/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

TOP > スポンサー広告 > 週刊ドラマ短評 2012年秋 第3週TOP > ドラマ雑感 > 週刊ドラマ短評 2012年秋 第3週


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tag:





-Entry Top-

ぼちぼちリタイアが増えてきて見るドラマが絞れそうな気配。
気になるドラマは「ゴーイング マイ ホーム」と「悪夢ちゃん」。
どちらもどこへ向かっていくのかわからない。

他は見逃してもそれほど悔しくないものばかり。
見たいドラマが2,3本というのは、まあちょうどいいですね。



【東京全力少女】
今週は語るべきものが何もない。
正直飽きちゃいました。

そしてフォーク感満載の中島みゆきの曲が何ともドラマに合ってない。
誰が選んだんだ、いったい?

レビューリタイアはほぼ確定。
視聴はもう少し続けてみます。



【レジデント】
何というか、普通のドラマだね。
医療ドラマの"あるある"をまとめたような。
最後の小澤征悦も凄腕外科医の目に異変が起きるってパターンでしょ。
レビュー、視聴ともにリタイアかなぁ。

一番印象に残ったのが、
妊婦の彼氏の紫の怪獣サンダルだもんなぁ。
これ流行ってるの?
先日たまたま見た「キャサリン三世」でも一般男性が履いていて、
香里奈や観月ありさが食いついていた。
もうサンダルって時期でもないけどなぁ。



【結婚しない】
モノマネの福田彩乃の役、
これからブレイクしそうな若手女優にしてほしかった。
若手女優枠は花屋だけでなく、旅行代理店にも設けてほしかった。

と書きながら今わかった。
私は吉高由里子を期待してしまっているのだ。
声質が吉高由里子なのに、顔が福田彩乃だから、
どうにも違和感が拭えないのだ。

ただ、あの程度の役では吉高由里子は無理だから、
まだブレイクしていない若手女優を、と私の潜在意識がささやいたのだ。
いや、女優でなくとも良い。
せめて、おかもとまりだったら、今ほど不満は感じないと思う。


肝心のストーリーはあまり覚えていない。
ただ、あんまり話が展開しなかったことは確か。
こんなにゆっくりで大丈夫か。
普通、ドラマは3話までで視聴者を惹きこまなければならないらしいが、
このドラマ、つかみの要素が全然ないぞ。

主演陣はそれぞれ実績と実力のある方々だが、
今が旬というわけでもない。

菅野美穂はかわいいが、
毎週違う男とちょっといい感じになってはやっぱ違う、というパターンでは
飽きてしまう。

のんびりしてたらみんなリタイアしちゃうぞ。


何だか玉木宏との距離は縮まったから、
来週辺りからこの線が伸びるのか。
それで3,4話進めるけど、
玉木宏が職場が一緒の天海祐希の年上の魅力に惹かれて、
一旦は菅野美穂と別れて、天海祐希と結婚する勢いになるが、
天海祐希が「私、やっぱり一人で生きるわ」なんて強がって、
玉木宏を菅野美穂の元へと向かわせる、なんて流れにはしないで下さい。

ちょっと流れを予想してしまったもんだから、
今後の流れが気になってしまった。
とりあえず来週も見てみます。


【猿飛三世】
ストーリー的には書きたいことはないのですが、
少しだけツッコみたかったので。

忍法の極意の一つ「風」をなぜか城の屋根の上で習得した佐助が
風呂敷みたいな布を両手でつかんで空を飛んじゃったのです。
せめてハットリくんみたいに足でも布を固定してほしかった。
あれでは、どうひいき目に考えても自由落下ですよ。
あんなにきれいに布をなびかせて滑空なんて、
元々ありえないのに、ありえない2ですよ。


もう一つ。
序盤にアクションシーンが入って、
「これは後半にもアクションシーンが入って嬉しいなぁ」
と思ったら、後半は所司代に忍び込んで空飛んで終わりでガッカリ。
お願いだから後半にもアクションシーンを入れてください。



