/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 お探しの記事は現在、このタグ を設定していない可能性があります。

---このページの記事目次---


-----




TOP > 青山敏弘


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Tag:





-Entry Top-

J1 第31節 (2012.11.07)

主にJリーグタイムを見ての雑感です。 



【取りこぼさなかった広島】
2ゴールに絡んだ佐藤寿人はもちろんさすがなのだが、
それよりも1点目のPKを奪ったプレーで
倒されながら最後までシュートを狙って左足を振っていること
恐ろしささえ覚えた。

こういう姿勢を持ち続けていることが
コンスタントな結果につながっているのだろう。

○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○

2点目は私のイチオシ!青山敏弘
ピッチを切り裂く美しい縦パスから、
佐藤寿人が頭脳的なダイアゴナルランでディフェンスを振り切りダイレクトシュート。


ナビスコ決勝で活躍した柴崎もいいけど、
青山も試してほしいよなぁ。

○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○

結局、3-0で勝利。
ベガルタが引き分けたため、勝ち点2差がついた。
得失点差も6になり、かなり有利な立場になった。

主力に大きな怪我人もなく、
優勝への視界は大きく開けた。

 
【4点は取ったが】
川崎フロンターレは浦和レッズから4点を奪った。
しかし、3点はレナトの個人技と幸運によるもの。
風間サッカーが機能しての大量得点ではない。

難しいことにチャレンジしているのはわかるが、
今シーズン中に機能することはないのだろうか。

筑波大を率いていた時には春先に弱かったチームが
秋を迎える頃にはまるっきり別のチームに変貌していたという。

監督就任から半年が過ぎた。
形のなるにはまだ時間が足りないのだろうか。

他チームサポーターではあるが、
その理論が具現化した時に
どんな魅力的なサッカーが展開されるのか、
楽しみでならないのだ。
待つしかないか。


【抜け出せないガンバ】
ガンバ大阪は今節勝っていればヴィッセルを抜いて
いつ以来だか知らないが、待望の降格圏脱出だったのだが、
常に先行を許す展開で引き分けに持ち込むのが精一杯だった。
こういうゲーム展開が多いから降格圏にいるのだろうな。

しかし、ゲーム展開は別として、
得点シーンは2点とも素晴らしかった。

1点目はハーフライン付近から
武井の柔らかいロングパスをレアンドロがワンタッチで流し込んだ。
切り裂くというよりも、
切られたことに気づかないような柔らかなパスだった。
武井択也、お見事。

2点目はレアンドロの超絶個人技
今野泰幸が出したパスを増嶋がカットし損ない、
ボールを拾ったレアンドロが舞った。

あそこですぐにシュートを打たずに
フェイントでディフェンスをかわす落ち着きは
悔しいけれど日本人FWではまずお目にかかれない。

そして倒れ込みながらキーパーの届かないところに撃てる、
そのシュート感覚。

こういう日本人FWが育つ日が来るんだろうか。
生きてるうちに見てみたいものだ。



以上。追記なし。

【仙台vsC大阪】【清水vs新潟】は別記事にて単独で取り上げる。
スポンサーサイト
 
 「Jリーグ」の関連記事





-Entry Top-

思いついた順に書いて行ったらボランチが最後になってしまった。

現在、それほどインパクトのある活躍をしているボランチは見当たらないが

試してみたい選手はいるので書いてみる。

 

■ボランチ

□青山敏弘

現在首位を走る広島の原動力となっているボランチ。

広島の攻撃のスイッチを入れているのはこの男。

広島のゴールシーンのリプレーは青山から始まることが多い。

自陣側センターサークル付近からシュートを決めるほどの

視野の広さと正確なキック力も持つ。

前線の寿人へのスルーパスが敵陣を真っ二つに切り裂く様は

遠藤を彷彿とさせ、

遠藤のバックアップとして試す価値はある。

年齢的には細貝と同世代にあたり、
サイズもあまり変わりない。

このまま長谷部、細貝が所属クラブにおいて

ボランチ起用されないままであるならば

遠藤とのコンビ起用も視野にいれるべし。


□柴崎岳

私が触れるまでもなくポスト遠藤の一番手とも言える選手。

五輪代表ではチームに組み込まれるタイミングを逃し、

Jリーグでは上々のパフォーマンスを見せながら

惜しくも代表を逃した。

スピードがあるわけではないが相手を嘲笑うかのようにかわしていくドリブル。

圧倒的な広い視野を感じさせるロングパスと、正確なキック力。

そして他のボランチとは一線を画すゴール付近での落ち着き。

さらには無回転ミドルや想像力あふれるパスといった技術力もある。

守備力も小笠原を見本にして急速に高めつつある。

彼のプレーを見ると、鹿島サポーターが羨ましくなり、

宮市を英才教育するなら、柴崎にもしてくれと言いたくなる。

同世代には扇原というサイズの大きなライバルがいるが

柴崎こそ将来の代表の柱になれる選手だと思う。

落ち着きのあるプレーぶりは一種独特の雰囲気があり、

メンタルの強さを感じる。

そしてチームの窮地を救ってくれるような期待を持ってしまうのだ。

性格としては

自分の意見をはっきりと主張するらしく、

万人ウケするタイプではないが、本田圭佑にはかわいがられるタイプだと思われる。

早めに代表に呼んでチームに馴染むか試してみてもいいと思う。


□米本拓司

彼は現在進行形で輝いている選手ではない。

試合には出ているが、繰り返した大怪我からの復帰途上にあるといっていい。

しかし、彼が輝いた2009年シーズンの印象が鮮烈に私の記憶に残っている。


いとも簡単にボールを奪い取る、その姿からはワールドユースに出た頃の今野が思い出され、

新たな中盤の守備職人の出現に心が躍ったものだ。

そして彼は守備だけでなく攻撃力も高め続け、

ナビスコカップ決勝では決勝のミドルシュートを決め、

MVPとニューヒーロー賞のダブル受賞を果たした。

将来の代表のボランチの一角は彼が占めるはずだと、

あの時、多くの人が思ったはずだ。

その後、大怪我を繰り返し、その成長曲線は順調ではなかったが、

ようやく今シーズン、上方に向かい始めた。

まだまだ彼本来の力を発揮できているとは言えないが、

彼がかつての自分を超え、味スタで躍動する時が来たなら、

それは、彼が代表のユニフォームに袖を通す時が来たことを意味する。




        以上、追記なし。

 
 「日本代表」の関連記事




 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。