛のスパイク】

開始早々、中村憲剛が足を滑らせて相手にシュートを許し、
後からポイント式のスパイクに取り替えていた。

試合前練習はしているし、
グラウンド状態のチェックをしていないはずがないので、
判断ミスとしかいいようがないが、
チームとしてスパイクのチェックはしていないのかな。
スパイク交換中に点取られたらシャレにならんがな。


【川島のミス?】
フランスが後方から送り込んだロングボールに
ジルーが少し触ってこぼれたボールを
川島がワンハンドレシーブのように弾いてワンバウンドさせてから
キャッチしようとしたが、 捕り損なってコーナーキックになった。

一見単純なミスに見えたが、
リプレーで見るとジルーが触った時にボールに強い回転がかかり、
川島が触ってから地面に落ちた時

まるで軟式テニスのスピンサーブのように 地面と平行に弾んだ。


あれは芝が濡れているから、あんな動きになったのだろうか?
濡れていた方が回転の影響が無さそうに思えるが。

いずれにしても、あれをミスと言っては酷ではないか。


【長谷部がイエローを貰ったプレー】
長谷部イエローをもらったことを責める気はサラサラない。
長友が攻め上がった裏を突かれ、
遠藤は前線でチェックに行ってあっさりかわされてたのだ。
逆サイドにいた長谷部が全速力でフォローに行ったのだ。
むしろ、褒めるべきだ。

私が気になったのは長谷部のファウルの仕方だ。
腕を引っ張るでも、ユニフォームをつかむでも、
体当たりで吹っ飛ばすでもなく、
後から肩越しに胸を軽く突くように押さえた。
私にはとても不自然に見えた。

そのファウルを受けたメネズはバランスを崩して倒れた。
それほど強く押さえられたわけでもないのに。
私はそれを見て、
長谷部はメネズのバランスを崩そうとして あの動きをしたのか
と推測した。
ファウルをするしかない、と判断した時、
長谷部は数ある選択肢の中で最もラフではなく、
万に一つの可能性かもしれないが、
カードをもらわないかもしれないプレーを選択したのではないか、
と思ったのだ。
まあ、私でもイエローだと判断したのだから、カードを覚悟していたのは間違いないが。

あのファウルの仕方はどこかで教えられたものなのだろうか?
そう思ったのは
ラグビーでトップスプードにある相手を転ばすテクニック
があるのを思い出したからだ。
相手がトップスピードに乗って
タックルに行けないが、ギリギリ手が届く時、
相手のかかとを手で払ってバランスを崩すのだ。
かかとを払われた相手はバランスを崩し数歩先で転ぶ。
他の味方が間に合うかもしれない時間ができるのだ。

サッカーでもそういうバランスを崩すテクニックが教えられているのではないか、
と素人観戦者は思ったのである。


ところで、ファウルの原因となったのは
長友がクロスを上げ損なってコーナーになりそうだったが、
コシールニーが上手くフォローしたのでメネズに右サイドを破られたことだ。

コーナーキックを得るか、味方のシュートに繋がっていれば、
あの場面は生まれなかった。
改めて攻撃はシュートで終わるべし、と心に刻んだ。


                          以上、追記なし。

続きを読む↓
 
 「日本代表」の関連記事




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。