【悪夢ちゃん】 
今回は透明人間が誰か、どうやって悪夢ちゃんの予知夢の内容を知ったのか、
など、謎が多くてミステリー風味でしたね。
 
そして、ラストで北川景子が「私はサイコパスです!」と叫んだあたりから、
何だか緊迫した雰囲気になっていって、終いには「女王の教室」を見ている気分にまで
なってしまいましたよ。

もっとくだけたコメディかと思っていたのですが、
何だか不思議なドラマになりそうで、目が離せなくなってしまいました。

ところで、あのハンドクリーム、452円って高くないですか?
漫画に注目を集めるためとはいえ、自分では使わないハンドクリームに
お小遣いの中から452円ってかなり大きいと思うんですよね。
あの男の子にとってはそれだけの価値があったということでしょうか。



【TOKYOエアポート】 
リタイア決定。



【MONSTERS】 
一回目はうるさくて苦手な感じでしたが、
録画していたので、もう一回見てみたら、
免疫があったためか、それほど抵抗なく見ることができました。
なので、もう一回見て見ることにしました。

第2話はもう慣れてしまったのか、それほど平塚のアクを感じなかった。
それはそれで特徴のないドラマになってしまうのでガッカリ。

フーダニットに見せかけたハウダニットと思いきや、
やっぱりフーダニット、でも見え見え過ぎてハウダニットにしか思えなかった第2話。

フーダニットとしてはあからさまなミスリードとヒントを連発するあまりに
簡単に犯人が絞れてしまい、
ハウダニットとしては犯人の計画がゆるゆるで偶然に頼りすぎ&トリックが強引過ぎ。

「古畑任三郎」にしたいのか「TRICK」にしたいのかどっちつかずというか、
どっちにしても劣化版過ぎる。

これもリタイアかなぁ。



【そこをなんとか】
前回は「MONSTERS」が2時間で重なっていたので、初回は土曜日の再放送を録画視聴。

番宣の雰囲気からマンガっぽい雰囲気が感じられたので、
あまり期待せず、なんとなく録画したのですが、
十分楽しめました。
安心と品質の「BSプレミアムドラマ」といったところ。

雰囲気は「カバチタレ」弁護士版といったところ。
他の法律モノに比べて特筆すべき特徴があるわけでもありませんが、
主人公の改世楽子(本仮屋ユイカ)をはじめ、
法律事務所の東海林弘明(市川猿之助)や久保田亜紀(MEGUMI)も
なかなかいいキャラしてましたし、
楽子の自宅のシェアハウスもワヤクチャしてて楽しそうだし、
民放の2作よりは楽しめそうなので、日曜はこれだけにするかなぁ。

ところで、主人公の名前、どうにかなりませんでしたかねぇ。


連ドラに気を取られていますが、
今週金曜、11月2日午後9:00から「最後から二番目の恋」のスペシャルがありますよ。
ここ最近では間違いなく一番ハマったドラマ、楽しみです。
お見逃しなく。

            以上、追記なし。

続きを読む↓
 「ドラマ雑感」の関連記事



こんばんは

 こんばんは。ブログラムのメッセージだと字数制限があって、書いた文章を削るというストレスが溜まる作業をしなければならないので、こちらに書かせて頂きます。

 今クールのドラマですが、私たちの視聴ドラマがすれ違い状態で、ドラマに対する視点も少し違いますが、面白いです。コアですね。
 フーダニット、ハウダニットって、最初、ニット(セーター)の種類?なんて、恥ずかしい事考えました(笑)

 記事とは話がずれますが、ダンカン入団以前のスパーズは強豪チームではありましたが、トップには立てませんでした。ロビンソンは良い選手なのですが、ロケッツのオラジュアンには歯が立ちませんでした。(オラジュアンが凄すぎました)
 オラジュアンはともかく、エースがロビンソンひとりではカンファレンスファイナルに進出するのがセイゼイでしたが、ダンカンの加入により、見違えたチームになりました。
 昨シーズンは、レギュラーシーズン終盤から絶好調でしたが、絶好調になるのが少し早すぎましたね。

