/**グーグル**/ Admin

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。

TOP > スポンサー広告 > 週刊Jリーグ雑感 2012S第31節  【J特】TOP > Jリーグ > 週刊Jリーグ雑感 2012S第31節  【J特】


-Entry Top-
Category:スポンサー広告 コメント(-) トラックバック(-) edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tag:





-Entry Top-

J1 第31節 (2012.11.07)

主にJリーグタイムを見ての雑感です。 



【取りこぼさなかった広島】
2ゴールに絡んだ佐藤寿人はもちろんさすがなのだが、
それよりも1点目のPKを奪ったプレーで
倒されながら最後までシュートを狙って左足を振っていること
恐ろしささえ覚えた。

こういう姿勢を持ち続けていることが
コンスタントな結果につながっているのだろう。

○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○

2点目は私のイチオシ!青山敏弘
ピッチを切り裂く美しい縦パスから、
佐藤寿人が頭脳的なダイアゴナルランでディフェンスを振り切りダイレクトシュート。


ナビスコ決勝で活躍した柴崎もいいけど、
青山も試してほしいよなぁ。

○ーーーーー○ーーーーー○ーーーーー○

結局、3-0で勝利。
ベガルタが引き分けたため、勝ち点2差がついた。
得失点差も6になり、かなり有利な立場になった。

主力に大きな怪我人もなく、
優勝への視界は大きく開けた。

 
【4点は取ったが】
川崎フロンターレは浦和レッズから4点を奪った。
しかし、3点はレナトの個人技と幸運によるもの。
風間サッカーが機能しての大量得点ではない。

難しいことにチャレンジしているのはわかるが、
今シーズン中に機能することはないのだろうか。

筑波大を率いていた時には春先に弱かったチームが
秋を迎える頃にはまるっきり別のチームに変貌していたという。

監督就任から半年が過ぎた。
形のなるにはまだ時間が足りないのだろうか。

他チームサポーターではあるが、
その理論が具現化した時に
どんな魅力的なサッカーが展開されるのか、
楽しみでならないのだ。
待つしかないか。


【抜け出せないガンバ】
ガンバ大阪は今節勝っていればヴィッセルを抜いて
いつ以来だか知らないが、待望の降格圏脱出だったのだが、
常に先行を許す展開で引き分けに持ち込むのが精一杯だった。
こういうゲーム展開が多いから降格圏にいるのだろうな。

しかし、ゲーム展開は別として、
得点シーンは2点とも素晴らしかった。

1点目はハーフライン付近から
武井の柔らかいロングパスをレアンドロがワンタッチで流し込んだ。
切り裂くというよりも、
切られたことに気づかないような柔らかなパスだった。
武井択也、お見事。

2点目はレアンドロの超絶個人技
今野泰幸が出したパスを増嶋がカットし損ない、
ボールを拾ったレアンドロが舞った。

あそこですぐにシュートを打たずに
フェイントでディフェンスをかわす落ち着きは
悔しいけれど日本人FWではまずお目にかかれない。

そして倒れ込みながらキーパーの届かないところに撃てる、
そのシュート感覚。

こういう日本人FWが育つ日が来るんだろうか。
生きてるうちに見てみたいものだ。



以上。追記なし。

【仙台vsC大阪】【清水vs新潟】は別記事にて単独で取り上げる。
スポンサーサイト
 「Jリーグ」の関連記事



コメントの投稿

管理者だけに表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



 | HOME | 


-Side Menu1 Top-
-Side Menu2 Top-
△ページトップへ戻る


アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ track feed ジオのレビューいろイロ QLOOKアクセス解析
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。