 横山秀夫は実は読んだことないです。ドラマ化されたもの(『囚人のジレンマ』など)が凄く面白かったので、もっとドラマ化されないかなあと待っています。

 これからも、鋭いドラマレビュー、お待ちしています。

Re: こんばんは

こんばんは、英さん。コメントありがとうございます。
細々とでも続けていると、こういった交流が生まれるんですね。

>  こんばんは。ブログラムのメッセージだと字数制限があって、

確かにそうですね。私の場合、制限がないと切りが無くなって、
はじめは相手に引かれてしまうかもしれないのであれくらいでもいいかもしれませんが。



>  今クールのドラマですが、私たちの視聴ドラマがすれ違い状態で、ドラマに対する視点も少し違いますが、面白いです。コアですね。

そうですね、まあまあズレてますね。でも、見てないドラマのレビューもけっこう読みます。
途中参加するかどうかや、あとで再放送時に見るかどうかの参考意見として。
今期で言うと「悪夢ちゃん」は、みっきーさんのディレクターの目線ブログを読まなければ、
分殺されたままだったと思います。
みっきーさんのブログは概ね同意できる意見が多いです。
記事が短くて物足りない時もありますが、お忙しいのでしょう。

ブログを書かなくても他の方のレビューは楽しめますが、
自分で書くと、倍以上楽しみが増します。
自分の意見との違い、気づかなかった視点を知ることは
ただドラマを見るだけでなく二度おいしいです。


>  フーダニット、ハウダニットって、最初、ニット(セーター)の種類?なんて、恥ずかしい事考えました(笑)

"Who done it?"、"How done it?"
ミステリー小説用語なんですけど、カタカナで書くとピンと来ませんよね。
私が初めて見たのはきっと文庫の解説文だと思うのですが、
すかさずネット検索したはずです。
「MONSTERS」は思い切ってハウダニットにして、
平塚平八がクセの強い解決をした方がおもしろそうですが、
「古畑任三郎」や「TRICK」を超える独自性は出せなさそう。



>  記事とは話がずれますが、ダンカン入団以前のスパーズは......

今、思い出しました。
昨季最終戦。かなり強烈な負け方をしたような。

バスケは専門的なことはさっぱりわからないので、
野球やサッカーを見る時と違って、ほんとにただ応援するというスタンスなんですよね。
なんとなく好きなチームを、ただ頑張れ~って応援してます。
昔は共同石油よりはシャンソン。
最近(でもないか)は藪内のプレーに魅せられて以来、JALを応援していました、なんとなく。
廃部になってしまったんですよね...。
アルビレックスを応援することにしましょうか。
男子はなんだか興味が持てず、さっさと統一プロリーグ作ってくれ、といったところ。



>  横山秀夫は実は読んだことないです。ドラマ化されたもの(『囚人のジレンマ』など)が凄く面白かったので、もっとドラマ化されないかなあと待っています。

そうなんですか。私もBS-TBSの再放送でだいたい見ました。
上川隆也使いすぎです(笑)
短編が多いので2時間ドラマにしやすいんでしょうね。
あれらは軽い作りなので、WOWOW版を見たいなぁと思っているところです。

他には「顔」「臨場」が連ドラ化されてますね。
「顔」のオダギリジョーの役はオリジナルで、よくあんなキャラ思いついたな、と脚本家に脱帽です。

私は「第三の時効」のF県警シリーズを連ドラ化してほしいのですが、一般受けはしないかな。
また続編も書籍化するほどは作られていないのでほぼオリジナル脚本になるのは厳しいか。


もし読む場合は、何でもいいから短篇集からをオススメします。
「半落ち」や「震度0」といった長編は横山秀夫の持ち味が出ていないので。


>  これからも、鋭いドラマレビュー、お待ちしています。

ありがとうございます。息切れしない程度に頑張ります。
それから、もし記事と関係ない話題でコメントに載せたくない場合は、
上記のメールアドレスか、トラコミュのさらに下にメールフォームを作っておいたので
そちらでもかまいませんよ。
コメントの投稿

管理者だけに表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


MONSTERS 第2話「瞬間移動な犯人」

 まず、タイトルが内容と合致していない気がする。ネタばれの危険性があるが、私なら「根性だけはある犯人」と付けるかなあ。  通常の1時間枠になって、展開がすっきりしてスト


 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。